狙い馬 競馬

2022.9.18(日)の狙い馬(ブログ版)

スポンサーリンク

中山1

穴⑨タイシャククリゲ

前走は出遅れたが、押して道中3番手追走のスピードは見せた。終いに粘りを欠いたが、直線も最内で道悪を考えるとバイアスにも恵まれず。稽古でまずまず動く馬だし、520キロの巨漢でダート適性もありそう。

穴④ニフェーデービル

前走時に比べて稽古で楽に速い時計を出せるようになっているし、叩かれた上積みを感じる。母チュラカーギーは当舞台で4勝を挙げたコース巧者。本馬もそこそこ馬格があるし、ダート替わりで前進がありそう。

 

中山5

①プラチナジュビリー

④ピオニーシャルム

 

中山9

⑥ビーアイフェリペ

今週の坂路で51.6-12.1の好時計。近走結果は出ていないが状態は良さそう。4走前に昇級初戦でタイム差なしの2着時が勝ちに等しい内容。当時が小倉1000mから1200mへの延長、枠順も今回と同じ内枠だった。馬群を闘争心に転嫁できそうなタイプなのでこの枠も良い方に捉えたい。近走は崩れているが、3走前は臨戦過程が最悪、2走前は1400m(長い)、前走は1000m(短い)。それでも前走は行った行ったの完全前残りを4角最後方から5着まで追い込んだのだから末脚性能は高い。当初はマルモリスペシャル、ウラカワノキセキを本命候補としていたが、両馬が1枠に押し込まれ、他にも速い馬が多いことから、終いのしっかりしている本馬に白羽の矢を立てた。過去3年当コースにおいて、ヘニーヒューズ、三浦騎手とも勝ち鞍、複勝率いずれもトップ(出走馬に限る)という強者同士のコンビに期待。

⑫ヴァリアント

前走は先行策からソツなく乗られながら今回も出走しているエリモグリッターにも差されてしまったが、1.7倍に推されていた勝ち馬は強かったし、エリモは臨戦過程の良さと展開利による漁夫の利の感。3月に10か月振りに復帰してからは②③②③着と崩れておらず、それにはローカルだけでなくレベルの高い阪神の2戦も含まれているので、中山のここでも崩れず走ってくれそう。枠順も他の人気どころに比べていいところを引いた。

①ウラカワノキセキ

ダートは③①①着。1勝クラスもハイペースの番手抜け出しから5馬身差なので能力はこのクラスでも上位。この手のタイプはいかに気分よく走れるかに掛かっているので揉まれない外枠がベター。この中間の稽古はやや手ぬるい感じもするが、気で走るタイプと思えばそこまで気にする必要もないかと。

⇒キャリアが浅くこの枠で行けずに砂を被った時に一抹の不安

②マルモリスペシャル

未勝利勝ちが半年振りで30キロ増ながらあっさり。この時点で能力の高さがうかがえる。その後再び休養に入り、復帰戦こそ6着に敗れたが、先着を許した2~4着馬も既に勝ち上がっているようにレベルも高かった。2走前は出遅れて4角13番手から追い込んで3着。本馬以外の5着内の馬の4角位置取りが1⃣6⃣2⃣3⃣だったことから、本馬の末脚の破壊力がいかに凄かったかが分かる。中央交流の前走は勝って当然の鞍。今回に向けての良い叩き台になった感すらある。キャリアも浅く伸びしろを考えれば、昇級のここでもやれていい。

⇒外目から先行する形が理想だったが、ここだとどんな競馬になるか未知数で評価を下げた。

穴⑧コスモノアゼット

2走前が当舞台でハコダテブショウ(次走3勝クラスも連勝)、ノーリス(この後②①着)に次ぐ3着。1200mに距離を詰めてからは操縦性も良くなり安定感が出てきた。前走は福島1150mの大外枠でスタート直後に挟まれるシーンもあって位置を取れず脚も溜まらず。2走前のような立ち回りができれば巻き返せる。柴田大騎手は当コース過去3年1-6-9-129(複勝率11%)。馬自身の資質だけなら本命も考えたほどだが、乗り役がこの成績だとヒモまで。

 

中山11

④ウィリアムバローズ

美しい馬柱で人気になるのは承知の上で本命。ダート唯一の敗戦が3走前だが、その時の勝ち馬は地方G3を勝った。本馬もここで賞金を重ねて層の厚いダートの重賞戦線に出走したい目論みだろう(今のままでは出走すらままならない)。この枠なら逃げてもいいが、外からロードエクレールがくるなら前走のように行かせて番手からの競馬も悪くない。

穴⑧ペルセウスシチー

OP入り後の2戦は壁にあたっているが、2走前は重賞で前走は休み明け。使い込んだ方が良いタイプだし、4走前にはハヤブサナンデクン(OP圧勝)から0.1差に駆けているから本馬もOPなら通用していい。道悪の好走も多く、馬場も味方にできる。

穴⑤デュアライズ

近4走は着順はともかく上がりは全て1位。意外と前の止まらない2走前の東京戦、物理的に追い込みは厳しい前走の福島戦を除いた中山2戦は①③着だからこの舞台との相性がいい。3走前にOPで3着した時がウィリアムバローズが勝った一戦で本馬やケンシンコウの作る流れも本馬にとっては助け舟となりそう。

穴⑬ウシュバテソーロ

初ダの前走が圧巻の勝ちっぷりで道悪とはいえ上がり34.0は芝かと見まがうほどだった。少々走りすぎてしまった感じはあるが、間隔を空けてリフレッシュを図ったことは悪くないし、今回も道悪になりそうなのも味方しそう。

 

中京1

穴⑩スーパームーン

⑦ペプチドハドソン

 

中京8

⑫ロードオルデン

未勝利勝ちが5馬身差。下したタイセイエピソードは先日1勝クラスを勝利した。1200mだと忙しくなるが、溜めるだけ溜めて直線脚を伸ばすメリハリの利いた競馬が刺激となれば一発も。

①サウンドプリズム

⑩スリードレフォン

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログからはこの一頭

 

2場だとどうしてもnoteメインになってしまいますが、セットでご愛顧いただければm(__)m

中山 2.6.7.8.10.12
中京 7.9.10.11.12
手書きノート

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。