狙い馬

2020.10.25(日)東京の狙い馬

スポンサーリンク

今日は先週に続いて無料で開催されるお寺の坐禅会に参加してきた。

時間帯が15~16時の間なのでメーンレースをリアルタイムで観ることもできないのだが、無心で祈った効果なのか(ほとんど居眠り状態だったが)、めでたく富士Sを的中することができた。

富士Sは週中から「菊花賞は悩ましいけど、こっちはすぐに軸が決まった」とツイートし(ブログランキング欄でもヴァンドギャルドを挙げていた)、「スマイルカナが1番人気は信じられん」といった内容のツイートもしていた。

このように「人気馬が怪しい時ほど勝負をかけるべし」の持論にズバッとハマっていたレースであったのだ。

最終的にスマイルカナは2番人気だったが、1番人気のサトノアーサーも軽視していたし、いうたら3番人気のラウダシオンもそこまで高い評価はしていなかった。

ただ、重賞で3番人気以内の馬が総崩れということはほぼないので、本意ではなくとも、ヴァンドギャルドから2列目にラウダシオンは置いた。

もっとも3着のケイアイノーティックも2列目に置いていたので、私としてはラウダシオンが飛んでいても的中、その方がずっと良かったのだが、やはり重賞で人気馬総飛びのケースは稀だね。

 

私は常に人気を意識して買っている(先仕込みの場合は難しい)。

3番人気以内の馬が総崩れとなる確率が1割にも満たないということを念頭に置いているので、今日の富士Sのように、軽視していた馬がすべて3番人気以内に入ってしまった時には、その中でもマシな馬は2列目に置いたりするので、その辺りは皆さんも臨機応変に。

 

さて、明日は菊花賞。

なのだが、私は全くその予想ができず(週を通してはずっとやってきていたが)、帰宅後からずっとこのブログの東京分の見解書きに奔走していた。

本来なら菊花賞の予想を楽しみたい土曜日の夜なのだが、読んでくれる皆さんのためにも頑張ったよ(恩着せがましいw)。G1ばかりでなく、平場や特別戦を買う人もたくさんいるからね。

こうして毎週見てくれる方がいて、当たった時には「おかげで当たりました」なんて報告をいただくと、また頑張ろうって思ってしまうのだ。

まぁ「おかげで」なんて言ったって、最終的に買っているのは本人なのだから「実はあなたの実力だよ」と内心は思っているのだが、そうやって声をかけてくれる優しさがありがたいじゃないか。

 

そんなわけで、今夜もやるだけのことはやったので、また一頭でも挙げた馬が走ってくれますように。

そして、今日も予想兼読み物として参考までによろしくどうぞ。

 

東京1

穴⑥サムライスピアー

本馬の兄弟は多数いる中でも一頭しか勝ち上がっていないが、その一頭がゼンノロブロイ産駒でダートで2勝。母もダートで勝ち上がっているし、本馬も芝では切れないレース振り、父もどちらかといえば馬力型のキャラなのでこの条件替わりは良い方に出そう。臨戦過程の良さも推し材料。初ダの場合は人気薄にも該当。正直、今週の稽古は良くない(穴馬の場合はそういう点にも目をつぶる)。

穴⑪テイルウインド

本馬は初ダでも人気しそうなので、私からすればあくまでも穴馬の扱い。それでも初戦から2番人気になっていたように稽古はそこそこ動いていたし能力は感じる。血統的にダート向きの要素は少ないが、陣営はダート向きと見ているようだし、能力面と臨戦も悪くないので評価対象。

穴⑧ノームストリーム

前走は熱中症のような症状もあったとのことで大敗したが、前進気勢十分に先行した経験は今回の舞台で生きてきそう。菊花賞出走のガロアクリークの下という奥のありそうな血統でもあるし、立て直された今回は前進が見込めそう。

※他馬をじっくり見ていないので何とも言えないが、レベルの高い一戦とは言えなさそうなので、穴馬といっても実際は人気になってしまうそう。そういうケースではあまり積極的に買うのもどうかと。穴馬の場合はあくまでもオッズ的に妙味がある場合に買う感じです。

 

東京5

穴⑩グレイトミッション

この舞台の新馬戦を鮮やかに買った馬で直後の重賞でも伏兵以上の扱いを受けていた。結果としてペースの違いに戸惑って大敗したが悲観する敗戦ではないだろう。前走は物足りないが、この日の馬場は先行馬受難のかなりタフな状況になっていて逃げ馬が殿負け、4コーナーで2番手に浮上した本馬が直線踏ん張り切れなかったのも無理はないだろう。一転して今回は条件好転。稍重で少し時計の掛かる馬場でもしっかり差し切った新馬の時のように今の府中もそこそこ上がりは掛かり気味。少なくとも前走以上には動けそう。

穴⑫キョウエイロナ

デビューからの2戦は不利続きでまともな競馬をした前走であっさり勝ち上がった。それまでのレースとは一転、スタートを決めて積極策から押し切った内容に進境を見せたし、もともといつ勝ち上がってもおかしくない素材と思えば昇級でもすぐに通用しそう。

穴⑨ビゾンテノブファロ

中央移籍後はOP戦以上ばかりを走ってそこまで悪くはない競馬。OPといっても1勝クラスと変わらない程度なのでそこまで価値はないし、だからこそ人気がないのも頷けるのだが、さすがに前夜段階で90倍も付くほど弱い馬とも思わず。臨戦過程も良いので激走があっても驚けない。

 

東京8

⑥シングンバズーカ

新馬戦でシャインガーネット(ファルコンS勝ち馬)とタイム差なしの2着。共同通信杯ではココロノトウダイとタイム差なし、マイラプソディとは0.1差。こうした強い相手と対峙しながらも、これまで8戦して上がり4位以下に落ちたことがなく、シングンオペラ産駒のイメージとは裏腹に確実に切れる脚を使える。共同通信杯6着を下回る7着に敗れた前走に関しては、臨戦過程が悪く、その影響もあったのかスタート後から行く気を見せず、さらに展開もスロー、直線も大外に振られてしまったことによる敗戦。それでも上がりだけはメンバー中1位タイだったし、決して力負けではなく、諸条件で悪い面が全て出ての敗戦と判断したい。そもそもメンバー的にも勝ち馬のバビットを筆頭に、2着ロータスランド、3着エンデュミオン、4着レザネフォールまでは1勝クラスならいつでも勝ち上がれるレベルの馬たちでもあった。今回は休み明けがカギとなるが、追い切りに騎乗した柴田善騎手によれば「かなりデキが良い」とのことだし、その言葉を信じて期待したい。

⑪ハリウッドヒルズ

2番人気に推された前走は危険視して7着と目論見通りではあったが、それでも直線は他馬が邪魔になって身動きが取れない面があったし、まともなら来られていたかも…とヒヤリとさせられた。そもそも、その時は危険視したが、それは臨戦過程の悪さからであって、この馬の素質の高さはデビュー前から買っていて、デビュー戦では推奨。能力的には1勝クラスでも上位のものがあると見ているし、今回は別段悪い臨戦でもないので、格上げ戦の形ではあっても十分上位争いの可能性がある。

穴⑬ダイワクンナナ

この舞台の新馬を3馬身半差で楽勝した時には遂にダイワスカーレットから大物誕生かの期待が掛かったが、やはりとういかこれまでの母の仔同様にどうにも伸び悩んでしまう。それでも近走は1800m以上とダートの3戦。マイル以下は3戦して新馬勝ちと1勝クラスの特別戦4着(もう一戦はキャリア一戦の身で挑んだフェアリーS13着だが、逃げ切ったスマイルカナを追いかける2番手からの失速ならやむなし)。間隔を空けて稽古は動いているし、久々に適条件を使ってきたので変わるならここかと。

③イルミナル

こちらも未勝利からの格上組だが、勝ち上がれなかったのは勝負のアヤによるもので、下手な1勝馬より能力は秘めている。前走でクラスの目途を立てているし、2着した2走前の終いも若干止まり気味だったので、マイルへの条件替わりは良い方に出そう。

穴②グレルグリーン

行っても差してもワンパンチ足りない馬に成り下がっているが、前走の最後方待機はさすがに下げ過ぎで。最近は中距離中心に使われているが、デビュー当初はマイル中心に使われていて、この府中でも2着2回、4着2回の相性の良さがある。当時の相手関係から復調なれば現級でも通用するし、オークスの覇者ウメノファイバーの仔ならやはり府中でこそといった感じもある。

 

東京9

⑦ミトロジー

前走は新潟らしく直線の末脚比べ。その中でも外差し優位だったが、本馬は他馬の影響で内に内へと進路を取らざるを得なくなり、終いはもうひとつ弾け切れなかった。それでも他馬を気にする馬だというが、馬の間を割って伸びてきた点に進境が感じられたし、そもそもダイワメジャー産駒で1F長かった印象もある。

②サペラヴィ

京都新聞杯、セントライト記念などに果敢に挑戦して馬柱は汚れているが、それらを除いた自己条件では堅実に駆けている。3走前の東京戦は不良馬場の恩恵もあったろうが、勝ちっぷりが良かったし東京替わりはプラス。前走は18キロ増の余裕残しでもあったし、絞れてくれば確実に前進できる臨戦過程。

危険人気馬③メリディアンローグ

前走は臨戦過程と馬場状態が合致して私も高評価したが、今回はそこまでの推し材料がない。ディープ産駒でもサトノクラウンの近親で速い上がりが使えない馬。府中に変わって条件が良くなる点はない。2走前は8着とはいえ勝ち馬から0.1秒しか負けておらず、おそらくその前のレースで33秒フラットの上がりを使った反動もあったのではないか。今回は走りなれた1800mに変わるし、この頭数なら競馬もしやすそう。

危険人気馬①ルプリュフォール

素質の高さはデビュー前から買っていて当時から将来のOP馬と見ていた馬だが、気性が災いして出世が遅れ、遂には騙馬になってしまった。前走は休み明けでも好走したが、最後方から進めてハイペースが幸いした格好だし、極端な競馬で好走した後の今回は乗り難しさもあって過信は禁物。ゆくゆくは気性の成長と共に上を目指せる馬だとは思うが…

※危険人気馬とはいっても、原則として人気馬は走る可能性が高いわけで、まして今回のように少頭数ならその確率も上がるというもの。なので危険だから即座に消しというよりは、人気馬でもこうしたリスクがあるよという意味合いで参考程度に捉えてください。

 

東京10

穴⑧ニューポート

ここはレッドアステルの軸は堅そうだが、相手候補には関西馬。3頭いるうちで2番人気のカントルは走って当然、しかし前走を見ると、人気ほどの破壊力がないような気もするし(それでもこのメンバーなら上位必至だが)、それならば人気を落としている本馬を抜擢。4走前にはサンレイポケットとタイム差なしの2着。2走前は休み明けの小回り福島で流れに乗れず、前走も同じく休み明けで展開が全くかみ合わず。左回りの2000mという条件は合うと思うし、叩き2戦目で反応も良くなるはず。もう少し流れ乗れる競馬もできれば。

穴④ハンターバレー

こちらは今時期の未勝利戦でサンレイポケットに勝った馬。4走前の勝ちっぷりも上々だったように、波はあってもハマれば鮮やかな競馬を見せる。2000mでは2-2-0-1と何気に巧者ぶりを発揮しているし、単勝万馬券ほど軽んじていい馬ではないとみる。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ある意味裏開催ともいえる東京らしく、そこまで勝負したいほどの馬はいないけど、一番買いたいのはこの馬

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。