狙い馬 競馬

2022.7.24(日)の狙い馬(ブログ版)

スポンサーリンク

福島3

⑪マイネルビジョン

⑥シルバースペード

 

福島4

⑤クリスタルウエイ

稽古は軽いがいつものこと。ララエフォールやリュウノブレイクらと差のない勝負を演じた力はここでは上。カギは1150mへの対応面だが、血統的には大丈夫だし、初ブリンカーで行きっぷりが良くなることに期待。

 

福島5

④シルバーティムール

5本連続DWで終い11秒台を計時。乗り込み豊富でいきなりから動けそう。

⑩コマチザクラ

DWで同日のメーンに出走するOP馬に先着(全体時計は遅めだが)。兄ジェネティクスを初め兄弟は軒並みダート短距離で活躍していることから本馬も適性はそちらかもしれないが一応注目。ここでダメでも条件替わりの際に思い出したい。

 

福島6

⑨ミコマザーパール

シェルズレイの牝系で仕上がり早。それにミッキーアイルだから尚更。舞台もピッタリの印象。

 

福島9

⑦ライヴサファイア

このレースのタヤスゴールドはいずれOPに行くであろう好素材。本馬も新馬戦で完敗している。ただ、気性が難しくて出遅れも多い。大外枠に入ったのはマシではあったが、1勝クラスのように出遅れて強引な競馬で勝てるほど甘くはないかなという気も。ならばタヤスには敗れたものの、まだ底は見せておらず、競馬センスの良さではタヤスを凌ぐ本馬に本命を。

穴⑤ヒヤ

前有利の舞台とはいえ逃げ先行多数。タヤスゴールドが引っ掻き回す展開も想定され、終いの脚のある本馬の突っ込みも。

穴③サトノムスタング

大穴⑭エバーサニーハート

 

福島11

⑮ケンシンコウ

アテにならない馬で人気で積極的に買いたいタイプではないが、前走の1番人気4着は、2走前にマーチSで12番人気2着と激走した後の一戦だけに反動だろう。これを人気で買うということ自体が得策ではない。ただ、それでも4角12番手の不本意な形でも4着まで追い上げており、以前よりはメンタルが強くなっている模様(それ以前の好走はほぼ4角5番手以内なので)。当舞台は2度走って①④着。4着は前走で1着は昨年の当レース。この時は本格化前とはいえ後の帝王賞馬メイショウハリオを5馬身千切っているのだから強く、この舞台との相性は相当に良い。この馬の全ての勝利を献上した丸山騎手が乗らない理由が定かではないが(札幌滞在しているとはいえ日曜日には目ぼしい馬に乗ってはいないだけに)、田辺騎手が稽古で付きっ切りに跨っていることから前向きな乗り替わりと捉えたい(小西厩舎と田辺騎手の絆は強く、田辺騎手は本馬にも稽古では跨ったことがあったので待望の実戦での騎乗といったところ)。

①ダイメイコリーダ

1年以上の休養を経て少しずつではあるが復調の兆し。結果は出ずとも先行できているのはまだ馬に闘争心が残っている証だし、前走に関しては勝ち馬ハヤブサナンデクンが強すぎてその煽りも受けた形。坂路で51秒台を計時しているように体調面に不安もなさそう。単騎で行けそうなメンバー構成、展開利があれば。

⑥ダノンファスト

当舞台のリステッド勝ちがあり、福島は2戦2勝。前走は条件が合わず臨戦面での上積みも大きい。

⑦ニュートンテソーロ

当舞台の2走前は先行策から失速したが、勝ち馬から0.6差、ケンシンコウとは0.2差。前走は4角16番手で競馬になっておらず参考外。2走前のようにスムーズに先行できれば流れに恵まれる可能性あり。

③デュアライズ

追い込み馬だが中山で好績があるように東京のようなコースよりもO型コースの方が合うのかも。ダートではまだ底も見えていない。

 

札幌1

⑧オースピス

前走時も稽古の良さから推して2着と頑張ってくれたが、マイペースで逃げた割に最後はねじ伏せられてしまった。ただ、東京の上がり勝負は合わないタイプ。父母系ともに洋芝が合いそうな種牡馬が連なっているし、気がいいので距離短縮も問題なさそう。

 

札幌2

③ラブミーディザイア

逃げた前走は後続のプレッシャーがきつく息切れも致し方ない状況。マイペースなら2着2回、3着1回の実績がモノを言っても。

 

札幌3

⑫メルシー

近走でラニカイあたりとそこまで差のない競馬をしてきたようにここでは能力が上。毎回終いが甘くなっているので、距離短縮でそれを補う意味でもこの舞台は合いそう。

 

札幌4

⑦アスカストロング

短距離ダート王レッドルゼルを兄に持つストロングリターン産駒。1400mでも3着があるのに近2走はなぜか2000m。父母系ともにスピード優位の配合だけに距離短縮は歓迎。

⑥サクラオーラ

勝利寸前のところまでいきながら2走前に出遅れて凡走してからリズムを崩している。それでも力上位だし、母父サウスヴィグラスのシルバーステート産駒ならダートの方が合いそうなイメージ。初ダになるのでそこまで人気しないようなら狙っても。

 

札幌6

③タフトテソーロ

前走は今回人気のマイネルイージスと0.2差。上がりは勝ったアメジストブラックと並んで1位だから立派。この日は差しの利かないバイアスで11番人気の逃げ馬が3着に粘ったこともこの馬の評価を高める。不器用な馬でフルゲートだと直線で捌くだけでも苦心するが、函館から札幌変わりは歓迎だろう。洋芝自体は合うので乗ってる鞍上の手腕で内をロスなく捌ければ。

 

札幌10

⑤カルネアサーダ

この舞台の新馬戦で2着があるし、ドレフォン産駒は当舞台で0-2-2-1とそのパワーを洋芝で如何なく発揮している。1000mを使った後で行きっぷりも良くなっているだろうし、臨戦面からも推せる。

⑦セリノーフォス

前走は太かったし、道中もスムーズさを欠いて参考外。前走で大きく離されたメイショウエニシアとの対峙となるが、向こうは逃げて全力を出し切り、本馬は全く力を発揮できていない。この頭数でお互いに力を発揮できれば着差は詰まっていい(逆転まであっていい)。

穴②ヤマニンプティパ

4走前にショウリュウレーヴの3着があり、当時だけ走れればこのメンバーなら通用。

 

札幌11

⑥タイセイシェダル

ステイブルアスクは牝馬の交流重賞くらいなら通用する力の持ち主だが、いかんせん不器用すぎて1番人気で買うのはこわい、サトノロイヤルは前走の臨戦過程が良くての好走、一転今回は臨戦面で推せる要素は少ない。地方から含めると7連勝と勢いに乗るブラッティーキッドも前走は辛勝できれいな馬柱が過剰な人気の元になるなら積極的に買うほどの馬か(鞍上的にも)。

ということで消去法的に浮上した感じもある本馬だが、こちらは決して良いとは言えない臨戦の前走を完勝してきたし、2走前には先着を許したレッドエランドールをねじ伏せた内容もなかなかのものだった。1700mに限れば①③②②③①着と崩れていない点も頼もしい。

穴リキサントライ

昇級初戦の前走こそ崩れたが、スローの外枠は回らされたし3着と0.2差なら及第点。2走前にはラヴィータエベラ(ブラッティーキッドが前走で負かした馬)を負かしているし、本馬もまたここで通用の力はある。

 

札幌12

⑧レイヴンズコー

前走で2番手から抜け出す横綱競馬で、ルージュエクレール(土曜に圧勝)、カヨウネンカ(未勝利完勝)を封じており能力は現級でも力は通用。間隔を空けて使われているように体質面の弱さは残るが、その分一戦必勝の構え。

⑩ヒルノショパン

前走は重賞のアーリントンCで10着に敗れたが、タイトな流れを3番手で追走できただけでも立派だし、次走でNHKマイルCを勝ったダノンスコーピオンから1秒も負けてはいない。その前の芝マイルの自己条件も②⑥着だが着差は0.2秒内。もともと1勝クラスなら力は上だし、重賞の経験値がここで生きていい。古川騎手が当コースで過去3年0-0-1-26なのは何とも言えない…(だから対抗に下げたが)

穴⑥フラリオナ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログからはまずこの馬

 

より買いたいレースはnoteに掲載しています。良かったらお願いします('ω')ノ

7月24日(日)メニュー
福島 8.10.12
小倉 1.3.4.6.7.8.9.10.12
札幌 7.9
手書きノート

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。