狙い馬 競馬

2021.8.22(日)の狙い馬

スポンサーリンク

新潟2

◎⑭デンコウヒバ

○③エコロデビル

▲②ヒストリックノヴァ

本命候補は上記3頭から。序列の決め手は既に1400mを経験していること、土曜のバイアスが外有利であったことから(デンコウヒバの初戦も外有利のバイアスだったが、その時は内枠だった)。1200mからの臨戦となるエコロデビル、ヒストリックノヴァはいずれも競馬内容はいかにも短距離馬のそれではなかったので距離は問題なさそう。稽古の動きからも能力は上位。

⑥ルミナスブルー

④スクリーンショット

⑤ミツカネムーン

 

新潟7

穴⑦ギャラクサイト

稽古○。新馬当初の走りから未勝利なら上位争いできる力を持つ。3走前のダートは展開が厳しく適性以前の問題。スタートを決めて流れに乗れれば。

 

新潟8

穴③マリノアズラ

メイショウサムソン産駒らしく叩きつつ着実に良化。以前は位置取りも不安定だったが、折り合いが付くようになり、前走では大外枠から先行策で抜け出せたことも収穫。スタミナとパワーに富む配合で、今の新潟の馬場もぴったりの印象。④カーディナルの一議席は埋まり、⑪ウインザナドゥも先々は上のクラスでも活躍が見込める馬だが、臨戦過程の良さでそこに割って入れないものか。

 

新潟10

⑪マカオンドール

隠れ菊花賞前哨戦とも言えるレースだけに期待の3歳馬が3頭参戦。特に友道厩舎はここからの直行ローテで本番でも好走させているだけに、今年のレイオブウォーターもその路線を目論んでいるだろうが、本命はマカオンドール。2000m以上の8戦は出遅れて流れに乗れなかったG1ホープフルS(8着)だけ。相手なりのところがあって前走あたりは物足りない印象も距離は2200mの方がベターだし、8分の仕上げでもまず崩れないはず。

 

新潟12

穴⑭セイハロートゥユー

3走前5着時にディールクルムから0.3差5着。先着を許した4頭はすべて2勝を挙げた比較からも本馬の近2走が能力とは思えない。前走はひと息入った後の一戦だったし、小回り福島も忙しかった。新潟に変わって外目から徐々に上がっていける形ならもう少しやれても。

 

小倉2

⑮マイシンフォニー

4角14番手から直線だけで4着したデビュー戦の前走は、いかにも武豊騎手らしい騎乗だが能力の片鱗は見せた。その後に成長を促され中間の稽古もハードに追われている。レース慣れの見込める今回はもう少し流れに乗った競馬ができると思うし、100mでも距離が延びるのもいい。

 

小倉4

③メイショウユウスイ

当舞台の5走前にバガンの鼻差2着。勝ったバガンは昇級戦も2着、5馬身離した③④着馬も既に未勝利を突破。その後の小倉2戦は不発に終わっているが上がりは1位だし、このコースとの相性は悪くないはず。2走前の阪神マイルもスローで行った行ったの前残りを7着だが上がりは最速。要は差せる流れになるかどうかだが、前走辺りは中団から競馬ができていたし、内からジワジワ進出していければ。

②テイクバイストーム

近2走ともに3着馬とはタイム差なしで、この馬を軸にする者にとっては痛恨のそれ4続きだが、前走は外枠の不利だったし、上がり勝負も向いていない(②③着の牝馬に切れ負けた)。デビュー戦以外の近4走は外枠だったが、今回はロスなく運べる内枠を引いたし、テンに遅い馬の多い今回なら労せず好位を取れるはず。土曜の当舞台で圧勝したキズナ産駒のイリマのように内から徐々に外目に進路を取っていければ。

⑬セブンフォールド

デビュー前はPOGなどでも話題になっていた素材だが、蓋を開けてみればディープらしからぬジリ脚。前走にしても好位から伸びずバテずの6着で、今回出走のハーツオブシャカ、メイショウユウスイにも遅れを取った。

 

小倉6

⑤コールドショット

坂路で動くし、テンの脚もあるのでこの距離でいい面が見られていい。

 

小倉7

⑤プラチナムレイアー

前走は出遅れて本来のスタイルが取れず13着だが、それでもテンに32.9のスピードは見せている。土曜日は芝1200mの下級条件に関しては軒並み逃げ馬が残っていたし、スタートを決めて逃げもしくは先行できれば十分巻き返しがあっていい。

⑥カゼノタニノアヤカ

⑦ナリタエール

 

小倉10

⑬アヴァンセ

近2走は復調気配。まだキャリア15戦の5歳馬できっかけひとつ。逃げられたことも今回に繋がっていい。臨戦過程も悪くない。

 

小倉12

②エスポワールミノル

 

札幌1

②イエヴァンポルッカ

④キントリヒ

 

札幌5

⑤レッドランメルト

⑨ハリウッドフェーム

 

札幌7

⑭タイキドミニオン

前走は外枠を敗因の理由にしていたが、2走連続大外に…。それでもクラス上位は間違いないし、川田騎手なら違った競馬を見せてくれるはず。

⑬サダムラピュタ

⑧ラルフ

⑥サイモンルグラン

 

札幌9

⑤ブッシュガーデン

距離はカギだが、レース振りから距離延長は悪くないし、臨戦過程も〇。

 

札幌10

⑦ユアヒストリー

前走はスタート後の不利で位置取りが悪くなったがレース振りに復調の気配。終いは伸びていたし、スタートを決めて流れに乗れれば更に前進。ただ、現状は人気先行かな。

 

札幌11

◎④ラヴズオンリーユー

○③マイネルウィルトス

△⑪ウインキートス

 

札幌12

④モンファボリ

前走時、開幕馬場の不利を承知で臨戦過程の良さから本命視したが、スタートの出が悪く道中の位置取りからして物理的に届かなかった。それでも終いの脚は目立っていたし、現級もすぐに勝ち負けできる手応えは掴んだ。もともと叩いた方がいいと思っていたし、コースも函館⇒札幌は好都合。今回も内枠となるので直線の捌きがカギとなるが、能力的に巻き返しを期待したい。ただ、人気は落ちないだろうなぁ…

⑧メイショウハボタン

⑤ロフティーピーク

⑭スイートクラウン

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログの中ではこの馬が買い。

noteもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。