狙い馬 競馬

2021.1.31(日)根岸S、小倉ほか

スポンサーリンク

時間が足りず小倉分は見解がなくてすいません。

 

東京11 根岸S

◎⑭アルクトス

当初想定されていた人気と異なり6番人気。調整過程からも陣営のコメントからも次走に向けて感がありあり、59キロも嫌われたからなのだろうが、この人気ならあえて本命に推してみたい。もともと臨戦過程ではメンバー中トップだった馬だし、東京が得意なら距離短縮も合う。土曜のダートは時計が速く上がりも34秒台が出ていた。2走前に芝並みの時計でレコードを出した本馬にとってはおあつらえ向きとも思える馬場だし、終わってみたらやっぱり強かったじゃんという結果を期待して。負けたら負けたでやっぱり叩き台だったか…となるのだけど(笑)

○⑫テイエムサウスダン

先行しながら最速上がりの前走勢い本物。既に東京実績もあるし、この馬に関しては揉まれない外枠もプラス。当初こちらが本命だったけど、アルクトスのオッズ妙味に動かされてしまった…

▲①ワンダーリーデル

鞍上不安と枠が不安だが、当初は本命も考えていた。武蔵野Sからという相性の良い臨戦だし、その武蔵野ではタイムフライヤーあたりには先着、切れ味でも勝っていた。終いにかけるスタイルでどこまでといった感じだが、うまく捌ければ能力自体は落ちていないので。

穴⑩メイショウテンスイ

前走は臨戦悪く太目で度外視の一戦。東京実績もあるし、絞れてくれば巻き返しがあっても。

△⑥タイムフライヤー

穴⑨ヘリオス

穴⑧スマートセラヴィー

△③レッドルゼル

 

東京5

穴①セレンゲティ

デビュー戦では1番人気に支持された馬。そこまで目立つ稽古をしていたわけではないが、アルーシャやプライドランドの下という良血だからというのもあったろう。府中に変わった前走で切れ負けした感があったので引き続いての東京はどうかも、マイルは悪くないし、この内枠でロスなく運べれば前進が見込める。20倍以上つくなら狙って損はない。

 

東京10

穴③フォルコメン

この馬は私がウイングレイテストで散った初富士Sの時から特別登録をしていて、当時出走してきたら厚い印を打つ予定だったほどだが、なぜだかここまでスライドしてきた。それだけしっかり乗り込んできて状態面の不安はないだろうし、能力的にも昇級初戦の4走前に1番人気2着しているぐらいなので上。近3走とも上がりを要求される流れになって対応できていないが、ここは切れる馬はテルツェットくらいでメンバーにも恵まれた感あり。内枠でロスなく乗られればチャンスはあるし、本馬も20倍以上つくなら狙う価値あり。先に挙げたサンライズオネストが穴と思ったら6倍台の4番人気なら妙味の面ではこちらの方がいいかも。

 

中京4

穴⑨リキサントライ

1200mで勝ち上がった本馬にとって前走は明らかに距離が長く、それ以前もずっとOP級に使われていたので致し方ない敗戦。今回は久々の自己条件で距離も合う。ネオユニヴァースに母系にブライアンズタイムの名が見えるならダートで良さが出てもいい。

 

小倉2

④メイショウコデマリ

⑥ジョージバローズ

 

小倉6

⑩テーオーソロス

⑬ロードトランス

 

小倉9

穴⑨シエラネバタ

 

小倉11

⑮エレヴァート

⑬リレーションシップ

⑰メイショウミモザ

穴⑤ワールドフォーラヴ

⑦タマモティータイム

危険人気⑯センショウユウト

 

小倉12

穴⑮テイエムクロムシャ

 


最強競馬ブログランキングへ

今週もありがとうございました。

この後、手書きノートでも書きますかな。

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。