狙い馬 競馬

2021.10.16(土)の狙い馬

スポンサーリンク

時間が足りず見解を書ききれないレースもありますがよろしくどうぞ。

 

東京1

穴⑯トーセンクライスト

ひと叩きされて稽古上昇。厩舎的にも叩いた方が動ける。オルフェーヴルに米国牝系ならダート向きかも。

穴⑤トライファン

デビュー戦でもウッドで終い11.5を計時するなど能力の片鱗は示していた。実戦ではスタートで硬直するほど出遅れてしまい競馬に参加できなかったのでノーカウントとしたい。この中間も相変らず動きは上々だし、レース慣れが見込めれば一変する素養はあるとみた。

 

東京3新馬

⑫エリカヴィータ

穴②エメラルセシリア

穴⑥カプラローラ

穴⑨ベリーヴィーナス

 

東京4

⑦ヴァンデリオン

⑪アポログランツ

 

東京11 府中牝馬S

◎④アンドラステ

臨戦過程の良かった2走前を勝ってその反動で敗れた前走。それでも本馬としては限界の上がりを使っているように適性面の差も出た形。今回の舞台も決して合う舞台とも言えないが、2走前にカテドラル(次走京成杯V)、クラヴェル(次走新潟記念3着)、ミスニューヨーク(次走小倉日経OP3着)、ロータスランド(次走関屋記念V)を下した1800mの距離に延びる点は好材料。オープン入り後重賞で3度3着内があるが、いずれも馬番5番以内で今回の内枠も好材料。再びチャンスを得た岩田騎手、人気落ちのここらでそろそろ重賞初Vがないものか。近2走内にレベルの高い牡馬混合重賞を勝ちながら、前走の敗戦だけで人気急落の今回こそが狙い頃。

○⑮ドナアトラエンテ

前走はいかにも川田騎手らしい積極策だが、2走前の上がり33.7に対して3秒も遅い36.7では決して持ち味を生かした騎乗とは言えなかった。今回は溜めを利かせる競馬を示唆しているし、軽い馬場の東京替わりも歓迎。全姉ドナウブルーが当レースで③②着があるし、当然ながら舞台適性も高い。

▲⑦シャドウディーヴァ

脚元に不安のあった前走に比べて調整過程アップ。東京も合っている。こういう混戦になると騎手の比重も大きくなるが、気楽に乗れる時の福永騎手は強い。しれっと3着ぐらいには。

★⑤シゲルピンクダイヤ

前走は大外の不利。2走前はヴィクトリアマイルで2着から0.1差5着なら力は上。3走前も7着ながら0.2差と衰えは見られない。去年の当舞台は重馬場で動けなかったが、この舞台自体はこなせる。中日新聞杯のような好位からの抜け出し期待。

△⑰デゼル

無難にいくなら当舞台では3戦3勝のこの馬か。マジックキャッスルとは互角の力も臨戦過程はこちらが上。ただ、展開次第では取りこぼしもありうる枠と脚質で個人的には本命までは微妙という感じ。

△⑬マジックキャッスル

臨戦はやや微妙。でも無視できずの位置。

穴⑭マルターズディオサ

前走は出遅れて本来のスタイルが取れない形ながらもグレナディアガーズに追従する伸び脚を見せた。本来の先行抜け出しの形が取れるようなら粘り込みがあっても。

穴⑪アブレイズ

2走前に牡馬相手のOP勝ち実績は大きい。以前から稽古はG1級。

※これでも絞った方だけど、まだ書ききれない不気味な馬がたくさんいるね。スマートリアン、リアアメリア、サトノダムゼル、サンクテュエール…などなど。書ききれないと言いながら書いてるけどw。これだけ悩ましいレースは勝負ではなく、観戦料程度の参加にしましょう。

 

東京12

⑩ボイラーハウス

前走はあまり良い臨戦過程ではなかったし、馬体重も10キロ増やしていたので怪しんでみていたが、あっさり勝ち切るあたり充実している。デビュー以来10戦5着以下なし、1200~1700mまでどんな条件でもしっかり伸びてくる素養はクラスが上がっても通用しそう。初の東京がどうかというところだが、ここは勢いに乗ってみたい。

①バクシン

1年前にオキザリス賞を楽勝した時に下したスペクタクル(3着)が現3勝、カレンロマチェンコ(4着)にいたってはOPも勝っている。その後の本馬は4戦すべてOP以上(2重賞含む)だし、前走に至っては芝のシンザン記念なので挑戦自体が無謀だったかと。休み明けにはなるが、現級上位の資質は間違いないし、稽古も及第点の動き。前走でヘニーヒューズ産駒の全く結果の出ていない条件を使ってからの今回適条件の流れは臨戦過程的にも評価できる。

⑬ノーベルプライズ

いいところまでは来るがパンチ不足の典型。前走は臨戦過程が他馬に比べて良かったので本命視したが、ハイペースなのに前の止まらないバイアスを4コーナー10番手からでは厳しかった。それでも伸び脚は目立っていたし、鞍上からは「使ってこの後はさらに良くなりそう」との発言も聞かれた。中途半端に好走するので中途半端に人気してしまうのが嫌なのだが、この舞台でも実績はあるし、クラス上位は確かなので前走からの上積みに期待して。

④アストロブレイク

近2走人気に支持されながら13着大敗と半信半疑だが、現級②③着があるし、この手の気で走るタイプはきっかけひとつ。稽古は相変わらず微妙だが、福永騎手が継続ならそれなりに脈はある?

穴⑮コモレビキラリ

穴⑭プレイヤーズハイ

穴③ダンシングサンダー

 

阪神3

①スパイダーバローズ

⑨シホノスペランツァ

④ミティエラ

 

阪神7

⑤トレデマンド

⑦イツカハシャチョウ

⑨エルモドーロ

穴①シーニックルーズ

 

阪神10

④ディアセオリー

⑨シゲルソウサイ

穴⑩エールブラーヴ

穴⑪ヒルノダカール

 

阪神11

①メモリーコウ

④アッシェンプッテル

⑮ベルダーイメル

 

新潟3

⑨シゲルヒラトリ

3走前にスズジャッカルを5馬身突き放した未勝利勝ちの内容は圧巻で、まともなら前走ほど動きない馬ではない。前走時も稽古では動けていたが、やはり一度実戦を経験した効果は大きく、2週連続ウッドで11秒台を連発。

④カツノサンキュウ

こちらも未勝利勝ちは6馬身差。昇級初戦も0.2秒しか負けていないし(5着)、この時の②③④⑥着馬が既に1勝クラスを突破しているから本来の力を発揮できれば1勝クラスでも勝負になるはず。今回は休み明けで稽古も甘くどこまで力を発揮できるかだが、平坦D1200mは合っているし先物買いで。

 

新潟6

⑫パウダリースノー

①シナモンスティック

⑤シナモンロール

⑨ブルトンクール

穴⑪セントイライアス

穴⑧タマノフィオーレ

 

新潟7

穴⑦スパニッシュアート

 

新潟10

⑩タンジェリンムーン

デビュー以来ほとんど崩れていない馬が近2走は⑥④着。いずれも1番人気だったことを思うと不甲斐ない敗戦だが、2走前はマイルの上がり勝負に対応できず(3走前もマイルだったが重馬場で3着)、前走は現級上位常連馬が集いレベルも高かった。今回もセラフィナイト、ハリウッドヒルズあたりはいるが、未勝利馬も混在し前走ほどではないのでは。正直、新潟1800m向きの血統とも思わないが、今回は臨戦過程も1番良く能力自体も上なので最上位評価。

穴③エニシノウタ

3走連続1番人気を③④⑤着して結局未勝利突破できなかったが、稽古からは1勝クラスでも通用しそうだし、相手なりにも動けそうなタイプ。

 

新潟11

⑮ガンケン

前走は良い手応えで直線に向きながら追ってから案外。それでも近2走とも0.5差以内で走れているし、得意の当舞台変わりでもう一歩前進。逃げ先行馬が揃い展開利も見込める。

⑤スワーヴシャルル

逃げ先行馬が揃いその直後から進められそうな展開利、素晴らしい調教、ダート替わりも歓迎

 

新潟12

⑦クルークヴァール

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログからはこの馬

noteもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。