狙い馬 競馬

2021.8.14(土)小倉・札幌の狙い馬

スポンサーリンク

小倉・札幌は見解軽めです。

 

小倉2

⑨イールテソーロ

このメンバーでは速力、力が違いそう。

⑤カシノプルタオネル

穴⑩カシノトムキャット

穴⑮テイエムタマガイ

 

小倉3

⑪メイショウフジタカ

今週の坂路で50.6の自己最速を計時。惜敗続きに終止符を打つべく勝負追いを敢行してきた今回はもう一押しがあっていい。

③ボルケーノペスカ

⑩クムリポ

⑥ザモウコダマシイ

⑬マコトヴァンセンヌ

 

小倉6

⑭ナムラコマチ

臨戦微妙も稽古抜群。人気も断然という感じではないので。

 

小倉8

⑩シーニッククルーズ

未勝利時代に芝でレイモンドバローズ(アーリントンC3着)に先着し、その後ダートに矛先を移してから③②②①着と安定した戦歴で未勝利を突破。昇級戦の前走はハイラップの流れに自分の競馬ができず13着もこれは良い経験となったろう。小倉の小回りがどう出るかだが、それも前走のきつい経験の後ならこなせていい。3週連続浜中騎手が付きっ切りで稽古に跨っており、動きは休養前以上。

穴①マルモルーラー

前走は崩れたが、それ以前は強敵相手の世代限定戦で健闘してきた馬。ウェルドーンやタイキドミニオンあたりとも差のない競馬ができている。

穴④エヴァン

稽古の動きが変わってきた。地方だがダート実績ありで。

 

小倉9

⑤ナムラクレア

スローのマイルから小倉1200mへの臨戦がどうかだが、ミッキーアイル産駒だし、坂路では動けているのでこの条件自体は合っていそう。松山騎手騎乗も心強い。

③トーホウラビアン

使い詰めで上積み微妙も臨戦過程は悪くなく。

①テイエムスパーダ

⑩デュガ

 

小倉10

②アリーヴォ

前走は辛勝だが相手も強く。臨戦過程も上々で。

⑧ピノクル

5歳にしてようやく1勝クラスを勝ったが戦績通り相手なりで。

⑤ラストヌードル

決め手不足な近走だが、道悪の恩恵があっていい血統。

 

小倉11

②スマートセラヴィー

前走6着も流れを考えれば悪くない競馬。今回もハイペースになって後続のプレスが厳しいとどうかだが、軽い馬場で前残りなら残れていいデキにある。川田騎手への采配も当然陣営の期待の現れ。ただ、前日段階で2番人気はちと過剰

穴⑮ケイアイパープル

東海Sでインティを競り潰して直線早々に先頭に立ち見せ場十分に7着した走りからいつか穴を開けるのではと目を付けている馬。2走前は展開合わず、前走は距離合わず。今回の舞台は合っている。

 

小倉12

穴⑩サンデージャック

小倉は2戦して②①着。重馬場で勝ち上がったことも今週の天気からはプラスに働きそう。昇級戦のアーリントンCは最下位だが、チャレンジ挑戦の意味合いもあったし、これは度外視していい。自己条件の前走も6着だが、臨戦過程が良くなかったし、本質的に1F長かったのでは。8戦して唯一好走している舞台に変わるのは当然プラスでしかないし、今回は臨戦過程もプラス。坂路主体にきっちり乗り込まれ、3ヵ月ぶりも問題なさそう(ただ、陣営は弱気)。

穴②ナムラメーテル

新馬で後の重賞馬を3馬身切って捨てた馬。そういう意味では休み明けとなる今回も悪くないのでは。

 

札幌2

⑤レッドウッドヒル

休み明けの前走は動けなかったが、叩かれて型通り上昇。それ以前の戦績から変わり身十分。

 

札幌3

⑥ストーンフェイス

3走前のダートは28キロ増でダートによる敗戦ではない。血統的にダートはこなせていいし、距離短縮も良い方に出そう。

⑩キュートラン

③フクノルッカ

 

札幌4

⑧ヒアーズトゥライフ

新馬でタイム差なしの2着があるぐらいで元々評価の高かった馬。競馬を教えながらようやく前走で好走したが、競馬の型から函館から札幌がわりでより末脚が生きてきそうで。ただ、1番人気まで推されると脚質的にそこまで魅力はない。

 

札幌8

⑪エコロファルコン

未勝利勝ちの内容、稽古の動きから1勝クラスでは上位。叩かれての上積み、ルメールなら前進しかなく。

穴⑦チェスナットドレス

未勝利戦でファルコニアに楽勝した馬で無事なら今頃上のクラスでも活躍していたであろう馬。故障によりその道程は絶たれたが、ここにきて順調に使えるようになってきたし、前走で逃げる競馬ができたことも光明としたい。まだ無理かもしれないが、いずれどこかで穴を開けそうなので。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑この馬買ってみよう

noteもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。