狙い馬 競馬

2022.3.27(日)中山・阪神・中京の狙い馬

スポンサーリンク

中山1

⑮バンブリッジ

稽古は動くでこの中間の動きも上々(未勝利にとどまる馬のそれではない)。芝で案外な内容からダートも合いそうなイメージがあるし、キックバックを受けない外目に入ったのも良かったのでは。

⑬クオーレドーロ

外枠からでも上手に流れに乗って3着と前進した前走からこの中間は更に状態を上げてきた(今週おの追い切りでウッド終い11.5)。前走で先着を許したハローサブリナはいるが、牡馬混合から牝限定に変わるのもプラス。

 

中山4

③サイモンバロン

出遅れ癖があって力を発揮しきれていないが、能力は確か。デビュー戦がルージュスティリアの5着で、2着スターズオンアース(重賞2着2回、3着ダノンフューチャー、4着サウンドクレアはいずれも勝ち上がっている。小回り中山がどうかも、血統的には父母系ともにパワー型で荒れた馬場は苦にしないだろう。ひと息入って稽古の動きが格段に良くなっているので、立ち回りにも変化があることを期待して。

 

中山8

①ミトロジー

近2週の稽古の動きが抜群。追い込み型だが、中山では1-3-1-0と馬券外がない。8枠が淡々と先行する流れが想定されるが、2走前のように捲る脚があるし、今のデキならその形でも止まらないとみた。

④ヒルノダカール

休み明けでも稽古○。血統的に今の中山も合っている。

穴⑧ディアセオリー

現級でアルビージャ、キタノインパクトに次ぐ3着があるし、4~5走前も勝ち馬から0.3差4着。その2戦が稍重でソフトな馬場も合っているし、今回のメンバーなら立ち回り次第で十分通用。

穴⑨ジオフロント

昇級後は物足りないが、もう少しやれていい馬だと思っている。今回は休み明け、少頭数の外枠で条件的に合うとは思わないが、関東圏なら相手も組みし易いし、人気がなければ押さえても。

 

中山9

⑤エーデルブルーメ

臨戦過程◎。多頭数なら尚良かったが、この頭数でもこの相手なら馬券は外してほしくない。この頭数だと①シゲルイワイザケとの1本か。

 

中山10

⑤アールクインダム

3番人気に支持された前走は内有利のバイアスを外から正攻法の競馬で足りず。そもそもが過剰人気という感じもあったし、人気落ちで気楽に先行策が取れそうな今回は2~3走前の粘りを発揮しても。

穴⑩ルーカス

稽古は動いても気分屋で必ずしも実戦に繋がるとは言えないタイプだが、それでもこの中間はサリオスの胸を借りて近走の中でも中身の濃い稽古を積まれてきた。前走はさすがに休養が長くて走れなかったが、それ以前は現級でも大崩れがない。人気先行型だけに乗り替わりで人気の落ちそうな今回は妙味も上がる。

穴②ウインレフィナード

現級で馬券内はないが、勝ち馬から0.6差以内の善戦は5回ある。流れ次第で3着ならというところまで来ているし、今回は人気どころ含めてかなりの混戦。内でロスなく立ち回れそうだし、流れがあえば差し込みも。

 

中山12

穴⑨クムラシコ

当舞台では何度か好走しており、そのひとつに後の重賞勝馬オールアットワンスの2着したカンナS(OP)、14番人気ながら3着と激走した現級の2走前がある。前走の凡走後とはいえ現級通用の力を見せていながら相変わらずの不人気なら強気に狙っていくだけの期待値はある。その前走にしても8着とはいえ勝ち馬からは0.2差。3走前の1勝クラスを3か月振りの短期リフレッシュ明けで勝っており、今回が3か月振りという臨戦も悪くはない。

穴⑧コスモカッティーボ

馬柱だけ見ると現級では頭打ちに映るが、近2走はそこまで上位との差はない。前走に関しては関西圏に遠征して前残りの流れを4角9番手から現級上位のリャスナと0.3差。今回のメンバーなら十分足りる印象。稽古の動きも上昇を感じさせ、前走時一杯で11.9掛かったウッドの時計が今回は馬なりで11.6と併走馬を圧倒。振り回し気味の狙いにはなるが、人気上位馬に臨戦微妙な馬の多いここは積極的に狙っていきたい。

 

阪神3

⑩ミステリーボックス

前走はブリンカーは利いていたが、ハイペースに巻き込まれる形で苦しさもあった。デビューからの2戦がスローだったので余計にきつかったはずだが、それでも大崩れしなかったことは評価できる。兄に重賞勝馬サンライズホープのいる良血。前走の経験を生かして先行策が取れれば容易にはバテないのでは。

④ゴルド

地味な配合ながら稽古の動きは未勝利級とは思えない。大型馬で一発回答はないかもしれないが、ここでダメでも気に留めておきたい一頭。

 

阪神6

⑪ヴァモスロード

稽古通りならあっさりがあっていい動きを見せている。上のクラスでも注目(まだ勝っていないけど)。負けても次走以後も注目。

⑦プラティアマリア

3走ともスローペースでも大きく負けていない(最大0.6差)。初出走の多いここは行きたがる馬もいたりしてある程度速めにながれることも想定。差し脚が生きる流れになれば。

②スタローン

ダートも走れなくはないが、母がコントラチェックやバウンスシャッセの妹なら芝がベターかと。パワーのある母系で本馬自身、重馬場の芝で2着あり。

穴③サンライズアムール

 

阪神10

穴①セファーラジエル

穴⑪ダンディズム

 

阪神11

穴⑭ショックアクション

休養明けから稽古の動きが良くなってきて今回は更に猛時計を叩き出してきた。もともと重賞勝ちの4歳馬。キャリアも浅くここからもう一段上がってもおかしくはない。稍重の未勝利でかなり強い勝ち方を見せたように荒れ馬場も合いそう。

穴⑪ラルナブリラーレ

牡馬相手のマイル戦でどうかも臨戦過程は1位。道悪で極端な上がり勝負にならなそうなのは好都合だし、競馬は上手な馬なので前々から粘り込めれば。

大穴③レッドサイオン

 

中京1

⑥エリザベスミノル

今週のウッドの稽古で自身初めて6F80秒切り(79.7-64.5-12.5)。近2走の最終追い切りは一杯でもそれなりに時計が掛かっていたことを思うと馬なりでこの時はこの馬にとっては超抜。叩いた今回は勝ち負けまで。

穴⑫コルティーナ

 

中京4

穴④マディソンテソーロ

父母系ともにスピード優位

穴⑥キージュピター

 

中京5

穴⑨イズジョーアーサー

穴⑧サトノストロング

 

中京6

①エニシノウタ

未勝利馬だが、未勝利時代に差のない競馬をしてきた馬が上のクラスで活躍しているし、本馬自身1勝クラスで3着内が3度あるならもはや現級でも上位。前走は臨戦過程が良くない上に初の2200も1F長い印象。今回は初ダがカギだが、叔父ステキナシャチョウがダートで4勝、本馬もキズナなら芝ダート兼用の可能性は十分あるだろう(当舞台のキズナ産駒は単回収率344%)。ダートさえこなせればの条件は付くが臨戦過程も今回は○。福永騎手で人気にはなるだろうが、それだけ勝負度合いも高そうで。

⑥サムハンター

本馬も未勝利馬だが、前走で敗れた相手がシゲルバクハツ(2勝クラスで連対)。未勝利馬の格上挑戦休み明けから川田騎手を配するぐらいだから仕上げも入念。1週前には終い重点といえウッドで11.0ならやはり能力も高そう。過剰人気には要注意。

穴⑤タイガ

 

中京8

⑥ラナキラ

⑧マイネルチューダ

穴①タツリュウオー

穴⑰スマートルグラン

 

中京9

⑦サンライズエース

 

中京10

⑬レプンカムイ

穴⑯ラヴォラーレ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログの中ではこの穴馬で夢を見ます。

 

noteもよろしくお願いします。

※ブログに挙げようと思っていた宮記念はnoteの方にしました。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。