狙い馬 競馬

2022.7.23(土)の狙い馬(ブログ版)

スポンサーリンク

福島1

⑨クールムーア

デビュー戦前からウッドで終い11.1を計時するなど目立つ動きを見せていた。初戦はダートもあったが出遅れも大きく、芝に変わった前走は大きく前進。距離適性はまだ未知数ながら、母が1200mの勝ち馬で叔母クールシャローンも1200m以下で5勝を挙げたスピード馬だったことから適性はありそう。

 

福島2

④ゴールデンハインド

デビュー前から動いていたが、叩いて更に良い雰囲気。初戦は前にいって粘り切れなかったが、重厚な配合なので、叩いて良さも出そう。

 

福島4

⑦ベニッシモ

7戦中6戦で3着内、残り1戦も4着という安定株。今さら推すでもない馬だが、2走前は4角で外に膨れる不利、前走はスタートで潜るような形でも崩れていないように、ここも軸としては信頼できそう。1200mでも先行するスピードがあるので福島も対応できるとみる。

 

福島7

⑮マコトチガネマル

 

福島8

⑦ウォーカーテソーロ

穴③ノアファンタジー

穴⑤ニシノコニャック

 

福島9

③グランドライン

1番枠の葉牡丹賞でボーンディスウェイ(弥生賞3着)からクビ差3着。内枠はいいし、能力上位も歴然の上、稽古の動きも上々で。普通に入れば結果はついてくる。

穴⑤スウィートブルーム

思いのほか結果が出ていないが、3歳初頭の走りからこのクラスでは能力上位。道悪では崩れておらず、開催の進んだ馬場もいいのでは。結果の出ていない理由として気難しさもあるが、それだけに戸崎騎手への手替わりも歓迎。

穴⑦コスモアシュラ

 

小倉2

⑨アイスグリーン

稽古内容から前進必至。モーリス産駒で距離延長も良いし、本馬自身も腰の甘さから平坦替わりは歓迎だろう。

 

小倉3

⑫プロティオスミノル

稽古○。血統的にダートも歓迎。

①チベリウス

初戦から1番人気に推されたように稽古は動く馬。立て直されたこの条件で良さが出ないか。

 

小倉8

⑤ヴェランシエンヌ

 

小倉10

①ゼッフィーロ

④ハーランズハーツ

⑤レアシャンパーニュ

②ウインミニヨン

 

小倉11

⑥ディヴィナシオン

川田騎手が騎乗するごとに、やはり騎手は大事と思わせる馬。そのくらい手が合っており、直近の2勝は川田騎手の手綱によるもの。他の騎手が乗るとたいてい後方から他力本願の位置取りになってしまうのが、川田騎手だと自ら勝つ位置に居られるのが不思議。陣営もそれを分かっているから勝負時には川田騎手に依頼をかける。昇級戦の前走も前と内しか残らない馬場で4角15番手から6着(3着から0.1差)。5着ヴィズサクセスも次走を勝っている。当舞台との相性も良く、この頭数、このメンバーなら好勝負が期待できそう(人気になりそうだが)。

 

札幌2

⑧ジョーカーブラウン

デビュー2戦目以後は入着を外さず堅実だが、不器用なキャラでいかんせんパンチ不足。それだけにダート自体は合うはず。5走前に一度試された時は東京マイルで1F距離が忙しい印象だったが、それでも終いの伸びは芝同様に悪くなかった。ダートなら芝に比べて相手は弱化、少頭数で走りやすそうでもある。

 

札幌9

穴④テーオーサンドニ

ダートに矛先を向けてから馬が変わった印象だが、デビューからの4戦(芝)も5着は外していなかった。ヴェールランス、テンダンス、ロードレゼルといった上のクラスで活躍した馬らと走ってきた経験は伸びしろの乏しいこのメンバーでは強みとなる。兄弟3頭が芝で勝ち上がっているし、本馬もダートに転じたから変わったから躍進したのではなく、単に馬が良くなるタイミングがダートだった可能性もある。7/13のCWで80.4-65.2-51.1-36.8-11.8も未だかつてない好時計。ここはキャリアの浅い若馬の勢いに期待。

 

札幌10

⑪ロスコフ

1勝クラスを圧勝し、昇級初戦もヴァンヤール(現OP)から0.1差3着。4着ステイブルアスクも2勝クラスを楽勝し、重賞でも5着する程の馬。本馬はその後5ヶ月の休養を挟んで⑤⑩着。2走前の5着は休み明けを思えば上々の内容(勝ち馬から0.2差)。叩き2走目の前走は前進が期待されたがまさかの最下位。ここまで負ければ能力ではなく、休み明け好走の反動か、父産駒特有の精神面の脆さを露呈したか。まともならここまで動けない馬ではなく、大敗で人気が落ちるようなら狙ってみたい。

⑦モズピンポン

前走はスタートで安めを売って道中も流れに乗れず、終始外を回るロス。4角も大外ぶん回りでただ回ってきただけの最下位に終わった。走っておらず疲れがないからこその連闘(太目もあった)。能力があることは前走以前の戦績からも明らか。近走は古川騎手メインの采配だったが、満を持しての武史騎手で本来の力を発揮できれば。馬体は10キロは絞れて欲しい。

穴②モズマゾク

近走は崩れているが、1勝クラスではステイブルアスク(現OP)を封じて勝利、昇級後の4~5走前も④⑤着と悪い走りではなくクラスの目途は立てていた。この頃は昨年6月から使い詰めの影響もあったように思う。前走はひと息入った後の障害戦。ここで結果が出ていればそのまま障害という手もあったのだろうが、あいにくセンスはなかった模様。ただ、障害効果で馬が変わることもある。メンバーも頭数も手頃なここで復活の目があっても。

 

札幌12

⑤フォンメイリー

マイペースで行けた前走の勝利は当然として、より強さを感じさせたのが2走前。ハイペースで逃げた1番人気馬を負かしに行く形で最後は2着に屈したが、かなりのスピード持続性能を発揮した。昇級でもハナを切れそうだし、マリノプリエールあたりが玉砕逃げを打っても番手からの競馬も可能。

⑥クオーレドーロ

フォンメイリー似たような臨戦で勝ち上がってきて鞍上だけ見れば本馬を軸に取る方が無難な気もするが、2走前に1秒千切られたスカンジナビアが昇級後は④④着なのをどう取るか。また、ジャスタウェイ産駒が当舞台で0-2-0-22なのも気になるところ。それでも、臨戦過程は悪くないし、昇級戦にしてはメンバーも手薄、先行する自分の競馬も容易に出来そうで。

⑧クレスコジョケツ

前走は昇級戦で相手も強くハイペースも向かなかった。ダートでは前走以外は崩れていないし、先行してしぶといレース振りは当コースに合いそう。ただ、稽古がかなり緩いので滞在競馬で数戦することを想定した仕上げかもしれない。

穴⑨トーホウジュナール

前走時、稽古の動きはかなり目立っていたが、スタートで大きく出遅れて競馬になってもいなかった。実績のない距離の休み明け、14キロ増も堪えた形。半兄トーホウラデンも稽古の動きの良さとは対照的に1勝クラスでくすぶっているのが気がかりだが、稽古だけ動ければ1勝クラスは勝てる馬。馬体は絞れて。

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログからはまずこの馬

 

より買いたいレースはnoteで挙げています。

7月23日(土)メニュー
福島 3.10.11
小倉 6.7.9.12
札幌 3.4.6.8.11
手書きノート

ブログ共々よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。