阪神大賞典

パーマーの想い出

阪神大賞典は何気に名勝負の宝庫である。 ナリタブライアンvsマヤノトップガンの同父を持つ年度代表馬同士の熱きデッドヒートは、今もって語り草となっていて、G1レースを差し置いて、これこそがベストレースと推す方も多い。 オルフェーヴルの逸走からの盛り返して2着という前代未聞の走りは、彼の常識を逸したスタミナと狂気の血が反映されたレース、これも印象度では相当なものだ。 かつてはメジロマックイーンやスペシ […]