狙い馬

2020.11.28(土)阪神の狙い馬

スポンサーリンク

阪神1

⑬ロコポルティ

今週の坂路で51.7-37.6-24.3-11.7(強め)を計時。前走時も稽古が良かったし、スタート後の出脚も良くマイペースの逃げ。直線でのアクシデントがなければ間違いなく楽勝だったはず。その影響は気になるところだが、前述の稽古を出してきたし、影響はないものとみる。能力的には抜けている。

 

阪神2

⑤ショウリュウレーヴ

今週の坂路で51.2-37.5-24.1-11.9(強め)を計時。前のレースのロコポルティもそうだが、未勝利レベルでこれだけの時計をマークできたら問答無用で能力上位(デビュー時から動きが目立っていた)。前走は内でソツなく乗られたが、直線は前が壁で追い出しに時間が掛かった。空いてからも伸びは案外といった感じだったが、そのあたりの反応は叩いて良化が見込めそう。兄姉はいずれも3勝ずつを挙げ、母ショウリュウムーンの仔出しの良さも魅力。

穴⑯リオンキング

先行して垂れた前走は物足りないが、センスのあるところは見せたし、いかにも叩いて良くなりそうな雰囲気だった。デビュー時から動きは目立っていたが、中間の稽古でもCWで長めと坂路でしっかり負荷をかけてきたように確かな上昇を感じる。

穴⑨ユキノフラッシュ

血統的には2000mも歓迎のはずだが、気性的には長い。デビュー時から人気に支持されていたように、函館ウッドで快時計(5F64秒台)をマークしていた馬だし、条件替わりで一変も。

穴⑪ニシノレガシー

この舞台の新馬戦は4着。その際はハイペースを先行して悪くない内容だっただ。復帰後の2戦はダートだが、唯一好走した舞台に戻っての変わり身があっても。

穴⑩ハクサンマックス

出遅れたが終いの脚はまずまずだった前走。本命馬とも差のない競馬ができているし、人気の盲点になりそうな点も面白い。

 

阪神4

⑭ショウナンガニアン

デビュー以来2戦とも大敗だが、デビュー前の動きは見どころがあった。牡馬にしては小柄な馬でダートが合わなかった可能性があり、芝に矛先を向けた前走は追い切りが悪く、展開面の不利もあった。この中間は明らかに動きが良化しており、2週続けて坂路で好時計をマーク。今回は臨戦も良く、乗り替わりも良く、大外がどう出るかだが、減点要素はほぼなし。

穴②クールヴィンソン

穴③シホノコプント

 

阪神5

④グレイテストギフト

 

阪神7

穴⑤ナムラタイガー

未勝利戦は新潟とはいえ8馬身差の圧勝。1番人気となった昇級初戦を大敗して以後まだ通用の目途は立っていないが、初の長距離戦でハイペースを積極果敢に先行したレース振りに見どころはあった。徐々にクラス慣れが見込めるし、前走のきつい経験が今回に生きていい。

穴⑪タガノキングロード

未勝利戦では現在4連勝中のメイショウカズサを封じての勝利だから力は現級上位のものがある。2走前にいきなり2着したのもその証拠。ただし、そのぬるい流れの長距離戦を好走した後の前走は流れに戸惑っての凡走では。今回は引き続きの同舞台。揉まれる外枠もいいだろう。まともなら前進見込め。

 

阪神8

穴⑯パラーティウム

現級に上がってからは1勝クラス時代の堅実無比さは鳴りを潜めているが、それでも4着は4回もあるからもうワンパンチ利けばといったところ。今回はダートで本馬に5戦騎乗して5着以下のない武豊騎手とのコンビ。武騎手をしても4着3回ともどかしい限りだが、外目をスムーズに先行できるようならワンパンチがあっても。

穴①ジゲン

1勝クラスを3馬身半差で楽勝した時は上でもやれると見ていたが、ひとまずOPで壁に当たり、近2走は芝と距離不足。それでも前走から自己条件なら上位争い可能なところは示したし、ここは持ち前のスピードを生かしてスッと先行できるようなら。

穴⑦アポロチーター

揉まれるとテンでダメだが、スムーズなら現級でも3着内が2度。前走を踏まえ今回は積極策を示唆しているが、本馬より内の馬は軒並み差し馬なので労せず好位は確保できそう。後は速そうな外枠各馬との兼ね合いとなるが、陣営の思惑通り行き切れるか、行けなかったとしても揉まれない形ならチャンスはありそう。

危険人気馬⑫ゴッドバンブルビー

 

阪神12

⑪エグレムニ

未勝利戦ではOPで活躍するカリオストロに勝っているし、リステッドでも3着がある。2走前の自己条件は0.4秒差、前走は外枠の不利が痛かっただけで、やはり現級なら上位の力はある。近2走は1400mだが、短距離を得意とした母からも本馬も現状1200がベターな印象もある。ひと息入ってのレースとなるが、中間の稽古の動きが良く、いきなりから動けそうな気配。メンバーレベルも低調な部類だし、スムーズに先行できるようなら。

穴⑤トンボイ

休み明けの前走は稽古の動きも悪かったし、展開も相当きつかったので大敗も致し方ない。休み明け2走目は[1-1-0-2]だし、この中間は前走時に比べて明らかに稽古の動きが良くなっている。今回の舞台で2勝を挙げ現級でも2着2回があるように、ここは狙いを定めての参戦。好枠を引いたし、先行しての粘り込みに期待。

穴③アドマイヤデルタ

現級通用の目途はまだ見せていないが、前走に関してはダートが合わなかった感じだし、展開的にも相当タフだった。このダート使いが起爆剤となればだが。

危険人気馬⑥ブラックサンダー

 

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の勝負候補馬!

今週も応援よろしく

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。