狙い馬

2020.7.26(日)新潟の狙い馬

スポンサーリンク

  • 4連休なんつっても私はそのうち2日も出勤。ようやく明日は休みだ。

と思ったらマンションの理事会だよ。

いつもは欠席に○をつけるんだけど、次期役員に選任されるから明日の総会に出ないと、勝手に理事長に担がれていてもたまらんからね。

 

新潟2

穴⑪シラカワカツコ

400キロにも満たないような馬に前走の不良馬場は酷だったが、それでも5着。不良馬場で走ることの多い馬だが、過去3戦の不良で二桁着順だったのが大きく躍進。最近の安定した走り通り、この馬なりに力をつけているのだろう。左周りの軽い馬場のマイル戦という条件はベストだと思うし、多少馬場が渋っても前走程ではないだろう。終い一辺倒ではなく、逃げたり中団からの競馬もしているので、明日も乗りなれた江田騎手のアシストに期待。

穴⑮マカロンカフェ

前走はダートなので度外視。中間も稽古がひと息で状態面は半信半疑だが、デビュー2戦はそれなりに走っているし、まともなら前走のようなことはなさそう。

 

新潟3

⑦マタギ

前走は少なくとも3着を外すことはないと見ていたが、勝負どころの手応えがひと息で、直線も狭くなるようなシーンもあって4着。前走で先着を許したヤングブラッドとの再戦になるが、想定段階では土曜日を予定していたのに相手を見てあえてこちらに回ってきたので、少なくともヤングブラッドは逆転できるとの見立てがあるのだろう。本来この馬は藤懸騎手のお手馬だったが、勝ち切れず和田騎手に乗り替わった経緯があった。しかし、前走だけを見ると藤懸騎手のままの方が良かったのでは?との意見も上がっていたので、ここは連続騎乗となる和田騎手の意地にも期待。

⑫ライジングペガサス

休み明けとなるが、今時期の未勝利なら力のある馬の復帰戦の方が心身もフレッシュだし有利に働く面もある。調整自体も順調で、時計に派手さはないものの、きっちり仕上がったという印象。未勝利時代で先着した馬には、既に3勝を挙げたビアイがいるし、能力的にもいきなりからやれる。

③トレッファー

臨戦過程の悪かった前走でも崩れなかったように未勝利では明らかに上位。出走した兄弟5頭中4頭が勝ち上がっているようにクズの出ない牝系の出で、ここも大崩れは想像しにくい。

 

新潟4

⑪ヴィクトリーレーン

スタートが悪く内回りに一抹の不安はあるが、持久力勝負に強いステイフーリッシュの下からも分かる通り、本来は新潟内回りで持続的な脚を生かせる舞台は合っている。人気を裏切った前走はスタート後に違和感を生じたようで無理しなかったもの。馬券を勝っている人たちからすれば返金を訴えたくなるレベルの敗戦だが、だからこそ次はしっかり仕上げてくるのが調教師のサガではないか。稽古もまずまず目立っているし、スタートさえ決められれば。

穴⑤ヒシマーシャル

経験馬相手の初戦5着の内容は悪くなかったし、前走は不良馬場の影響だろう。父産駒の当舞台の複勝率は47%台とディープインパクトをも完全に凌駕する相性の良さ。ラズルダズルの方が手堅いが、勝ち味に遅く人気ほどの信頼は置けないしあえて穴のこちらをピック。

⑫コトブキテティス

勝ち切れないのはめぐり合わせだけで、ひとつ勝てば上のクラスでも通用の器。やや不器用な面があり、前にいけば意外と末が甘いことがあったので、その点を加味して3番手としたが、戸崎騎手ならうまくクリアしてくれそうか。

 

新潟7

穴③ジンフラッシュ

臨戦過程からの推奨

 

新潟8

穴⑪ステラドーロ

デビュー戦でデギルデッドミラーとタイム差なしの2着があったように、勝つのが遅すぎた感じの前走だが、この手の馬はひとつ勝てば軌道に乗ることも。2000mで馬が変わったように、今までは距離が短かった可能性もあるし、新潟実績もあるのでこの舞台も悪くないのでは。ずっと勝てなかった柴田騎手への手替わりは不安でもあるし、実質戸崎騎手にそでにされた格好だが、妙味もあるので狙ってみたい。

穴⑱ラヴィンフォール

この枠は残念だが、臨戦過程、血統面からは面白く、いかにロスなく乗れるかだが、新人騎乗だし、過渡の期待は厳しいか…

⑩アトリビュート

弱い面があって大事に使われているが、だからこそ一戦必勝の構え。素質的にはここも通過点にできる器だと思う。

⑧ハートウォーミング

いわば勝ち得戦。しかも勝った時と同舞台なら再び勝ち負けも。

 

新潟10

⑪モダスオペランディ

近2走は5着と足踏みしているが、2走前の3、4着馬は現級を勝利、2着馬も現級2着4回の上位常連と相手が強かった。前走はハイペースで追い込み馬が勝ったが、先行馬も残るような特殊な流れに対応できなかったような面がある。実際、右回りだと勝負どころでの反応が鈍るそうなので、左周りに変わるのはプラスでは。1勝クラスの勝ちっぷりも見事だったし、このクラスは勝てる馬。

⑭ツブラナヒトミ

④オノリス

危険人気馬②ヴィアメント

前走は自分の型に嵌めきっての勝利。今回同じ戦法が取れるかどうか微妙だし、ダート向きの可能性はあれど、この人気なら一度様子見したい感じ(消すのではなくヒモの一頭に)。

 

新潟12

穴⑫ブライティアランド

ダートに転向してからは崩れていないし、芝1200mでも3着があるように今回のスピード勝負はお手の物では。

穴⑭アールジオール

ブルミラコロヤハクサンルドルフといった活躍馬の下。本馬も2戦目に楽勝した時にはもう少しやれると思ったが足踏み。それでも距離を詰めて通用あと一歩まできているし、近走は掛かるくらいのスピードを見せていたので、この舞台も合いそうな予感。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

新潟も決め手のある馬がいない。いれば、今日勝った分をどれかの馬にオール突っ込みも考えたけど、勇気ないなぁ。

ってことで、そんな中でもこの辺りかなぁ。

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。