狙い馬

2020.9.27(日)中京の狙い馬

スポンサーリンク

朝になって少々慌てて仕上げました。誤字脱字等あっても意味が分かればそのまま解釈してくだされ。

では今日も楽しく頑張っていきやしょう。

僕は、森林公園にいくか、黒山三滝にいくか迷ってます。

いずれにせよ遠出です。出先で負けると雰囲気が一気に悪くなるので勝ちたいです(笑)

 

中京5

④ノースブリッジ

負荷の軽いポリ調教主体のルペルカーリアがどんな競馬をするか注目の一戦。調教の時計的には本馬の方が上だが、モーリス産駒の初戦というのは気になる。まぁ見る一戦でしょう。

 

中京7

穴④ロンリーハート

長期休養明けから2戦は大敗だが、一時期先行することすら出来なくなっていたのが、前走で先行できた点は今回の1200mを走るにあたってはプラス。前走で差を付けられたメイショウベッピン、レッドリボンらと再びまみえるが、この距離なら本馬の先行力が生きる可能性があるし、叩き3戦目で松山騎手へのチェンジもそれなりの勝負度合いを感じさせる。ただし、相手が弱くて意外と上位人気に支持されそうな感じもあり、そうなれば妙味はゼロ。

 

中京8

①ダノンセレスタ

北海道戦は少頭数のスローばかりで本馬の持ち味が活きなかったが、タフで終いまで持続的な脚を要求される中京2000mはベストと思える舞台。馬体重が絞れてくることを条件に軸として信頼。しっかり位置を取って直線もスムーズに外に出せれば。

穴②ウインサンフラワー

4走前のこの舞台で逃げてあわやの2着があり舞台適性はある。前走の逃げ切りも鮮やかだったし、ここもすんなり行けるようなら休み明けの昇級でもチャンスはありそう。なお、2~3走前はいずれも不利があっての敗戦。

穴⑧アイロンワークス

上がりを要する条件を得意としており、稍重の未勝利を7馬身差で快勝。そうした条件下ならエンデュミオン(0.3差)やファルコニア(0.5差)といった神戸新聞杯出走馬たちともそう差のない競馬ができているし、ここも積極策でしぶとさを生かせる流れになれば。

 

中京9

③エレヴァート

現3勝クラスで活躍するメイショウミモザを未勝利戦で完封した馬で、本馬もまだ上が臨める器。3走前こそ鞍上と手が合わずちぐはぐな競馬で大敗したが、この2走は終い確実に脚を使えるようになっている。ここはあまり悠長に構えてもらうと危うい舞台だが、臨戦過程は抜群だし、鞍上が馬を信じてしっかり乗ってくれればといったところ。

⑥アースローヴァー

前走時計は凡庸だが、時計には現れない強さと上昇度を感じさせる。キンシャサノキセキ産駒はこの舞台との相性が良く複勝率は31%。今回は下記に挙げた2頭も同産駒で、どれかはもしくは複数が馬券になる可能性もあると見る。

①サヴァイヴ

⑩レジーナファースト

穴④ジョニーズララバイ

2走前は出遅れ、前走は直線スムーズさを欠いた上に二桁馬体重増で展開も向かなかった。近2走以外で崩れたのはダートと休み明けの2戦のみという本来は堅実な馬だし、ここも展開の助けがあれば差し込みがあっていい。

 

中京10

③ブルーメンクローネ

前走は3ヶ月足らずで+20は明らかに太く度外視の一戦。2~3走前に牡馬相手に勝ち負けできているし、もともと芝ダート兼用(むしろ安定感ではダート)。奥手だった母の血からまだまだ上昇もありそうで。

穴⑥リトルモンスター

前走はアクシデントがあって途中で競馬をやめての大敗でまだ現級でも底は見せていない。2走前の東京戦が2番手からあっさり後続を置き去りにする強い競馬内容で、あのスタイルは今の中京ダートのバイアスにマッチ。

穴⑩マイネルラック

このクラスでも2度の3着がありいずれも今回同様のハンデ戦。5走前に13番人気3着だった際も推奨して恩恵に預かったが、今回はローテ的には当時に近い臨戦。2度あることは3度あっても不思議ではない。

 

中京11

◎②コントレイル

○⑥マンオブスピリット

ローテきつく流れにも乗れていなかったダービーを度外視すると、それ以前の3戦はいずれも上がり最速。未勝利ではフライライクバードに楽勝、1勝クラスでも重賞上位実績のダノンアレーを完封。休み明けで一気に距離の延びた京都新聞杯でもその末脚にかげりはなく、今回と同距離での好走も大きい。これだけしっかり末脚を計算できるのは強み。追わせる馬にデムーロというのも合いそう。

▲⑭ディープキング

デビュー時から高い評価を与えていた馬で、当時は本馬が本命で対抗がディープボンドだった。そのいずれもが3着以下に敗れたのはほろ苦い思い出だが、その2頭がきっちりこの舞台に駒を進めてきた。本馬にとって前走の小回り福島は合っているとは思えないが、それでも終いに脚を伸ばして3着。母父がドイツ血統のアカテナンゴという配合で、同産駒のドイツ馬ランドは、かつて府中の広々としたJCで優勝。中京2000という舞台は悪くないだろう。父×母父の組み合わせで言えば、ワールドプレミア、ワールドエースらと同じ。キャリアが浅くまだ伸びしろは十分だし、血統や素質だけなら今回のメンバーでも見劣らない馬とみている。

△⑪ディープボンド

2200mという中途半端な距離の重賞を勝っている点はプラス。その京都新聞杯は、ハイペース先行から、直線は一旦手応えが怪しく映りながらも、外からマンオブスピリットが合せにきたら再び勝負根性を点火させるしぶとい内容。今の中京のトラックバイアスに合った脚質でもあり、タフなローテでダービー5着という実績はやはり軽視できない。

△⑰マイラプソディ

△⑮ファルコニア

×⑦エンデュミオン

 

中京12

⑧ヤウガウ

⑬コマノバルーガ

④カムカム

 


最強競馬ブログランキングへ

中京の勝負候補馬

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。