狙い馬 競馬

2022.10.23(日)の狙い馬(ブログ版)

スポンサーリンク

東京1

穴⑫ボーダーパトロール

前走はただでさえ不利な札幌1500mで出遅れ。出遅れたことで内を回すことはできたが、ただ回ってきただけに終わった。それなりに稽古で動いていたのに全く動けなかったことから芝適性に疑問。この中間の動きも目立っており、ダート替わりで前進が見込める。

穴②プリティジェニー

近走は不振だが、新馬戦で2着の実績はありきっかけひとつ。小柄な馬でダート替わりはどうかも、母父ヘニーヒューズだし、おじにダート5勝のアドマイヤルプスがいるのでダート替わりで良い面が見られても。ジャスタウェイは過去3年当コースで今回出走種牡馬の中ではトップの9勝。

 

東京2

穴⑩サルヴァトーレ

前走は出遅れて序盤に絶望的な位置だった時点で練習騎乗に切り替えた感じ。直線まで無理をせず、直線も馬なりのまま脚を図った感じにも映った。前走後は時計自体は目立たないものの、長めの追い切りを入念に消化。上積みは確実にありそう。ベルカントやイベリスといった重賞勝馬の下でノースヒルズの期待も高い馬。一変の可能性を秘めている。

⑤ナイトブレーカー

初戦は新潟マイルのスローで後方から最速上がりで惜しい2着。前走は臨戦過程×、馬場も合わず度外視。東京の決め手勝負になればまた違った競馬ができそう。

➈マテンロウカノン

デビュー以来まだ本気で攻めた稽古がなく、ここからの伸びしろを感じる馬だが、この中間は前走よりは坂路の時計を詰めてきた。前走はスタートの不利があって後方からの競馬となりながら最速上がりは使えていたし、東京の舞台も合っていそう。萩原調教師はたいてい弱気だが、このコースの複勝率は45%(単複回収率100%超)ある。

 

東京6

穴⑤ロッソランパンテ

 

東京12

⑦ライラボンド

臨戦過程の良かった前走で3着が欲しかったが、出遅れもあったし、もともとが叩き良化型。強い3歳ダート世代の一角で2勝クラスのこのメンバーなら確実に上位争いしてきそう。

②ジョンソンテソーロ

前走は差し優位のバイアスを先行しながら直線の手応えは十分だったが、直線は前が壁で競馬にならず。ただ、現級でもやれることは分かったし、ここは巻き返しの鞍。同日に圧勝歴のある1400mがありながらマイルを選択してきたのも自信のあらわれかと(より紛れの生じにくい舞台を選択)。

⑨ユイノキャッチャー

重馬場とはいえ前走のテン33秒台はさすがにペースが速すぎる。2走前は良馬場で34.4で逃げて4着があるし、もう少しペースを落とせば残り目がある。

穴⑤ジェイエルエース

穴⑩マブストーク

穴⑧ミズリーナ

 

阪神1

②ジャスパーバローズ

⑤ダノンクロム

 

阪神3

①サトノクローク

ひと息入ったが、この中間はセイウンハーデスやサトノラムセスの胸を借りてビシビシ攻められてきた。血統的に距離延長も良さそう。

穴②ギリギリチョップ

 

阪神8

⑥フェルヴェンテ

芝1200mでテン32秒台で先行したこともある馬が前走で1800mで勝ち上がったのは立派。せっかく1800mで勝ったんだからもう一度1800mを使えばと思わないこともないが、先述の通り短距離に対応するスピードも秘めているし、少頭数でもテンに速い馬の多いここでは長めの距離を経験していることも強みとなりそう。流れて前の脚が上がれば本馬のスタミナが生きる。

④コパノハンプトン

臨戦過程○。今回も崩れない。

穴③タマモブラックタイ

初ダになるが血統的にはむしろ歓迎。前走は重賞で度外視。ダートの適性はともかく、臨戦過程は1位。

 

新潟1

穴⑩オメガリッチマン

 

新潟2

⑮ジョーシーゲル

前走は流れは向いたが人気馬を相手に際どい4着に踏ん張った。先週の坂路で51.7-12.2をマークするなど定石通り使われて良くなっている感じだし、相対的にメンバーレベルの高い新馬を走った点も強み。

⑪ケイティベガ

前走は2着だが、6頭立ての6番人気で流れに恵まれた感があった。なので後追いのここで狙うのもどうかという感じだが、3カ月空けて稽古の動きはかなり良くなっている。今回もすんなり先行なら無様な競馬はしなさそう。

➈オルノア

先週のウッド、今週の坂路の稽古の動きが良く、叩いての上積みは大きそう。全姉は1200mで結果を出しているが、ゴールドシップなら距離延長も問題ないはず。

 

新潟3

①アーバンデザイン

おじおばにダート重賞で活躍したアーバンレジェンド、ミラクルレジェンドを持つ良血。前走でようやく勝ち上がったが、奥手の一族だけにここからの伸びしろは大きそう。

穴⑤シュルレアリスト

昨年は現級でもたびたび好走していた馬。今年に入ってからは休み明けに除外も挟んで順調に使えていないし、前走は実績のない芝。オルフェーヴル産駒は当コースで複勝率30%で勝率、連対率も高い(本馬自身も1-0-1-0)。14日の坂路で52.3-12.3をマークして態勢も整っているし、そろそろ変わり身があっていい。

危険人気馬③リトルポピー

前走は中山の牝馬限定で流れも向いた中で6馬身千切られた。その勝ち馬ですら昇級戦では11着に大敗しているし、総じてメンバーレベルは低かった。本馬はそんな相手関係で1番人気に推されたが、臨戦過程の良かった当時ですらその程度なので、牡馬と関西馬も混じってくるここでの過信は禁物では。もっとも、今回も相手関係には恵まれているし、稽古は及第点以上に動けているので、飛んでくれたらありがたいという感じもあるが。

 

新潟7

⑩オンザダブル

 

新潟10

⑦スウィートプロミス

前走は昇級初戦かつ初距離ながら1番人気で多少過剰人気のきらいもあった。芝ダート兼用だが、ダートは未勝利を9馬身差で勝っているように、芝<ダート。ダートはまだ2戦のみで①⑤着。ここからの伸びしろも十分だろう。モーリス産駒が当コースで0-0-0-20なのが気になったが、そもそも人気のモーリス産駒はほぼいない。それにそれを補って余りある母アースサウンドの舞台適性。この舞台で準OP2勝とOPを含めての4勝実績は燦然と輝く。産駒がその適性を受け継ぐとみるのは妥当。

⑬アイスリアン

前走は逃げて4着も2着と0.1差。4馬身突き抜けたフルムは抜けていたが、流れが差し馬に向いていたことも確か。牝馬限定で実績を重ねてきた馬が、強力3歳を含む牡馬混合戦で崩れなかった点も強調材料。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログの中からはこの一頭

 

noteもよろしくお願いします。

10月23日(日)メニュー
東京 7.8.9.10
阪神 2.6.7.9.10.11.12
新潟 6.9
手書きノート

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。