2020.7.4(土)阪神の狙い馬

2020.7.4(土)阪神の狙い馬

一週間お疲れ様でした(土日お仕事の方はご苦労様です)。

私もここ最近、特に今週は忙しくて気苦労も多くて、緊張の糸が切れた今は眠くて少々朦朧としながらこれを記している。予想は早起きして早朝からやったり隙を見つつ進めていたけど、なんだか人気どころ軸が多い感じ。

明日の不順な天候で人気馬がしっかり走ってくれるか分からんけども、予想する段階ではそこまで人気は考えていないので(妙味は考慮するけど)、挙げた馬が結果として人気になってしまったという感じ。

今週もどうぞご参考までによろしくどうぞ。

阪神1

⑤スーパーホープ

[前走時も推奨していたが、出遅れて終始外目を追走。負けても内容のある4着。本馬に先着した3頭のうち2頭も推奨していたように、それらに負けたのなら仕方ないと思えるし、唯一挙げなかった2着のカランドゥーラは藤澤厩舎で時計が目立たないクチ(それでも厩舎期待の一頭だし、ルメールならソツのない騎乗で上位にくると想像するのはたやすい)。人気順こそ狂ったが、4番人気馬までが力通りに上位進出を果たしたレースでの4着なら悲観することはない。ただし、遠征明けの中1週で追い切り時計が不能というのは気になる。死角があるとすればそこだが、遅かれ早かれすぐに勝ち上がれる]

 

阪神2

⑬スエーニョブランコ

[逃げた前走は伏兵の早めの仕掛けに苦しくなって4着に失速。それでも父産駒らしいスピードに見どころはあったし、母系もヘネシー、ジャイアンツコーズウェイといかにも短距離ダートが向きそうな配合。乗り替わりもプラス]

⑮トレッファー

[前走時も狙ったが、こちらが想定していたレースとは異なる逃げの手を選択。ペースも甘くなく、上位もそれなりに強い面々だったので、及第点以上の4着といったところ。前走でこの距離のハイペースも経験したし、今回はもう少し競馬がしやすくなるはず。この条件では3着、4着と相性は悪くない]

穴⑭センショウレサイヤ

[初ダの前走は7着とはいえ、上位3頭が差し追い込み馬という展開不利あり。ダートの走り自体は悪くなかったし、最終追いの坂路がひどかった前走より上積みも見込める。母は短距離ダートで3勝を挙げているように距離短縮が奏功しても]

 

阪神3

穴⑯サーコ

[前走は稽古の動きからいきなり動けると評していたが、休み明けでの1400mで距離も忙しかった印象。今週の稽古も相変わらず上々だし、デビュー戦の3、5着馬が2戦目で楽勝しているように本馬もまともなら。距離延長で自分のペースで追走できるようなら一変があっても]

 

阪神7

⑩カレンシュトラウス

[経験馬相手のデビュー戦でいきなり3着。当時1着スマートクラージュは古馬相手に2勝目を挙げ、2、4、5着馬もすでに勝ち上がっている(うち2頭が昇級戦でも馬券内、もう1頭は出走していない)。本馬が次走で楽勝したのも妥当なところで、他の馬たち同様に当然昇級でも上位争いできる。近2走が今回と同じ舞台というのもいいし、母が道悪のオークスで3着、父も道悪は得意なので、馬場が悪化しても対応できそう]

⑪ラルナブリラーレ

[2走前に重賞3着フアナの僅差2着。それ以前にもピーエムピンコやミスニューヨークといった現2勝馬と差のない競馬をしている。前走が道悪で勝利していて今の馬場にも対応できるし、戦歴からも相手なりに動けそうなタイプ。川田騎手継続なら尚良かったが、乗り替わりでも大崩れはないだろう(なぜ乗り替わったんだろう?)]

③ロードマドリード

⑥アサケエース

穴⑤フェスタマドンナ

 

阪神8

⑫コパノフィーリング

[芝の前走は大敗したが、最下位まで負けるとなると能力負けではないだろう。2走前は今回の舞台で強い競馬を見せていたし、当時0.5秒つけた2着馬も次走であっさり勝ち上がった。ヘニーヒューズ産駒は当舞台の複勝率35%以上と相性も良く一変可能]

⑧オーシャンズ

 

阪神9

穴③ムーンショット

[不器用なタイプでまだ展開次第の面があるので、デビュー戦の小回りとOP挑戦で前残りだった前走は度外視すると2、3走前の内容はなかなかのもの。2走前の重馬場をひと捲りで勝っているのも今の馬場に合いそうだし、少頭数なのもいいだろう。一週前の稽古で福永騎手を背にウッドで自己最速時計をマークしたように休養明けでもパワーアップした感もある。ポタジェは強いが目標に早めに動けるようなら]

 

阪神11

③マッスルビーチ

[距離は未知数だが、展開次第では差し追い込みも決まる条件。ハイペースで流れて差し馬決着となった天満橋S組が大挙出走とあれば再びハイペースで差し馬が恩恵に預かれるやも。そうなった時にダートで35秒台前半の決め手を誇る本馬の末脚は魅力。距離を詰めて更にその鋭さに磨きがかかるやも]

穴⑮フィールドセンス

[去年のこのレース3着馬。ハイペースとなり追い込み馬のワンツーとなったが、5番手からよく踏ん張った。以後、1400mの距離では休み明けで+18キロだった4走前を除いて2戦2連対。前走の1200mは忙しい感じだったので、再び得意距離に戻れば先行策からしぶとさを生かせても]

危険人気馬②タガノプレトリア

 

阪神12

②メイショウカズサ

⑧ハギノアレグリアス

危険人気馬⑫タガノウィリアム

 

 


最強競馬ブログランキングへ

週中に挙げた勝負馬以外ならこの馬が面白い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。