狙い馬

2020.9.12(土)中京の狙い馬

スポンサーリンク

中京1

穴②アシナダカ

1400mをベストとするタイキサターン(父タイキシャトル)の下。本馬はエイシンフラッシュ産駒なので、この距離短縮は微妙なところだが、前走の先行力を見れば対応できそうだし、坂路の動きも上々で上積みも感じる。

 

中京6

④トレーンベアラー

前走時も推奨したが、3番人気まで支持されたのは誤算だったし、そもそも延長向きタイプではなかったか。今回は3走前に大楽勝した舞台。メンバーレベルが低く再び人気にはなるだろうが、今回は実績のある舞台で素直に評価。

⑥ハリーバローズ

未勝利勝ち時に3馬身つけたジゲンはその次のレースを勝ち、1勝級も連勝。そこからさらに7馬身離された3着アメリカンニーニャ、4着トロイカ、5着サンビーストもすでに勝利しているように、本馬の潜在能力は1勝クラスどころかさらに上のクラスでも上位級。前走は芝だし、ダートなら休み明けでもあっさりがある。それでも本命にしないのは、妙味の面で本命馬に劣るため。

⑬エターナリー

休み明けでもそれまでの安定感は特筆もの。前走は逃げて勝ったが、どんな競馬もできるし、まともならここも相手なりの堅実さを見せそう。

⑤カヴァス

穴⑭リライト

 

中京11

⑫ブルベアイリーデ

重賞の近2走は壁にぶつかっているが、OP特別なら既に勝っているように能力は上位。左回りの1400mという舞台も悪くない。今回は坂路で自己最速時計をマークするなどしっかり立て直された印象だし、稽古から吉田隼人騎手が手綱をとっているのも好印象。

穴⑦アードラー

昨夏1700mで勝ってからは中距離も交えて使われているが、やはりベストは1400mだろう。今年に入ってからも1400mに限れば、家賃の高い重賞を除けばいずれも4着。年初のすばるSでは重賞でも活躍するスマートアヴァロンをしのぐ35.7の上がりを駆使してそのスマートとタイム差なしの4着。3走前の栗東Sもサクセスエナジーやファッショニスタらが先行してそのまま押し切る形、後方各馬にはノーチャンスだったがここでも35.7の上がりで4着。1400mなら安定してこの脚が使えるし、近2走の中距離は度外視して狙ってみたい。

穴⑬ビックリシタナモー

2走前の阿蘇Sで勝ち馬から0.3秒差の5着。まだ目立った衰えは観られないどころか、徐々にOPにも慣れてきた感がある。前走は前しか残らないバイアスだったし、後方からの競馬の本馬には度外視の敗戦。恵まれてようやく3着あるかどうかという感じはあるが、昨夏もこの舞台で2着があるし、OPでこの馬が馬券になるとしたら1400mでハイペース前崩れになった時。そういう流れを期待しての穴。

 

中京12

◎①ヴェントボニート

○⑥オーマイダーリン

▲④クレデンザ

2走前にポピュリズムやメイショウミモザ(現3勝)を下して休み明けV。前走はその反動だろう。デビュー戦でもクラヴェル(現3勝)の2着しているように、まともならここで巻き返してもおかしくない。

△⑩グラニータ

△⑫サンディレクション

△⑨ベストクィーン

穴⑬サンライズラポール

穴⑪ヒロシゲサンライズ

※人気のディープ産駒2頭は後方脚質だけに楽観はできないが、 ヴェントボニートに関しては好位につける競馬もできるし、能力的には1勝クラスでは明らかに上。後方で展開不利となった前走を糧にここは巻き返しを期待。4戦連続上がり1位のオーマイダーリンもまともなら崩れない。これらに割って入るとしたらやはり先行タイプ。

 

 



最強競馬ブログランキングへ
中京はこの馬で

 

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。