狙い馬 競馬

2022 京都牝馬Sの予想(紆余曲折を経て穴狙い)

スポンサーリンク

牝馬限定戦の当レース。当然ながら牡馬混合実績は有利に働くとの着眼点から、牡馬混合OP以上で勝ち鞍のある馬から軸候補を探すことにした。

該当馬はサンクテュエール、ドナウデルタ、プールヴィル、リンゴアメ、ロータスランド。

このうち、2歳戦のリンゴアメはオミット。サンクテュエールはプリンスリターンをシンザン記念で破ってはいるが、それも2年前の話。当レースは近2年で②④着のプールヴィルは、過去2年同様にオーロCをひと叩きしての臨戦は悪くない。ただ、2年前2着時の中間の追い切り本数が9本、4着時の昨年も10本だったのに対し、今年は5本。直近の動きに不満はないが、年齢を重ねていることもあるし、ここは穴馬までにとどめる。

 

残ったのはドナウデルタ、ロータスランド

このうちのどちらかを本命にすることにした。この2頭は古馬牡馬混合のOP以上を2レース勝っている唯一(いや2頭)の馬だ。ロータスランドに至ってはそのうちひとつが重賞なのだから実績面でも文句なし。

ただし、その分人気はするだろう。近2走は相手が強く条件も合わなかったとはいえ、昨春からの連荘期の勢いに陰りを見せている。型にはまって強い競馬をする馬だけに1400mの忙しい流れに戸惑いを見せないか?の懸念もある。人気馬ゆえに厳しい見立てをするという面はあるが、ここはドナウデルタを上位に取った(迷った時は人気薄の法則にもよる)。

 

ドナウデルタ

ロードカナロア×ドナウブルー(ジェンティルドンナの姉)というきらびやかな血統の割にここまでの歩みは地味といえば地味だが、何気に条件戦では一度たりとも崩れていない。1勝クラスから3勝クラスまでを3連勝した時に下したミッキースピリット、アクアミラビリスも弱い馬ではないし、もともと光るものは持っていた。

これまで崩れたのは、OP特別一回(休み明けで10キロ増)と重賞の7戦。それだけ重賞を走って通用していなければ前提条件として厳しいべ?とも思うのだが、7戦のうちデイリー杯、シンザン記念、チューリップ賞はまだ本格化前の2~3歳時。

古馬になっての初重賞が2年前の当レースだが、この時は外枠で出遅れてレースに参加できていなかった。5走前のターコイズSはルメール騎乗ながら、中山マイルが合わなかったのか11-13-14の位置取りから分かる通り流れに乗れていなかった。4走前の愛知杯、これは明らかに距離が長い(2000m)。前走のターコイズS。やはりこの舞台は鬼門なのか、序盤は前に取りつこうと試みるも途中から追走に一杯、直線は盛り返す素振りを見せたが、最後は前が壁になってまともに追えず。

重賞の壁に跳ね返され続けている本馬が唯一重賞で馬券内となったのは、3走前の阪神牝馬S。この時は少頭数のスローで流れに乗れた側面はあったにせよ、デゼルやマジックキャッスルといった一線級に肉薄し、重賞でもやれるということを証明した一戦。

ハイラップの中山マイル重賞で流れに乗れず、スローの阪神マイル重賞で好走したとなると、スロ専のようにも思えるが実態は違う。3勝クラスを勝った石清水S、ポートアイランドS、信越Sともに厳しいラップを長く良い脚を使って差し切っている。今回の舞台はコース形状上もハイペースになりやすく、短い直線でも差し馬が届くケースも多い。重賞でこの得意距離を走るのは2年前のこのレース以来。当時の雪辱を晴らすと同時に自身の引退のはなむけとなる走りを見せてもらいたい。

 

…と、枠順発表前までにここまで書き上げたのだが、枠が少々外過ぎるきらいが…(2年前より更に外)。

アスタールビー、オールアットワンス、タンタラスらが前に行く流れがどうなるかは読めないが、この枠だと道中も直線も外から。となると、今の阪神ではよほどペースが合わないと厳しい戦いを強いられることが予想される。

ということで、枠順も加味した上で本命を変更させていただくことにした(ドナウデルタに費やした文はせっかくなのでそのままにしとくw)。

 

◎③クリノプレミアム

牡馬との対戦実績という意味でドナウデルタを導き出したわけだが、本馬は前走で牡馬相手の重賞で5着。直線入り口でエアロロノアあたりの切れ者とほぼ同位置から追い出して伸び負けなかった点は評価できる。上がり勝負の中で切れるタイプではない本馬が善戦できたことも評価の後押し。使いつつ復調成って今回は牝馬同士、阪神芝1400mという舞台も合いそうだし、前走のように内で脚を溜めれば終いは伸びるはず。当舞台の江田騎手は全くもってピンとこないが、久々に穴男らしい捌きを見せてもらいたい。

○⑦ロータスランド

▲⑪ギルデッドミラー

△⑯ドナウデルタ

道悪になって外伸びになればまた一考という面はあるが。

△⑬クリスティ

近2走はダート。関屋記念ではカラテ、ソングラインと0.2差ならここでも。

△⑧シゲルピンクルビー

当舞台のG2ウイナー。稽古の動きも上々。1200mからの臨戦がどうかも。

△④プールヴィル

他にも気がかりな馬は多いけど、印はひとまずここまでにしておきます。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

応援よろしくお願いしますm(__)m

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。