2020.7.25(土)札幌の狙い馬

2020.7.25(土)札幌の狙い馬

祝日だというのに仕事中。

今も残業中なんだけど、間隙をついて札幌だけは挙げておこう。

見解はほぼ水曜日の想定段階で作成していたもの。その分、ダノンセレスタのレースなんか、出走予定だった穴馬が他のレースに回ったりして、書いた分が無駄になったものはあったけど、でも予想外にこんなに忙しくなったから、時間のある時に書いておいて良かったなと。

狙い馬が少ない分、個々を深堀りして少し長文になったりしたけど、それはそれで読む気が失せる懸念もあるから、ちょうどいい長さの見解って難しいところだね。

いずれにせよ、今週は2場になったのもあるし、開幕週でもあるし、あまり魅力のある馬はいないしで、土日で各1~2頭ぐらいに狙いを定めて一極集中でいくかも。

新潟の分の見解はまだ手をつけていないので、とりあえず札幌だけ先に。

 

札幌4

④エスポワールミノル

初戦時に経験馬相手でも勝てる稽古は見せていた馬。ただ、稽古と実戦は違うもので、この2戦は期待ほどの結果は出ていない。それでも3戦目の今回はそろそろレース慣れが見込めるし、ダート替わりが奏功する可能性も。未勝利のまま終わってはいけないレベルの馬だと見立てているし、さすがに人気も低下しそうな今回は今一度注目。

 

札幌6

③ロッソビアンコ

低レベルのデビュー戦で3着した以後の7戦はいずれも馬券外。買いにくい馬ではあるが、そのデビュー戦が今回と同じ2000m。この距離は2度しか走っていないが、本馬には最も合っている印象を受ける。

以後、しきりとマイル戦も使われているが、父オルフェーヴルならやはり2000mがベターだろうし、母ボンバルリーナも2000mで2勝を挙げた馬。マイル戦でも本馬自身は34秒台前半の上がりを使っているのだが、それ以上の脚を使う馬はザラにいる。やはり上がり勝負よりはある程度上がりを要した方が向く配合だ。

ダートはこなせそうに思うが、この馬自身は小柄だし、芝以上にパンチ不足を露呈した内容からもその2戦は度外視可能。

前走の2400m戦に関しては、不良で極限のスタミナ勝負となり、自身の上がりが42.1。さすがにここまでタフだと対応しきれずといった感じで。

こうした諸々から今回の札幌2000mという条件はベストと思えるし、札幌2000mという舞台は、前走で今回より長い距離を走っていた馬(距離短縮)の複勝率が23.5%、逆に延長馬のそれが16%という点もプラス。

まして本馬はかなり過酷な条件からの臨戦で、疲労さえ残していなければ大幅条件好転ということで、臨戦過程評価も(↗)

追い切りからは疲労の見極めは難しいが、少なくともウッドでの最終追い切りは前走以上の好ラップを刻んでいるので体調面に不安はないと判断できる。

 

札幌9

⑤ダノンセレスタ

この馬が今回買えるかどうかの指標として最終追い切りを挙げていたが、目論見通り馬なりで12秒台を計時してきた。全体ラップが速かったとはいえ、前走時が終い一杯で13秒台後半だったことを思えば叩いての上積みは明らか。今回は前走のようなことはないとみる。

ただし、この馬は少頭数よりも多頭数向きだと思っているが(少頭数は上がり勝負になりがちで)、登録段階よりも頭数が減ってしまって、その点では妙味も勝機もやや落ちた感。それでも継続騎乗のルメールだし、無難に決めてくれるとみる。

ちなみに、過去5年、夏の札幌1勝クラス芝2000mにおいて最多勝ち鞍を挙げているのはハーツクライの6勝(6-1-2-12)。ディープ(4勝)、キンカメ(3勝)らに勝率は劣るものの、しっかり勝ち切っている。未勝利戦だと同時期の同条件で勝っている馬がいないのが不思議なくらいだが、1つ勝ったハーツクライ産駒がこの夏を境に躍進するというイメージでいいのではないだろうか。

相手候補は例年、夏の洋芝で好成績を挙げるマイネル軍団。切れないがしぶといというキャラ舞台に合っているのだろう。

筆頭格は④マイネルソラスなのだろうが、人気になることが目に見えているし、良馬場で勝ったことがあるとはいえ、近2走の不良馬場の走りを見ると開幕の軽い馬場がベターという感じもしない(それでもここまでメンバーが軽いと軽視はできないが)。

今回はあえて②マイネルデステリョを上位に取る手もある。前走は危険人気馬に指名したが、もともと型にハマらなければもろい面があり、人気で買うタイプの馬でもない。

ただ、逆を言えば型にさえハマればいつでも好走できる下地はある馬ともいえる。日曜日に平場の1800m戦があるのだが、前走を踏まえてなのか相手の強い2000mの特別に出走してきたとなれば、今回は要警戒の一頭となりそうだ。

他では⑧ディーイストワール。アテにできないディープインパクト産駒だが、今回の舞台で2勝を挙げたエレクトロニカの全弟で舞台適性は高そう。未勝利勝ち時のひと捲りの内容が優秀で、まともなら現級でも勝ち負けできる馬。前走は休み明けのダートで度外視。叩いての上積みにも期待。

穴なら以前から能力を買っていた⑦グレルグリーン。後方からの馬の向かないコース、かつ開幕週。ただ、その不利もこの頭数ならそこまで気にしなくていいか。

 

札幌11

⑩アンブロジオ

ひところ不振にあえいでいたが、もともとはこのクラスでも連続2着の実績があった。7戦連続二桁着順を続けていた後の2走前はさすがに狙いづらい面もあったが、ようやく去勢の効果が出てきたというところかもしれない。

まだ半信半疑な面のあった前走も4着と好走。好枠だったし、インのポケットという絶好の位置を取れたことにもよるのだろうが、労せずその位置を確保できたという点がこれまでになかったことでその点を評価。

先行して好走したが、もとは差す競馬もしていたので、今回はどう乗っても対応できそうだ。

5歳ならまだ老け込む年齢ではないし、弟がラウダシオンなら血統的な奥行きもまだあるのではないか。まだそこまで人気にもならなそうで妙味の面からも面白い。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ここまで少ないとあえてランキング欄に載せるほどでもないので。

良かったら応援ポチをお願いします。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。