狙い馬 競馬

2021.2.20(土)阪神の狙い馬

スポンサーリンク

阪神1

穴④マテンロウアスカ

今週のウッドで終い11秒台の追い切り。状態は良さそうだし、当舞台の複勝率35%を誇るオルフェーヴル産駒なら条件替わりで変わり身があっていい。

 

阪神5

⑪イクスプロージョン

今週ウッドの稽古で自己最速を大幅に更新。勝ち味に遅い馬たちが揃った中で本馬もかなりのジリではあるが、これだけ動きが良くなればもう一歩前進があっても良さそう。

 

阪神6

④ゴールドハイアー

デビュー当時から行き脚はひと息ながら終いの脚は堅実で、福永騎手に乗り替わった前走はその脚に更に磨きが掛かっての完勝。3着以下が2.3秒も離れる大差、2着馬も次走で7馬身差勝ちだから本馬の力は相当。よほど先行有利の流れにならなければここも即通過の器だと思うし、福永騎手ならソツなく乗ってくれると期待。

穴⑩クープラン

初ダートの2走前が不器用なレース振りだったので、その点だけを懸念していたが、前走は稽古の良さが反映される形でレース振りが一変。先団3番手から最速上がりを使っての快勝。決して相手が強かったとは言えないが、本馬の稽古の動きは更に上昇し、その動きだけを見ればメンバー随一と思える。

穴①ゲンパチハマジ

 

阪神7

⑫アメリカンウェイク

阪神は4戦して4着以下のない得意舞台。ここに合わせて調教の動きもピークの仕上げ。前走先着を許したイズジョーノキセキ、エアロロノアのいずれもが既に2勝クラスを勝ってOP入りにリーチ。本馬の1勝クラス突破も時間の問題。馬体重の変動の大きい馬だけに体重はチェック。これ以上減っているようだと微妙か。

①コスミックエナジー

⑥ロータスランド

穴⑧ディキシークイーン

この舞台の未勝利勝ちの内容から1勝クラスでももう少しやれると見ている馬だが、ここ数戦は完全にリズムを崩してしまっている。それでも3か月空けて立て直されてきたし、立て直っていれば十分にやれる馬だが。

 

阪神9

⑩タガノディアーナ

4戦中3戦が牝馬限定戦なのでクラシックにもつながるこのつばき賞はなかなかハードルの高い昇級戦となるが、デビュー以来の4戦すべてが上がり最速で、自在味のある脚質も魅力。今回と同舞台だった前走内容も優秀。並の馬ならひるんでもおかしくない直線の位置取りから馬の間を割って伸び、そこからさらに後続を突き放した走りは牝馬離れした根性とセンスを感じさせた。勝ち上がりのリズムも悪くないし、多くの昇級初戦馬がいるが、その中では最も味のある勝ち方を見せた本馬を最上位評価としたい。

穴①トーセンインパルス

デビュー戦でランドオブリバティとタイム差なしの3着、2戦目に0.1差だったテンバガーも昇級の京成杯で3着したことを思えば、3戦目にあっさり勝ち上がった後の本馬の戦績は正直不満。ただし、格上げで挑んだアイビーSは、1着オーソクレース(ホープフルS2着)、2着ラーゴム(きさらぎ賞1着)、4着アドマイヤハダル(エリカ賞1着)だから、これら相手に5着なら及第点以上の内容。

エリカ賞は8頭立てのスローペースを7番手からの追走と位置取りが悪かったし、直線も距離ロスを防ぐためとはいえ、苦し紛れに荒れた内を通って伸び切れず。

前走の梅花賞6着に関しては、スタミナを要する中京2200mという舞台で積極策を取ったことが裏目となって終いにバテたが、当時の中間の調整過程にも疑問符があった。中3週で坂路のみの調整はいいとしても速い時計(52秒台)が1本だけでは角居厩舎としては軽すぎる。最終追い切りも56.9というお触り程度では、タフな舞台でバテたことも頷ける。

一転して今回はウッドのみの調整と極端な方針展開(坂路→ウッド)ではあるが、ウッドでしっかり追えることが成長の証だし、1週前段階で長めをしっかり2本消化している意欲も買える。

⑧ショウナンアレス

未勝利辛勝後の前走きさらぎ賞はさすがに家賃が高かったが、タフ馬場を積極的に番手追走した経験は糧となったろうし、2000mの重賞ならもう少しこすい競馬をしなければ難しかったろう。父母系からもともと1800mの方がベターだし、1勝クラスなら相手なりに動ける長所を発揮してくれそう。

 

阪神11

◎⑨ビッククインバイオ

4戦中2勝がマイルから1400mへの距離短縮時。近2走は重賞と牡馬相手のOPだったので善戦止まりもやむなしの結果だが、2走前0.4差、前走0.3差なら流れや条件がちょっと変われば圏内もあり得る状況。今回は得意の1400mへの短縮ローテになるし、イベリス、カリオストロら逃げ勢がはっきりしているので、ちょうど良い好位からの競馬ができそう。1400mでは4戦3勝だが、1番人気で6着に負けた1戦が4コーナーで先頭に立つ早仕掛けの形だったので、好位から溜めを利かせた先行ができそうな今回は展開もおあつらえ向きかと。乗り替わりはマイナスだが、乗り難しい馬ではないし、馬自身に前進気勢もあるので問題はないとみた。母アニメイトバイオは

阪神JF2着、阪神ローズS1着だったので、この血がこの舞台で生きてくることにも期待。

○④イベリス

▲⑮ギルデッドミラー

当初は本命だったが、考えうる最悪の枠に配置されてしまったのでピンかパーの意で3番手。ペースが流れて道中馬群に入れることができれば。

△⑫シャインガーネット

×⑥アンリミット

×①カリオストロ

×⑦アイラブテーラー

 

阪神12

⑫マティアス

前走は出遅れが全て。中間は巻き返しに余念なく、ゲート練習含め稽古も入念。

穴⑪ロードキング

穴⑯ワンダーアフィラド

穴⑤ファストボウラー

3走前は休み明けで18キロ増にも関わらず3番人気に支持されていたように、現級でもダートならやれると目される馬。近2走の芝は度外視できるし、それで人気落ちするようなら。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

阪神はこの馬に期待

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。