狙い馬

2020.11.7(土)東京の狙い馬

スポンサーリンク

さて、今週はいよいよ11月競馬。

今年もあと2か月って信じられる?

今年は厄年じゃないのに厄年みたいな年だけど、競馬だけは変わりなく続く。

コロナにも負けなかった競馬。ありがたいこったね。

あすも頑張っていきやしょう!

 

東京1

③テイルウインド

初ダートの前走は5着と終いにもうひと伸びが足りなかったが、これは出遅れが全てといったところ。出遅れ後、巻き返しを図って促すと、今度は馬がその気になって鞍上が御しきれないシーン。そのまま馬任せに前進させるも、その間はずっと外を回るロス。それでも直線入口では前を捕えんと勢いを見せるも、やはり道中のリズムの悪さが影響して終いは甘くなる。休み明けで馬体重も12キロ増だったし、この一戦は度外視したい。ダートの走り自体は良かったし、連闘で勝負をかけた一戦、スタートさえ普通に出れば前走以上の走りが期待できる。

ブルーホープ

 

東京2

⑩ライヴクラッカー

デビュー戦以来の1400m戦となるが、当時は芝だしそれでも6着。母は短距離志向の強い馬だったし、本馬自身も前進気勢が強いので、ダートでこの距離ならより良さが出そうな印象。前走2着馬が2頭いるが、ロードミッドナイトは前走時の方が臨戦が良く、アポロスマイルは勝ち馬から10馬身離されての2着。臨戦過程は本馬が一番良さそうなので勝ち負けに加わっていい。

 

東京3

⑭ノーブルマリオン

ハーツクライ産駒の姉はマイルで2勝、それ以外もマイル以下の距離で活躍。母父ブライアンズタイムながらスピードのある母系で、本馬も1Fの距離短縮は有効に作用しそう。関西からわざわざこの馬一頭のために遠征してきた牧浦厩舎の意欲も買うべし。

アップリバー

前走は上位2頭が強かった。ジリ脚なので今回も勝ち切るかとなると何とも言えないが、今の未勝利レベルなら本来は崩れようがない。軸としては信頼できそうだが、妙味の差から2番手に。

 

東京4

⑩ギャラクサイト

前走は一番人気を裏切る5着だが、スタートから危うい感じがあったし、その後の進みも悪かったように、まだ心身ともに幼い印象。さらに道中もスローで前残りとなったが、本馬自身は直線だけで良く差を詰めていた。ルメールも教育騎乗という感じだったし、2度目の今回は大きく上昇が見込め、広い東京コースに変わるのも歓迎だろう。この2週の稽古が軽量の騎手を乗せながら併せ馬で遅れを取っている点だけが気がかりだが、一杯に追っているわけではないので、あえてそこまで無理はしていないと判断(と思って優馬で追い切りチェックをしたら「一杯」。馬三郎では「強め」なんだが)。

※というわけで追い切りも微妙だし、相手も堅そうだし、手を出すレースではないかなと。

 

東京8

⑧コスモストライカー

初ダの3走前でダート適性の高さを見せつけた。その勢いで挑んだ昇級戦はスタート後に躓く不利もあって位置取りが悪くなり、最内から直線外に出して差を詰めたものの最後に脚が上がっての5着。7着に敗れた前走は、休み明けでの14キロ増も影響したろうし、道中も2走前同様に内に押し込まれて直線もなかなか前が開かず。開いてからもジリジリだったのは前述の通り、太めの馬体重もあるが、この馬は勝った時のように早めに押し切る形の方が合っていそう。今回は丹内騎手への乗り替わりとなるが、積極策を得意とする彼との相性も悪くなさそうで。馬体重は絞れて欲しい。

スポーカンテソーロ

近3戦で26キロも増やしているとなるとやはり太目は残っていそう。それでも14キロ増で臨んだ芝の前走でもテンに33秒台のスピードは見せていたし、今回のメンバーならハナに立てる可能性も十分。マイペースならそのまま押し切ってもおかしくないぐらいの力は備えているし、内田騎手とも手が合いそうな印象。ただ、今回も休み明けだし、馬体重には注意したい。

ジュラペッシュ

未勝利勝ち後にサウジアラビアRCで4着し阪神JFまで駒を進めた馬にしては近走不振だが、持っている能力はこのクラスでは上のはず。初ダートの前走は1200mでさすがに短い印象も終いに脚を使えていたし、これが起爆剤となりそうは気配もある。1800mで勝ったくらいの馬で1Fでも距離が延びるのは良い方に作用しそう。

 

東京9

エトワール

前走は休み明けの不良馬場で道中も中途半端に動く形で終い息切れ。能力的にここはあっさり変わってきそう。

 

東京10

⑭ヴァンランディ

4戦連続騎乗のルメールが一度も騎乗したことのないサトノフウジンを選んだというのが何とも不思議かつ痛手ではあるが、馬自身は本格化の兆しを見せ始めている。コディーノやチェッキーノの下という早期から動ける血筋だが、個性に合わせて育てる藤澤師らしく、本馬はクラシック路線を捨ててじっくり育てられてきた(早期から活躍した上が早期に故障の憂き目にあったという教訓もあるのかもしれない)。その甲斐あって近2走のレース内容が良く、3勝クラスも即通用の勢いを感じる。

オメガラヴィサン

前走は4着だが、今回人気のサトノウィザードとは0.1秒差。1年4か月振りのレース好走後で反動が出ていてもおかしくはない状況下での走りと思えば十分及第点。今回は叩き3戦目。サトノウィザードがその後に一戦挟んだのに対し、本馬はその間じっくり調整。もともと稽古は動く馬で休み明けの2走前当時から凄まじい動きは見せていたが、さすにが前走は多少なりとも加減した印象はあった。この中間は10月28日の坂路で抜群の動きを披露、最終追いはウッドで長めを馬なり、調整に狂いなしといった感じ。

スパイラルダイブ

3勝クラスに上がってからの8戦中5戦で4着。今回もそのにおいは漂うが、今年に入っての近3走は上がりだけならメンバー1位だし、6歳の暮れに差し掛かっても能力は落ちていない。現級で唯一3着に入ったのが今回と同じ舞台で、その時が2000m戦からの短縮ローテだった。3走前のむらさき賞も今回と同舞台で4着に敗れはしたが、スローで完全な前残りを2着馬とタイム差なしまで差し込んできた。この時もその前のレースが2000m戦だったので、2000mから1800mへの短縮は今回も有効かと。

危険人気馬サトノウィザード

能力は間違いなくオープン級、下手すれば重賞まで手が届くと評している馬だが、そういう馬でも今回は臨戦が微妙。この2戦はいずれも負けて強い内容とも言えるが、それでも負けは負け。3走前のように勝っていれば余裕残しでの勝利とも見て取れるが、負けている以上全力は出し切っているわけで、今回あたりそろそろ疲労がレースに影響してもおかしくはない。それでもルメール騎手の継続騎乗なら評価せざるを得なかったが、なぜか三浦騎手への乗り替わり。三浦騎手がどうのというわけではないが、若干不安を感じさせる臨戦である。

 

東京11

⑥モントライゼ

ロードマックス

危険人気馬リフレイム

あっさり3連勝があっていい一方であっさりポカがあっても驚けないタイプの馬。今回は休み明けを快勝の反動も少なからずあっておかしくない臨戦だし、悪い方に出る目も想定して考えておきたい。勝てば勝ったで断然人気だろうし、その時は納得すればいいだけの話で。

※ここは週中の見解の通りで軸はモントライゼでいいかなと思いつつ、相手はかなり難しい。なので無駄にヒモは挙げず一頭だけ。買うならモントライゼの単複とロードマックスとの一点だけでしょうか。基本的にはリフレイムが来るか飛ぶか見るレースかもね。 

 

東京12

④オーバーディリバー

前走は最終追い切りがウッドで一杯。ノームコアとの併走でしっかり追い切れていたとはいえ、何とか間に合わせたという感じもあった。今回は先週がダノンキングリー、今週がノームコアに胸を借りて、いずれも先行しながら馬なりのまま併入。前走とは仕上がり具合が違う印象だし、舞台も2連勝を決めた府中マイルの変わるのだから前走からの後退要素は少ない。

⑯セイヴァリアント

東京マイルの鬼ともいえる馬でこの舞台なら無様な競馬はまずない。前走は1F短い1400mかつ不良馬場の前残り、さらに本馬自身もプラス18キロでは6着が精一杯、というか良く走った方だろう。上がりは34.5だったのでその反動が心配なぐらいの鬼脚だが、最終追い切りは長めからしっかり追い切ってきたし、身体が絞れているようならしっかり脚を使ってくれそう。

リョウガ

昇級後の近2走がかなり不甲斐ないが、いずれも多頭数の内枠で少々他馬を気にするようなシーンも。勝った2戦はいずれも外からスムーズだったし、前走にしても外に持ち出して一頭になってからは脚を伸ばしていた。今回もフルゲートはカギだが、5枠10番なら何とか及第点。2勝の勝ちっぷりは良く、この2戦だけではまだ見切れない素材の高さを感じている。血統的にも母父シングスピールならここからの伸びしろにも期待。

穴①ダッチマン

穴⑭シャルロットミノル

 


最強競馬ブログランキングへ

先週は3位を経験させてくれてありがとう。今週も応援よろしくです。

あすの東京で買うことが決まっているのはこの2頭。どうぞご参考までに。

 

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。