狙い馬 競馬

2021.9.25(土)の狙い馬

スポンサーリンク

先週のセントライト記念の無様な予想の傷も癒えぬうちに早くも週末がやってきた。

もちろん回顧は大切なんだろうけど、後ろを振り返っている暇がないこのサイクルも競馬の魅力。

まして地方もやっている方ならそれどころじゃないだろうね。

ただ、セントライト記念の予想の中で教訓としておきたいことは、タイトルホルダーのようにずっと人気薄で好走してきた馬が急に人気になった時のリスク(これは当時の見解でも記載はしていたのだけど…)、また不安説が取り沙汰される時ほどそんなことは無関係に馬券になってしまうオーソクレースのようなパターン。この馬はルメールにもかかわらず5番人気だし、買いといえば買いだったのかもね(自分は本命にはできないけれど)。

そして迷った時は人気薄をポリシーとしておきながら、タイトルホルダー、ヴィクティファルスで迷ってタイトルホルダー本命って…

ヴィクティファルスを本命にしていたとしても、無念なそれ⑤だしどのみちハズレという意味では変わりないんだけど、それにしたってこれぞ置きにいった典型の予想という感じで我ながら残念…。

かといって今週の重賞は人気馬が堅固な印象であまり食指もそそられず、気持ちは既にスプリンターズSといったところだけど、それでも明日の重賞もめいっぱい頑張って予想します。重賞はブログの方でアップします。

ではその前に明日の競馬。

します。

⑥ジェットグリッター

前走は終いに甘くなったが、楽勝した勝ち馬を目標にいち早く追い出しをかけたことで苦しくなった形。初戦としては道中の位置取りやレース振りも及第点以上に映った。イスラボニータ産駒ならマイル変わりはプラス、母父シンボリクリスエスは中山の急坂も味方にできそう。9/9のウッドで5F65秒台を計時したようにひと叩きしての上積みもありそう。

④ハッピープリベイル

デビュー戦は10番人気6着だが直線で何度か細かな不利を被っておりまともなら3着はあった内容。それが証拠に2戦目には、ダリア賞2着、新潟2歳S4着のコムストックロードの2着。前走は4着に敗れたが、臨戦過程(↘)だし、道中頭を上げるようなシーンも。先着を許した3頭は戦前から3強の様相を呈していた力量上位馬でもあった。前に行けず不器用なレース振りが中山変わりでどう出るかだが、能力的には未勝利を抜け出せる力を持っており、2度目のマイル戦という臨戦も悪くない。

⑫ショウナンタイジュ

ハッピープリベイル同様に前に行けず不器用なタイプなので中山変わりがプラスに働くとも思えないが、キャリアの浅い若駒だけに、この2戦だけでこの馬のスタイルを決めつけて判断するのも早計だろう。リオンディーズ×ダイワメジャー、祖祖母ロンドンブリッジなら本来は前向きな気質で、血統的にも8頭立ての新潟マイル戦より起伏に富んだ今回のコースの方が合いそうなイメージもある。この2戦でレースを教えてきた吉田騎手としてはようやく勝ち負けが見えてきたところでの乗り替わりは痛いだろうが、この乗り替わり自体は大きくプラス。よほど展開不利がなければ後退の要素はないように思う。

 

中山3

②リバーサルバレット

①レインツリー

③フルオール

 

中山4

⑬セイウンダイモス

前走1200mにはしっかり対応していたものの大外枠が致命的。能力的には重賞3着と上位だし、連続して1200mを使う慣れも見込め。今回も外枠だが先週から開催も進めば差し優位に傾く可能性はあるし、ハイラップで飛ばすゼログラヴィティの存在も本馬にとっては良い方に出そう。連闘で使ってくる以上勝負度合いは高いはず。

⑩イザラ

セイウンダイモスと同じレースで1番人気だったのが本馬。今に思えばなぜこの馬が1番人気?というところはあるのだが、他にたいした馬がいなかったし、戸崎騎手騎乗もあっての押し出されてのものだったか。近5走人気以上に走ったことがなく、明らかに人気先行型だが、今回は3番人気内から陥落しそう。そういう時に走ってくるのが競馬あるあるだし、もともと現級で勝利寸前までいったこともある。本馬も連闘なら意欲を買いたい。

 

中山5

⑯ファロロジー

④アメリトーチェ

 

中山9

⑥シゲルファンノユメ

2戦とも福島なので威張れはしないが、2走とも最速上がりの末脚は魅力だし、勝ち上がりのリズムも上々。皐月賞馬ディーマジェスティの子にして母系もサドラーズウェルズ系なら坂のある中山が苦手とも思えず、アッミラーレ産駒の半兄も当舞台を含む中山で2勝。好勝負可能。

 

中山10

⑦ラヴィンジャー

もともと行き脚の付かない馬だが、前走はスタート後に挟まれたことでいつも以上に後方から。結果、勝ち馬はスローの逃げ切り、4コーナー12番手からの4着なら脚力は十分示した。3走前がアラタ(その後勝利を重ねて4連勝でOP勝ち)、レッドヴェロシティ(青葉賞3着)に次ぐ3着で、2走前2着時の勝ち馬ストリクトコードも昇級初戦の3勝クラスでいきなり2着なら相手も強かった。決して洋芝専用ではなく中山でも勝ち鞍があるし、戸崎騎手との相性も良い。

 

中山12

①ペイルライダー

臨戦過程はいいけれどこの枠はどうだろう。

 

中京2

②オディロン

デビュー前の函館ウッドで5F65.7で動いていた馬。能力の高い馬とインプットしたが、レースでは意外と動けず8頭中6着(勝ち馬から4.2秒)。さすがにこれが能力ではないと思うし、芝で動けなかったのでダート替わりが奏功する可能性も(上2頭は芝で4勝だが)。この中間も池添騎手が付きっ切りで動きは相変らず良好。今回ダメでもどこかで変わってきそうだが。

 

中京4

⑩ルージュシェノン

③コパノフランシス

⑧トーアレインボー

 

中京5

⑫ヴァレッタカズマ

①テイクザワールド

⑯オリンピッカー

 

中京9

⑦ロードリライアブル

臨戦過程一番。1週前のCWでは5F64秒台と仕上げも十分。相手はデビュー戦で完敗したグーデンドラークと、デビュー戦を秋山騎手で快勝しながら横山騎手に乗り替えてきた(無情…)マテンロウスカイ。マテンロウスカイの母レッドラヴィータは中京で初勝利を挙げ、モーリスも勝率15%。

 

中京12

⑬オンザフェーヴル

叩き良化型のきらいはあるが、臨戦的には悪くなく。

穴⑧レッドエンヴィー

セラン、ローウェル、リリーミニスター、ダディーズメジャーら先行したい馬が揃い、前走以上に流れは向きそう。現級でも2度の馬券内があるし、兄レッドアンシェル、レッドアルティスタといったところも高齢まで駆けているように5歳ならまだこれから。

穴⑮ゼンノジャスタ

なぜだか毎度のように気になる存在(毎回騙されてしまうのだが…)。今回は初ダの魅力。母はダートで2勝だし、詰めの甘さを補えないか。ただ、今回もいたずらに人気してしまいそうな気もする。

危険人気馬④セラン

前走時、圧倒的に調教内容が豊富だったことから推奨。上積みに乏しそうな今回、もともとアテにしにくいタイプでもあり懐疑的に見たい。

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログの中ではまずはこの馬を

note もセットでお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。