狙い馬 競馬

2021.3.6(土)阪神・小倉の狙い馬

スポンサーリンク

よし、まずはブログ分の更新が終わり!

このあとnote分の仕上げに掛かるよ。noteの分はこちらの3倍は時間をかけているからね。だからといって必ず当たるってわけじゃないのが玉にきずだけど、有料分は無料分より力を込めるのは当然なわけで。

というわけで後ほど挙げるnoteの方もよろしくです(宣伝)

 

阪神3

①オーホンブリック

新馬戦は福島芝1800mだが逃げて3着。この時の2着馬が素質馬の評判高かったスワーヴエルメ、5着馬が1勝クラス2着、7着馬が既に2勝しているから、本馬のその後の不振(4戦連続二桁着順)は意外。ただ、芝に見切りを付けダートがわりの2戦目だった前走でようやく光明を見い出した。今週の坂路の動きも悪くないし、そこからもう一段前進があれば今回のメンバーなら食い込みがあっても。

穴④エーティーゴーオー

デビューからの5戦を見ればとてもじゃないが買えない馬だが、今週ウッドの終い11.5の切れ味を見ると、まだ伸びしろはあるのでは?とさえ思えてくる。手薄なメンバーだし、稽古の良さが実戦につながればあるいは3着くらいなら。

 

阪神4

◎②エリカステラ

前走は押し出される形で逃げたことがまず誤算。直線を向いての手応えも良く鞍上も溜めに溜めて追い出したが、いざ追い出すとジリジリといった感じで2着とタイム差なしの4着。ディープインパクト産駒でも母父はガリレオで上のヴァンキッシュラン、セントレオナード、リリーピュアハートのいずれも2400mをベストとしていることから上がり勝負に持ち込んだことは失敗だったかも。今回もマイル戦ということで本来はもう少し距離が欲しいところだが、今回は川田騎手への乗り替わり。北村騎手も悪くはないが、こと先行馬に限れば信頼感の差は歴然。マテンロウアレスという手強い同型脚質がいるだけに楽ではないが、使い詰めのマテンロウよりはここに照準を定めてきた本馬を本命に抜擢。

○⑭マテンロウアレス

稽古や戦歴を見たらいつでも勝ち上がれるし、上のクラスでもやれる馬。3走前に0.1差だったサルファーコスモスがエルフィンSを勝ち、2走前にタイム差なしだったレイモンドバローズがあっさり連勝したことからも、もはや本馬にないのは勝ち運だけ。妙味の面からエリカを上位にとったが、普通に走ればこちらかなというぐらい未勝利では抜けている。

▲⑮タナキーボー

デビュー戦はヴィクティファルス(共同通信杯2着)の3着。出遅れもあったことを思えば及第点以上の内容。終いは切れるし、マイルへの短縮もプラスに出そう。ひと息はいったが、稽古を見るにしっかり態勢は整っている。

△エーシンディーディ

重賞馬スマイルカナの下という良血。芝ダート云々ではなく、まだ良化途上という印象だが、稽古の動きは悪くない。前走で逃げる競馬ができたこともマイル戦を使うに当たっては良い経験になっているし、

×⑦エリカシャンス

×⑧モーガン

×⑯サイキユイコウル

×⑫フォアラドゥング

 

阪神7

穴⑩マテラサンオウ

母はダート1400mの重賞勝ち馬。過去の1400m戦では流れに乗れていなかったが、当時よりは流れに乗れる競馬ができるようになった今なら距離短縮がいい方に作用しても。

穴①キワミ

今週の坂路でライトオンキューと併せて併入。力はあるし、スピードを生かせるこの舞台も合いそう。

穴④タケルラスティ

力はこのメンバーでは明らかに上位。ただ、女性新人騎手で人気が落ちるかと思ったら逆に人気。それじゃあかん。

 

阪神8

②イルーシヴゴールド

1勝クラスを勝つのが遅すぎたくらいで昇級でも即通用。この舞台得意な川田騎手が人気馬(ルビーカサブランカ)に乗ってくるので、この2議席は堅いとみるが。

 

阪神9

◎⑧タンタラス

ブエナビスタの子たちが条件クラス級にとどまっているのが嘆かわしいここ数年だが、それでも産駒はコンスタントには走っている。本馬もデビュー2戦目にあっさり勝ち上がり昇級戦も即通用着。この時がコントラチェックの2着で本馬にとって唯一のマイル戦。コントラチェックの作り出すハイペースを追随しながら最後まで踏ん張ったあたり、案外マイル適性はあるのでは。実際、本馬の全姉ソシアルクラブはマイルで3勝。切れる脚はないものの先行してしぶとさを生かすレース振りは本馬と瓜二つ。悪天候で多少なりとも馬場が渋ればなお良さそう。前走は初ダの人気で危険なパターンにつき度外視。むしろダートを使ったことが良い刺激になる可能性もある。

○②オーマイダーリン

①チュウワノキセキ

リアンティサージュ

△③リュクスポケット

×⑨セントウル

 

阪神12

④リトルクレバー

無難な選択だけども無難に走ってくるでしょう(手抜きですいません)。人気馬だし、あえて述べることも少なく。

 

 

小倉3

④ルビースター

稽古優秀。キャリア浅く変わる余地十分。

 

小倉4

⑭セデックカズマ

平地では短距離馬だったので、距離が延びてタフな馬場になった時にどうかも、障害だと平地時の距離はまた別もんだろうと勝手に判断して。臨戦自体はかなりよい。

⑬エイシンクリック

ルーラーシップ×エイシンサンサンというスタミナお化けみたいな配合で、障害はおあつらえ向きな上に荒れ馬場ならここも好勝負できそう。

 

小倉8

穴⑩フェスタマドンナ

1年前の京都では4着、3着とあと一歩という走りを見せていた。その後スランプに陥ったが、前走で差す形でこの馬なりに脚は使っていたし、時計の掛かる1800mという条件は合いそう。臨戦過程も良く、このレベルの馬に小倉では名手の部類の浜中騎手なら狙ってみる価値はありそう。

 

小倉12

穴①マイネルチューダ

前走時は坂路で49秒台の稽古を見せていたのでもっと動けるかと思ったが、結果的に内枠が災いした形だったので、次に改めて狙おうと思っていた。が、また内枠かい…。でも、馬場が荒れすぎて内外関係なくなる可能性もあるし、元来重馬場は得意なので。

穴⑱メイクアンシー

こっちはこっちで大外かい…という感じだけど、バイアス次第でどっちか来てくれ(笑)。デビュー当初は芝で走っていたし、芝のマイル不良馬場でカラテ(東京新聞杯)の3着もある。前走は16キロ増、最内不運、不良馬場で展開向かずなど度外視の一戦。母系にブライアンズタイムとサドラーズウェルズならこの距離とはいえ消耗戦になった時に出番があるかも。

 


最強競馬ブログランキングへ

この中ではパッと見この2頭

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。