狙い馬 競馬

2020.12.19(土)中山の狙い馬

スポンサーリンク

今日は競馬新聞を見る前に早めに出しちゃいます。ターコイズSだけはもう少し詰めたいので後程に。

 

中山1

⑩チュイション

デビューからの2戦はいずれもスタートがよく、前走に関しては2戦目でスピードの乗りも良くなっていた。終いは捕まって4着だが、見せ場十分の逃げだったし、ひと叩きの今回はさらに粘りが増しそう。父母ともにスピード優位の血筋だし、本馬自身のスタートセンスの良さとブリンカーの装着も相まって、ここは前走以上が期待できそう。

穴11 ホノノルーカ

母はサンデーサイレンス産駒だが、ダートで勝ち上がったし、その全兄イサオヒートもダートで7勝を挙げた馬。モーリス産駒もこの舞台で4度出走があり、1-2-1-0と3着を外していない。ダートで変わり身があっていい。

①アルトヴォラーレ

取り消しとなったデビュー前から稽古で及第点の動きを見せていた馬。仕切り直しの2走前でいきなり好走したあたりやはり力はある。前走はその反動もあったろうし、臨戦も(↘)だった。今回は距離を詰めてのダートということで未知な面はあるが、前走のスピードから距離は問題ないだろうし、母系もダートで走れる血を持っている。それなりに人気してしまうだろうから2番手評価にとどめたが、今回は臨戦過程もいいし、あっさりがっても不思議なし。※初ダで最内が微妙な分3番手に。

 

中山2

⑧ペイシャオウユー

デビューからの2戦も好走してはいたものの、道中は後方からの競馬を強いられていた本馬が、前走ではマイルに距離を詰めたにも関わらず5番手を追走。勝負どころでも楽な手応えで、これなら3着内もと一瞬は思わせた。最後は切れ負けする形で5着止まりだったが、最後までジリジリと脚を伸ばしていたし、一戦ごとにレース内容に進境が伺える。アイルハヴアナザー産駒なら東京マイルよりも今回の舞台に適性があるし、このタイミングで戸崎騎手への乗り替わりも勝負度合いの高さを物語る。ここまで育ててきた丸田騎手にとっては、さして落ち度がないだけに無念の手替わりとなろうが、その分戸崎騎手にはしっかり結果を出して欲しいところ。

 

中山3

⑭シュアーヴアリア

ソツなく乗られた前走だが、中山1200mらしく基本的には前残り。ゴールドシップ産駒の本馬にとって初の短距離戦に若干の戸惑いはあったろう。最後は前を捕えきれず後続の3着馬にも差されて4着だが、3着馬は現役時代に父のライバルだったワールドエース産駒で、ここは適性の差が出た感。2度目の本舞台なら追走にも余裕が出るだろうし、週を経て多少なりとも時計の掛かる馬場になっている点もプラスに働いていい。前走で差された3着馬も出てくるが、今回は本馬の方が臨戦過程も上。このタイミングで戸崎騎手への手替わり。やはり実質関東No1にはいいタイミングでいい馬が回ってくる。

⑩コスモサンレミ

今週の坂路では騎手騎乗とはいえ自己最速。夏から使い詰めながら、中1週でこれだけ追ってきたあたりまだまだ上積みが見込めそう。前走は最悪の臨戦過程だっただけで能力負けとは思わないし、本来は中山は合うはずのマツリダゴッホ(×ロージズインメイ)産駒。ここは巻き返し有望。

穴①ハローマイキー

 

中山7

⑧アオイカツマ

デビュー時からウッドで5F65秒台を計時していたように能力は秘める馬。それを必ずしも実戦で発揮できない一面はあるが、2走前に勝ちに等しい2着があり、前走は臨戦過程が悪かったので悲観する5着ではない。戸崎騎手が降りるのは気がかりだが(おそらく先約を優先)、この舞台の複勝率ではデムーロ騎手の方が上(デム48%、戸崎45%)。母サウンドオブハートはこの舞台で芙蓉SとターコイズSのOP2勝。本馬にとっても舞台替わりは歓迎だろう。

⑨ビューティフルデイ

初戦は勝ち馬の驚愕の切れに屈したが、相手もディープインパクト産駒の期待馬。本馬とて先行しながら勝ち馬に次ぐ上がりは使っており、力のあるところは見せた。全兄トラインが現OPとすでに実績のある配合だが、兄は左回りのマイルがベストという馬。本馬も小回りよりは広いコース向きと見て(+妙味の面からも)対抗にとどめたが、能力的にはすぐ未勝利は突破できそう。

⑮レッドルーベンス

前走はいいペースで逃げたが溜めが利いていない感じだったし、結果的に差し馬上位独占のバイアスに泣いた。初のマイルとなるが、この距離なら自然と溜めが利くだろうし、父産駒の複勝率はディープやカナロアを凌ぐ36%台。三浦騎手がビューティフルデイを選んだことで察しは付くが、それでも臨戦的には本馬の方が上だけに三浦騎手を見返す激走に期待。※この枠は微妙

 

中山9

⑤アラビアンナイト

前走時の2、3着馬が次走でいずれも着順を落としている点は気がかりも、それらをモノにしなかった本馬には無関係と捉えたい。この時期の特別戦としてはかなり相手に恵まれたし、臨戦的にも本馬が最上位。ここは人気でも信頼したい。

穴⑦サニーオーシャン

他に自厩舎の馬が2頭も出走していながら、あえて連闘に踏み切った勝負度合いの高さに注目。前走は臨戦的にも動ける態勢になかったが、その割の僅差の5着と善戦。自己条件なら力は上。初のマイルとなるが、ロブロイ×バゴなら距離延長も歓迎では。距離が延びれば好位からの競馬もできそうで。

穴⑫ウインミニョン

スローの先行優位の流れを差し切った2走前の末脚が圧巻。前走は流れも向かず敗れたが、あの一戦だけでは見切れないものを持っている。ダノンシャンティはフジキセキ産駒だが、母系に欧州の血を持つ一介のスピードタイプといえない配合馬、そこにブライアンズタイムがかけられた本馬にとって、初の中山も良い方に作用する可能性十分。

穴⑧マルス

今週の坂路の動きは上々。距離を延ばして2走前のような逃げが打てればしぶとさを生かした逃げ残りも。

⑥シュネルマイスター

③アヴァノス

 

中山10

⑫キャンディスイート

この舞台で3勝、現級でも2着。前走は臨戦過程が悪かったうえに実績のない東京で、それでも5着なら上出来。今回は臨戦過程も良く。

 

中山12

②アップライトスピン

休み明けの前走で一番人気の支持は少々重荷だったが、2走前にレイパパレ、3走前にヒシイグアスと僅差の勝負を演じていた分も加味されたか。レースがハイペースの消耗戦になったのも休み明けの本馬にとっては苦しかったろう。ひと叩きされた今回は中間の稽古も上々で上積みは確か。中山では結果が出ていないが、母父ディストーテッドヒューマーからも持続戦となりそうなこの舞台はむしろ向いている感。この舞台の敗戦は重賞(紫苑S)だっただけに度外視可。今回はその時の鞍上田辺騎手と2度目のタッグ。1度でも背中を知っているのは心強いし、鞍上も2度目の騎乗依頼に腕を撫すことだろう。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

週中にここに挙げた馬以外で面白そうな馬を挙げときます。

今週は週中の更新が皆勤できなかったので、ランキングが下降気味。更新のモチベに応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, , ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。