狙い馬 競馬

2022.8.28(日)の狙い馬(ブログ版)

スポンサーリンク

新潟2

②ベイビールビオ

穴⑩ウィルソンテソーロ

穴⑨レオレプシード

穴④グランシャーク

 

新潟4

穴⑮マイネルグローリア

前走はダートで参考外。新潟では3走前に3着があり芝中距離なら通用。押せ押せで来ている馬が多い中で間隔を取ってしっかり稽古を詰めてきた点も強み。

穴⑧ブルーグラスソング

新馬で2着した後は気難しい面もあって不振が続いたが、ハマればやれそうなところを前走で証明(3着と0.1差)。上がりを要する今の馬場も向いている。

⑫イワクニ

ハービンジャー産駒なのに1800mはデビューからの2戦だけで以後はマイルに照準を絞ったということは陣営も距離に限界を感じている可能性はある。実際、母系はスピード色が強く、その点は不安材料。ただ、能力上位は明白だし、崩れた前走も臨戦過程(↘)の中で強敵相手に0.4差なら悪くない。メンバーは前走より劣るし、距離さえこなせれば。ハービンジャー×ネオユニヴァースで荒れ馬場自体は歓迎。

 

新潟11

◎⑩アイスグリーン

前走は上がりを要する小倉で上がり2位快勝も初戦は阪神マイルの瞬発戦にもそれなりに対応していた。新潟マイルの持久力戦にも向きそうなタイプ。母グリューネワルト、姉ディアンドルがいずれも3歳時にOPで好成績を挙げる早稲の特性も持つ。モーリス産駒は当舞台の複勝率32%。唯一のノーザン産でここを獲りにきたのも明らか。

○⑨ウインオーディン

連闘。新潟勝利経験

▲⑦キタウイング

連闘。新潟勝利経験

△⑥タマモブラックタイ

稽古は1番

△②ロードディフィート

臨戦過程1位

×①③⑧

 

小倉8

穴⑫タガノトランキーロ

大穴③オーロベルディ

 

札幌1

⑤メリオルヴィータ

ウッド5F64秒台で動いていた馬。

 

札幌2

⑨ダノンマイソウル

休み明けの2走前12キロ増で2着に屈したが、4角先頭からアオイゴールドワンあたりには先着しているし、未勝利を勝つ力は十分。前走は臨戦過程が最悪で参考外。今回は3走前に6着だったダートに出走だが、当時は内枠で流れに乗れず位置を悪くしながら直線はこの馬なりに伸びており、ダート適性自体は窺わせていた。川田騎手なら勝ちポジに位置してくれるはず。

穴⑩バレル

母は未勝利だが、母の兄弟にはダートで4勝を挙げたテイエムドンマイをはじめ、他3頭もダートでの勝ち鞍しかない。前走は臨戦過程も悪く崩れたが、それ以前の戦績から未勝利では上位だし、ダートの適性さえあれば上位争い可能。

穴④エスティメート

前走は芝1200mからの当コースへの転戦。全く違う条件に戸惑うのが普通だが、次位の上がりで4着に追い上げた。先着を許した3頭は未勝利上位常連だし、流れもスローで展開も向かない中でこの善戦は価値がある。まだこの一戦だけでは確信は持てないが、皆が半信半疑に思っている今だからこそ狙ってみても。

穴⑭アグネスリュウ

前走は上記エスティメートとハナ差。先行できる強みがあるし、2走前のようにすんなり先行できれば粘り目あり。

 

札幌4

穴⑪ルージュレイア

ルメール騎乗で実力以上に人気になってしまうのが玉にきずではあるが、ルメールの力で少しでもチャンスが上がることも確か。ダートは2度走って上位と差はあっても4着だし、芝よりも適性があることも確か。2走前4着時の3着馬は勝ち上がり、2着馬もその後③②③着と崩れていないから、本馬も今の未勝利なら十分やれていい。ハーツクライの当コース複勝率41%、ルメール51%の力を借りて。本来は5番人気くらいの実力なのでそのくらいが理想。

穴①サクラジェンヌ

前走は3ヵ月振り14キロ増でハイペースを先行して4着。叩き2走目、鞍上大幅強化で。

 

札幌6

穴⑫マイトシップ

前走はエンジンの掛かりが遅く4着だが、3着とは0.1差。当時の稽古の動きが以前と一変していたように馬が変わってきている。ブリンカー装着でもう少し器用な立ち回りができれば前走以上も。

穴⑭ムガ

4走前に勝ち馬から0.2差3着がある。近走も着差的にはそこまで大きく負けていないし、外差しの流れになれば可能性も。

 

札幌7

⑩グラットンラッシー

 

札幌10

穴⑦ジュールサイクル

1勝クラスまでは先行できていたのに現級では追い込み競馬となっているが、その分、2走前は上がり35.2を繰り出すなど終いの切れは増している。そんな馬が自己最低の41.4の上がりしか使えなかった前走は舞台適性がなかったのか状態に問題があったのか。何にせよ前走からの臨戦下降はない。今回も立ち回りがカギとなるが、ルメールを引き当てたのはツキがあるし、臨戦過程の良さに期待。

③リアルシング

1勝クラスで2着時の勝ち馬ジョイス、コパノニコルソンが上のクラスでも通用。本馬はそれらに比べるとスケールは小さいが、相手なりに動けそうなキャラで未勝利勝ち直後の1勝クラスでも2着している。内枠で闘争心を引き出す形も良さそうで。

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログからはこのあたりを買い

 

より力を入れているnoteの方もお願いします。

8月28日(日)メニュー
新潟 3.7.8.9.10.12
小倉 2.3.4.7.10.11
札幌 8.9.11.12
手書きノート

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。