競馬

1/3ページ

2020 桜花賞 臨戦過程評価

火曜日の段階では今週の開催があるのか分からず、せっかくの桜花賞なのにあまりテンションも上がらないまま木曜日を迎えてしまった。 今日は今日で桜花賞以外の狙い馬ピックも進めていかなければならないので、桜花賞については週中の更新はスルーしようと思ったが、ツイッターでリクエストをいただいたので、私の中の有力馬の臨戦過程評価を綴っていこう。   まずは全体の臨戦評価 インターミッション(! […]

2020 高松宮記念 臨戦過程評価

高松宮記念は基本的にひねらず素直に予想した方がいいレース。 過去10年、1~3番人気の全滅はなく、7年で3番人気以内の2頭が3着内に駆けている人気馬の強いレースだからだ。 昨年に関しては、3番人気のミスターメロディこそ勝ったものの、2番人気モズスーパーフレアと1番人気ダノンスマッシュが圏外に散ったことで大波乱となったが、この2頭はいずれも二桁枠順で臨戦過程もそこまで良くなかった(特にモズスーパーフ […]

パーマーの想い出

阪神大賞典は何気に名勝負の宝庫である。 ナリタブライアンvsマヤノトップガンの同父を持つ年度代表馬同士の熱きデッドヒートは、今もって語り草となっていて、G1レースを差し置いて、これこそがベストレースと推す方も多い。 オルフェーヴルの逸走からの盛り返して2着という前代未聞の走りは、彼の常識を逸したスタミナと狂気の血が反映されたレース、これも印象度では相当なものだ。 かつてはメジロマックイーンやスペシ […]

2020 フラワーC 見解

火曜日に想定が出るという新鮮な本日、一通り金~日の72R全てのチェックを終えてピックアップまで完了した。 想定によるとフラワーCの頭数は13頭の模様。思ったより少ない。多頭数好きの私にとっては物足りないし、いささかヤル気を削がれたが、とりあえず検討を進めるとしよう。   このフラワーCというレースでは、4年前に14番人気のウインクルサルーテを穴推奨して、本命が勝ったエンジェルフェイスだっ […]

好調だった先週の重賞

Twitterでもツイートした通り、いくら重賞でも、それが例えG1であっても、さして自信がないなら無理して買う必要はないというのが私のポリシーである。 買ったとしても参加賞、観戦料程度に留めて外しても惜しくない程度に。 先週の重賞はヤル気があったので、週中からしっかり検討、ブログでも見解を述べてそれなりの結果を出すことができた。 金鯱賞は最終的にTwitterに記載したが、挙げた4頭が1〜4着を独 […]

2020 ファルコンSの軸候補

最近、女子大生ゆづの動画を観ているんだよ。瀧川寿希也元ジョッキーの予想会社を追い詰めるやつ。下世話だとは思いつつ、予想業界の裏社会っていろいろあるなぁと。 彼の競馬サロンが50万円なんだって? それで3億もうけたとかなんとか。一方的なまた聞きの話なんで話半分で見聞きするようにはしているけど、サロンの額は真実のよう。50万払う人は瀧川騎手の大ファンだったのかな。だったらいいよね、彼との交流もあるかも […]

2020 中山牝馬Sの狙い馬

本日は中山牝馬Sについて。 この舞台はスローに流れれば先行有利だが、重賞ぐらいのレベルになると流れが激化して差し追い込み馬の台頭もある。 実際、このレースも毎年のように差し追い込み馬が絡んでいるので、展開重視の予想を組み立てるより、別の視点から注目馬をピックしたい。 その視点とは適性だ。 数多ある競馬場のコースの中で最もスペシャリストを輩出しやすいのこが、この中山芝1800mというコースではないか […]

2020 フィリーズレビューの本命候補

本日はフィリーズレビューの雑感を。 個人的に今週最も楽しみにしている重賞だ。まず、阪神1400mというこの舞台、重賞ともなればハイラップになりやすく、一介のスピード馬では通用はしない、力さえあれば追い込み馬でも平気で届いてしまうタフな舞台だ。   想い出深い馬   と、その前にフィリーズレビューといえば、昔は(報知杯)4歳牝馬特別と言われていてさ、未だに印象に残っているのが、今 […]

2020 金鯱賞 各馬見解

今週はどの重賞も楽しみだ。 ただ、水曜日のなると想定が出て、重賞よりもさらに楽しみな平場のチェックをしなければならないので、想定が出る前の今のうちに重賞の予想を進めてしまおうと思う。 まず最も気のない金鯱賞から。 気のないというのは、サートゥルナーリナがよもやここで無様な競馬をするとは思えないという前提のもと馬券的妙味が期待できないからであって、皐月賞馬の走りを見られるという点では非常に楽しみだ。 […]

2020 フェブラリーS 臨戦過程評価

恒例の臨戦過程評価。 先週の週初めに挙げた京都記念出走馬の臨戦評価の結果はツイッターで記した通り、おおよそ方向性は間違いってはいなかった感じ。 共同通信杯については、2歳戦でキャリアも浅く、臨戦だけの評価は難しい面もあって(また少頭数だと臨戦云々とは別の要素が働きそうでもあったので)あえて挙げなかったが、それでも臨戦過程の良かったビターエンダーとダーリントウホールを◎▲として、臨戦自体は可もなく不 […]

1 3