競馬

2020 ジャパンカップ予想

スポンサーリンク

昨日、実家に行ったら「天皇賞は外れたけど明日のレースは自信あんのか?あるなら1万託すぞ」と親父に言われたが、丁重にお断りした(笑)

そんな自信のない今年のジャパンカップ、それでも1週間予想を楽しませてもらった。

 

◎②アーモンドアイ

生涯で崩れたのが適性外の有馬記念のみ。JCは天皇賞の勝ち馬が強く(勝ち切れないが馬券内という意味で)、天皇賞で1番人気だった馬の戦績の良さも週半の考察で述べた通り。

その天皇賞のパフォーマンスの低下が危惧されるが、ダノンプレミアムには前年とほぼ同じ着差をつけているし、2、3着馬も複数回G1を勝つ実力馬で、それに迫られたとて、先行して押し切った内容は何ら悲観するものではない。

安田記念で負けたのもグランアレグリア、当時はヴィクトリアマイルを楽勝した後の一戦(ヴィクトリアマイルで全てを出し切ってしまった後の一戦)が臨戦的に悪い方に作用したとみている。今回は辛勝には映った天皇賞からの参戦だが、それだけにまだ上積みが見込めると判断。

○⑬ユーキャンスマイル

穴の裏本命。本馬からも遊びでちょっと買う。臨戦的には1番いい。能力が足りるかどうか。岩田騎手の大胆な騎乗にも期待。

▲⑤デアリングタクト

こちらも臨戦はいい。戦ってきた相手は弱いが全て勝っている馬を貶めることにはならないし、この舞台で大きくパフォーマンスを上げてきそうな予感。

△⑮グローリーヴェイズ

この位置だが、単純な能力比較では3強に劣らないと見ているし、頭を取り切る可能性があるとしたら、3強以外では本馬かと。臨戦よし、血統よし、鞍上もよし。

△④キセキ

臨戦過程上昇馬。前走は明らかに向かない条件下での善戦。スタートを出てスタミナを生かせるような流れに持ち込めれば。

△⑥コントレイル

前走が接戦でなければこの位置に落とすこともなかったが、3強でどれかの評価を下げると考えた時に、臨戦的に最も微妙な本馬の評価を下げた。

△⑦ミッキースワロー

秋を一度叩いての参戦は黄金ローテと思っているが、本馬もそれに該当。オールカマーではカレンブーケドールをしのぐ人気に支持されていたし、あの一戦で評価急落なら押さえても損はない。O型コース向きとは思うが、2年前の前しか残らないJCでも大外ぶん回しで5着しているし、天皇賞(春)で3着するなど円熟味を増した今ならあるいは3着ならと思わせるところもある。極端な騎乗をしない戸崎騎手への手替わりもいい。母父ジャングルポケットは過去に幾度かこのレースで波乱の使者を送り出す種馬でもある。

 

買い方

アーモンドアイが9冠を達成するイメージも湧かず、3連複とは別にアーモンドを2、3着付けにした3連単を買ってみる。

勝つ可能性があるのは、デアリングタクト、グローリーヴェイズ、2着欄に置くのはユーキャンスマイル、コントレイル

3着欄にキセキ、ミッキースワロー、(カレンブーケドール)

カレンは去年の方が臨戦が良く、3歳牝馬の斤量利もあった。ディープながら切れないタイプで道悪もむしろ向いたように思うし、何よりメンバーレベルが低かった。今回はこの枠が諸刃の刃となるし、意外にも中間の稽古から大幅上昇といった感じもしない。人気次第で3着付けまで。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

今週もありがとうございました。

スポンサーリンク

-競馬
-, , ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。