狙い馬 競馬

2021.10.31(日)の狙い馬

スポンサーリンク

東京2

⑪バラジ

デビュー前からウッド調教では4本全て終い11秒台をマーク。レースはスローの前残りで4着に終わったが、内容は悪くなかったし、あの内容ならマイル戦も合いそう。今週の稽古も終いは11秒台と動きの良さは相変わらず。今回も少頭数でスローに流れる可能性はあるが、マイルなら直線だけで届いていい。

 

東京9

⑦チビラーサン

2走前は不利がなければ勝ち負けできていた。前走は不発も少頭数の上がり勝負は本来得意。

 

東京10

穴⑦コパノマーキュリー

前走は落鉄。それ以前もひと息な成績が続くが2~3走前は1秒負けていないし、終いは3位以内の上がりを使っている。現級でも2着があって、その時0.1差だったスリーグランドはOPでも活躍しているだけに本馬の現況はもどかしい限り。前走以前に東京は1度走って3着。休み明けでもそれだけ動けるのだから地力はあるはずだし、当時の鞍上が今回と同じ松山騎手。抜けた馬のいない今回なら穴で一考。

穴⑬アメリカンファクト

かつて現級でも連続2着がある。2020年をすべて休養で棒に振ったがその分キャリアも浅く復調さえすれば通用していい。叩き3走目だった前走は先行力を発揮して復調の兆しは見せた。臨戦過程からも穴としてなら面白い。

 

東京11

◎①コントレイル

何のために今年2戦、4歳で引退するのかと言えば、ディープの後継として種牡馬としてスタッドインするため。そのため最も結果を出さなければいけないのが本馬。JCとて勝てるとは言い切れないし、休み明けから(休み明けの方が)動ける馬なのでまずはここに全力投球の構えのはず。菊花賞は辛勝、昨年のJCはアーモンドアイに完封され、前走は不良とはいえ取りこぼしと現在の能力を計りにくい面は確かにあるが、菊花賞は中距離ランナーがマラソンを走るようなもの(能力だけで勝った)、JCは言われるように最大目標を勝った後で臨戦過程としては微妙だった、前走もやはり不良の影響は大きいだろう。成長力はなくとも3歳時の能力を維持さえしていればまだここはやれるはず。左回りの2000m(良馬場)はベストの舞台。最内枠は諸刃の刃だが、隣が行き脚のないカデナ、モズベッロだったことは幸い。直線詰まるぐらいに溜めた方が終いの爆発力も生きそう。ダービーのシャフリヤールよろしく、おそらく前後に位置するであろうエフフォーリアをきっちり差し切る。

○⑤エフフォーリア

▲⑨グランアレグリア

☆⑧サンレイポケット

以前から毎日王冠で脚は使ったものの届かずの馬が穴の定番。本馬自身1800より2000がベターで叩き良化型。多頭数の混戦にも強く、根性のあるジャングルポケット産駒ならG1でかえって闘争心を生かせる。普通に走れば当然かなわないが、3強の一頭にでも何らかの破綻があればその末脚の堅実さは魅力。

 

以下まで手が回るのであれば

△⑦ワールドプレミア

腐っても(言い方失礼)G1を2勝。それが20倍と軽んじられたなら押さえる手はありかも。全兄ワールドエースはマイル戦でレコードを出したくらいで血統的には距離もこなす。

△⑮ヒシイグアス

近走は重賞といえどもレベルに疑問符を感じるが、そうは言っても何だかんだ負けずに底を見せていないという点は評価しなければならない。当舞台はベストとも思えるし、この枠でも器用さがあるので前付けできれば。

△⑭カレンブーケドール

能力的には3強にも引けを取らないものがあるが、今回は仕上がりが微妙。器用さを生かす馬のこの枠も正直痛い。「3強以外からいくならこの馬」という評価にもなってしまっているし期待値もそこまでない。ヒモの末端。

 

阪神2

④ミギーフェイス

前走はプレッシャーの掛かるきつい流れで失速したが、ダートに変わってからスピードは見せているので1200m変わりは悪くない。ブリンカー装着でマイペースに先行できれば。

⑥フルム

ミギーフェイス同様に連闘。能力が上の馬が無理して使う時期でもないのに連闘というだけで買い要素になるし、この頭数なら捌きやすそう(この頭数だから連闘してきたのかも)。

 

阪神3

⑪メイショウジブリ

デビュー前から動いていたが、一度叩いた今回は6Fから78.1-63.8-50.5-12.5の猛時計を計時。前走は東京の上がり勝負に屈した感じもあったので阪神替わりは良さそうだし、デキも上がっているので勝ち負けできていい。

②ハナマウイ

デビュー前から動きは良かったが、この中間は2週連続坂路で更なる上昇を感じさせる動きを見せている。前走も内枠でロスのない競馬ができたが、今回も同じような競馬ができそうだし、前走以上に脚を使えていい。

⑧ショスナンアデイブ

強い馬には違いないが、前走は勝ち馬から0.5差。スローを捲り上げた脚に見どころはあったが、前半に付いていけなかったことも確か。叩いて行きっぷりが良くなればあっさりだろうが、セレクト5億6千万の話題性の方が先だっている感はある。

 

阪神6

②メイショウミズモ

休み明けの前走は最後の競り合いに屈して3着とクビ差の4着だが、早くもクラスの目途を立てたし、これまで差し脚が持ち味だった馬が先行できた点も収穫。これまで全キャリア1-1-1-3だが、崩れた3走がいずれも4着で休み明けの前走とデビューからの2戦。その2戦は1200mで前残りの流れを4コーナー2二桁位置から追い込んだもの。今回はどんな形の競馬になるかは分からないが、どんな形でも終い伸びてきたこれまでのキャリアは頼もしい。内でロスなく進めて直線捌ければチャンスはある。

③ダイメイイースター

中央の未勝利戦は流れや位置取りもあって勝ちあぐねたが、2走前に地方交流で楽勝して昇級の前走でも4着。このレースは1番人気馬、3番人気馬が先行して6着以下に沈む流れ。本馬は4コーナーで早仕掛け気味に先頭に立ちながら4着に粘ったのだから強い。同レースで先行して5着に敗れたタガノネクステージが次走の阪神戦で3着に前進、本馬は休み明けだったので息持ちも良くなるぶん余計に前進が見込めていいのでは。懸念は内枠と鞍上。この枠だと今回も強引に先行せざるを得ないのがどうかというのはある(内で控える形での好走歴もない)。

⑫エイシンギアアップ

休み明けで人気になる分3番手としたが、このメンバーで能力は最上位級だと思うし、これまでの対戦比較と稽古を見ればいきなりから動けていい。揉まれない好枠も得たし、人気次第では本馬からという目もある。

穴⑯セカンドエフォート

休み明けの前走にしても上がりは最速。8歳馬でも衰えは感じないし、得意の阪神で流れが合えば差し込み可能。

穴⑪オーマイオーマイ

休み明けで14キロ増だった前走でも勝ち馬から0.4差。近走の差し脚は目立っているし、流れ次第では。

 

阪神7

②サンライズグリット

 

阪神12

④ジョディーズマロン

⑦ゲンパチミーティア

不良で2000mの前走は血統的にもタフすぎたし、2走前は休み明け(それでも0.6差だから着順ほど差はなかった)。ダートの1000mでも勝ち鞍があるぐらいで、今回の条件は合いそう。平場の最終なら減量も生きていい。

 

新潟1

穴⑫ニホンピロナッシュ

 

新潟2

⑨ヴィンテージボンド

前走は不発も稽古内容からあそこまで動けない馬ではない。叩いた方が成績の良い西園厩舎だし、今回は前走以上。母父ホワイトマズルなら、33秒台の上がりを要求された前走の舞台から荒れた新潟に変わるのは大きくプラス。

②ウロボン

③インダミタブル

⑥ソレジャートポスト

 

新潟3

①ショウナンアーチー

穴⑧トーセンインパルス

 

新潟6

⑮エーアイダンサー

穴⑥ベストシンガー

⑭タイセイグラシア

⑦ビーマイベイビー

穴⑤ミューティー

 

新潟7

⑭アスクキングコング

前走は短距離にしてはスローに流れいったいったに屈した形で4着。それでも休み明けを思えば悪くない走りで叩いた上昇も見込める今回は更に良い走りができそう。前回と同じ枠で前走時はこの外枠が懸念だったが、馬場の荒れ始めた今ならこの枠はむしろ歓迎。

⑨サトノルーチェ

⑤グランデフィオーレ

⑦ショウナンアイビー

⑧ピュアカラー

 

新潟8

⑤テーオーソロス

13番人気ながら本命を打った前走は全く意味のない4着、むしろ人気が出てしまうだけ余計な好走といったところだが、幸いまだそこまで人気にはなっていない模様。前走時の3、5着馬が次走で2着と前進しているし、当舞台ではケンハービンジャー(前走1勝クラス3着)を鮮やかに差し切っている。藤岡→鮫島良は減点だが、能力と条件面に期待。

穴⑦エシカル

前走は9-8-8-3と4コーナーから一気に捲り上げたが、あいにく上位4頭までが追い込み馬という極端なバイアス。本馬もいつも通り後方にいればまだ脚を使えていたのではという結果になった(最後の未勝利戦だから勝負をかけたのだろうが)。稽古は動く馬でそれ以前は勝ち上がりも視野に入っていた馬。ハーツクライ×サドラーズウェルズという重厚な配合から前回から開催を重ねて荒れてきた今の馬場の方が合う。

穴⑬スパニッシュアート

穴⑧アキノコマチ

 

新潟9

⑭セルフメイド

前走は4着だが、0.1差2着だったラナチャンスが土曜の競馬で3馬身半差の快勝。今回先着を許したワンモアエフォートも出てくるが、中身は先行した本馬の方が上だった。4~5走前がハイレベルメンバー相手に連続3着。揉まれない好枠を引けたし、能力通りなら押し切り可能。

⑦チェックメイト

前走は勝ちにいく競馬で伸びあぐね。現状では2走前のように溜める形の方が良さそうで。ダートの走り自体は板についてきたし、ここは臨戦的にも巻き返しがありそう。

⑨コスモノアゼット

⑪カインドリー

 


最強競馬ブログランキングへ

↑この穴馬は買っておきたい

よりこだわって記したnoteもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。