狙い馬

2020.8.29(土)札幌の狙い馬

スポンサーリンク

おはようございます。

昨日は寝るのが深夜1時になってしまったけど、相変わらず5時には目が覚めてしまうね。

まだ眠いんだよ…。でも、おかげで札幌も予想することができた。

 

今日は8時半には家を出ていろいろと予定があるんだよね。

よって、予想はパラパラと挙げてきたけど、自身が買うのは少数厳選で行くことになりそう。

自分が買わないレースを挙げるのはどうなんだ?というジレンマはいつもあるんだけど、それでも挙げてほしいという声もあったりするので、買うレースしか買わないとレースが少なすぎて人が来なくなってしまうので(笑)

そんなわけで今日もご参考まで。頑張っていきやしょう!

 

札幌6

④デイトライン

デビュー2戦で差のない競馬をした馬たちの多くが勝ち上がっているように今の未勝利なら明らかに上。ノーザンがここに合わせて満を持しての出走だし、デインヒル系の父と母父シングスピールという配合なら洋芝適性も高そうで。

穴⑬ティラミス

兄弟はブラヴィッシモ(5勝)、スワーヴアーサー(4勝)ら4頭が勝ち上がっているが、すべて芝での勝ち鞍。ディープインパクト産駒の本馬が一度も芝に使われていないのが不思議なくらいで、条件替わりで一変の可能性はある。距離的にも1200mは短く1800mで長い印象の現状、デビュー2戦で3着したマイル前後の今回なら距離的にも前進が見込める。

穴⑨ヤマニンボンマモン

格上挑戦の前走で4着しながら22倍の低評価。この人気なら自己条件なら買える。

危険人気馬⑥デュアルネイチャー

 

札幌8

③タマモパッション

⑬メイショウカスガ

⑩ラフリッグフェル

⑭マジックリアリズム

危険人気馬⑥オレンジペコ

※人気のオレンジが臨戦的に怪しいのでちょっと気になるレースだけど、こういう時はボックス馬連とかかなぁ。

 

札幌9

穴⑩ウシュバテソーロ

週中にブログランキング欄で狙い馬として挙げたが、登録頭数が多かったので当時はこんなに少頭数になるとは思っておらず。多頭数でペースが流れる方が望ましいタイプだし、内枠を希望していたのによりによって大外と一気にテンションは下がった。ただ、前走は休み明けで気持ちの乗らないレース振りだったし、叩かれた分の上積みはありそうで。元値はこのクラスでは上の馬が人気急落なら妙味的にも買える。

 

札幌10

⑬アレス

前走は4コーナー2番手の積極競馬で4着だったが、休み明けで+12を思えばよい感じにまとめたのでは。本来はもう少し溜めを利かせる競馬が理想で今回はそういう競馬を試みてくれるはず。

⑩ミニオンペール

前走は直線前が壁でなかなか追えない不利。道を探しつつ追い出してからはしっかり伸びていたし勿体ない競馬となった。ただ、逃げ先行だった馬が差す形でしっかり脚を使えていたように馬自身の成長を感じるし、連闘の意欲も買って。

②クリノアリエル

前走時も狙っていたが、肝心な時に出遅れ、直線もゴチャついてなかなかアクセルをふかすことができず。本来は臨戦的に前走時が狙い時だったが、不完全燃焼での連闘だろうし、1200mのペースを経験できた今回は前進の可能性も。

穴⑧イルヴェントデーア

穴①タイセイトレンディ

 

札幌11

◎⑭ハーメティキスト

昨年の当舞台の富良野特別ではトーセンカンビーナを4馬身完封。あの衝撃から以後は人気先行となっていたが、今回は前走の一番人気から急落。コース適性は間違いないし、叩き2戦目の上積みもある。重賞OPで活躍中のトーセンスーリヤやウインガナドルらと差のない競馬をしていたし、今回の人気馬より対戦比較でも優位に立っている。

○⑪ヒシゲッコウ

昨年の阿寒湖特別は圧巻の強さで札幌適性の高さを見せた。キャリア一戦の身で挑んだプリンシパルSでもサダルの3着と素質はOP級。去年の阿寒湖で勝利に導いたルメール騎乗でない分対抗としたが、臨戦的にも面白く本命と迷った馬。

▲⑯レッドアステル

対戦比較からも能力上位は確かだが、頓挫があって中間のレース予定を取りやめた経緯などもあったようだし、牡馬相手の3勝クラスを人気で信用していいものか?となると微妙なところもある、枠も大外に入ってしまったし。あっさりがあってもおかしくはないが、▲が妥当かと。

☆④ジョブックコメン

△⑤ドンアルゴス

☆⑦シフルマン

△⑫ハウエバー

☆③ウィナーポイント

危険人気馬⑧レッドアルマーダ

前走時も懐疑的に見ていたが、ルメールが逃げた時点でこれなら来るなと思ったもの。逃げて揉まれない競馬を選択したことであれだけ強い勝ち方をしたということは揉まれる競馬だとリスキーだとも言え、おそらく逃げることのできない今回、さらに少頭数ばかりだった馬が多頭数に変わっての難しさもある。ルメールの当舞台の戦績は抜群だが、あえて控えめ評価としたい。

※☆は穴馬。ここは上位人気に死角が多く、3連系なら手広くいくことになりそう。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。