狙い馬 競馬

2022.7.16(土)の狙い馬(ブログ版)

スポンサーリンク

福島2

大穴⑪エクセレントジェム

母ロマンシングジェムはD1800mで3勝。これにエピファネイアだから血統的期待は高い馬。前回が離された最下位だし稽古も凡庸で変わる余地は乏しいが、臨戦過程は悪くないので、大穴として注目。

 

福島3

穴⑨エーデルフォルム

稽古○。ディープインパクト産駒だが、母系はダート色が強く馬格もあってダートで一変の可能性あり。堀厩舎にして佐々木騎手ではヒモ穴までだが。

穴⑩ケリーズノベル

本馬も中間の稽古は入念で上々。今のところ好走の兆しはないが、去勢効果があれば。体重は絞れて。

 

福島5

⑧ナンヨークリスタル

⑫ヤングローゼス

 

福島6

⑫シナジーエフェクト

パイロ産駒は2-0-1-31(複勝率8.8%)なのは気になるが、動きはこのメンバーでは1番

 

福島9

①ヴァーンフリート

芝1800mの新馬でグランシエロ(アイビーS2着)を封じて勝利。2走目はアスクビクターモア(弥生賞)、レヴァンジル(すみれS2着)に次ぐ3着だから、現級では明らかに上位の存在。2走前からダートの転じて③④着と勝ちあぐねているが、2走前がペイシャエス(ユニコーンS、JDD2着)、ヴァレーデラルナ(現2勝)で相手が悪かった。芝でもダートでも勝ち上がりは時間の問題といった感じだし、ローカルのこのメンバーでは一枚上。

②テラフォーミング

デビュー戦で評判馬チェルノボーグ(5戦連続2着中)に勝った馬。③⑤⑥⑨着馬も勝ち上がっており、上のクラスで活躍している馬も複数。キャラ的に東京から福島替わりも好転でしかない。

①ライリッズ

ハープスターの半妹という良血で勝ち上がりはダートだが当然芝も問題ない。デビュー戦は今回も対峙するオーシャンズヨリに先着を許しているが、当時とは調教内容の質量も違う。

 

福島10

②ホウオウルーレット

人気を落とした前走こそ絶好の狙いだったが、今回もこのメンバーなら人気にかかわらず有力視するしかない。本馬の後塵を配した5着馬がユニコーンSを制し、3着馬が3着、4着馬が4着だから本馬の力も優に重賞級(オメガパフュームの下だしね)。ここを勝ってレパードSという目論見だろう。

穴⑥アキノスマート

現級では3着一度だが、その時の2着ウインドジャマーはOPまで出世。その割に近3走は不甲斐ないが、先行して展開不利を受けている。阪神、中山から福島替わりでスピードが生きる条件に転化、本馬も持ち味が生かせる条件は整ったし、この中間の乗り込みも入念。

穴⑧ガルヴィハーラ

この舞台の2走前、5か月半振りでも2着に激走。もともとデビューから連勝で3戦目に重賞で3着。休養が長引いて当時の能力まで戻るのは難しいが、7分の力でもこのクラスなら。

 

福島11

⑨バルトリ

前走は前と内しか来られないバイアスで大外枠から出遅れるという大きなビハインド。それでいて33.6の最速上がりを駆使して3着と0.2差なら悪くない内容。悪い面を出し切った後の今回は前進要素しかなく、メンバー的にも大いに恵まれた(この条件で9頭立てとか寂しすぎる…)。

⑤ルクルト 

前走はハマった感じはあったが、①②①着の当舞台との相性の良さをまざまざと見せつけた。この頭数だと流れが向かない可能性はあるが、頭数が少ない分、追走面で余裕が出来るし、直線の捌きの不安もない。現級にしてはかなり低調なメンバー構成だけに、勝って勢いのある本馬が再び突き抜けるシーンも。

 

小倉2

⑧ラストファンタジー

ダートに転じて④②着。いずれもハイペースなのも小回りを使うにあたっては良い経験。前に行く脚もあるし、近走を素直に評価して良さそう。

⑨アルファカリーナ

ダートでは②②③③着と崩れていない。前走も逃げてハイペースに巻き込まれてのものだし酌量の余地がある。エクレアスパークルの半妹という良血で血統的な期待も大きい。

⑪ブランアルディ

近2走から能力上位は明白。小回りに対応できる先行力があって鞍上もこの舞台で複勝率58%。ただ、エスポワールシチー産駒が意外にもここでは0-1-2-28(複勝率9.7%)と不振。馬質にも依るので一概には言えないが、やや気になる点である。1番人気まで推されるようだと、このようにひつとでも不安要素があると全幅の信頼は置けなくなってくる。

③ソフィアコール

前走はスタートで少し飛び上がるような形で行き脚が付かなかったし、そもそも大外枠で立ち回りが難しかった。逃げ馬、4角2番手の馬が残る流れを後方から追い上げて5着なら力は示した。ダートはまだ2戦だけで②⑤着と底は見せていない。今回はロスのない立ち回りができそうだが、稽古が一息の分本命までは推せなかった。それでも前走1番人気から人気急落なら買う価値はあり。

穴⑭モズネズコ

芝の新馬でいきなり3着し、以後も牡馬混合の中距離で差のない競馬。能力自体はここでも上位。ダートに活躍馬の少ない牝系だけに初ダがどう出るかだが、マクフィ産駒は当舞台の複勝率37%を誇るし、母父バブルガムフェローもダートとの相性は良い馬だった。休み明けでも動けているし、狙うなら先物買いのここという気がする。

穴⑤オリビアバローズ

前走は15-15-15-12の位置取りから分かる通り、かなり長く脚を使っての4着。上位には離されたが、2戦目で大きく前進した。ずぶい馬なので、これまで通りだと今回の舞台は忙しいが、キャリアも浅く使いつつ行きっぷりが良くなってくれば出番があっていい。

大穴⑩ミスオタワ

芝の2戦は結果が出ていないが、デビュー戦から稽古には見どころがあって能力を感じていた。実際、デビュー戦では経験馬相手で4角16番手と流れに乗れないながらも6着まで追い上げたのだから立派。2走目も不発に終わっているが、多少なりともレース振りに進境は見られたし、ダート替わりで一変する素養は秘めている。

大穴⑦ルクスアモール

経験馬相手のデビュー戦は楽ではないが、稽古だけなら未勝利突破レベルにある。この時期の未勝利なら素質さえあればいきなりの好走も。

 

※たくさん挙げているように軸選びからしてかなり難解でした。

 

小倉9

⑦エピプランセス

未勝利を脱したばかりでの連闘はよほど具合が良くて脈ありでなければやる意味のない行為。聡明な池添学調教師なら勝算あっての参戦とみたい(逆にこれで好走できないとなるとこの調教師に対する評価は下がる)。

 

小倉10

⑥ラインガルーダ

近2走は崩れているが、2走前には当舞台で1番人気に推された馬。休み明けでも稽古の動きは素晴らしく、うまく立て直された感。流れ次第のところもあってピンかパーだが、行き切れさえすればあっさり押し切れる力がある。

③パロットビーク

昇級初戦の前走は12番人気ながら5着に好走と早くも現級に目途。今週の稽古も素晴らしく、クラス2走目の慣れも見込める今回はもう一段前進があっても。これまで新人騎手を乗せてきたが、今度は大ベテラン。新人の方が良かった…という結果になりませぬよう。

②デアリングウーマン

休み明けでも稽古は上々。1勝クラスの昇級初戦も当舞台で3着だったように相手なりに動ける馬。

穴⑧ミラクル

エイシンフラッシュ産駒だが、この舞台で2度の3着がある。現級でも2~3走前に0.3差内に走れているし、この舞台で変わり身があっても。稽古の動きも上々。

大穴⑦ロードクラージュ

昨夏に当舞台の1勝クラスを完勝。近2走は20キロ増、30キロ減という極端な体重の増減もあって最下位に終わっているが、今回は立て直されて稽古の動きは絶好。今回は10キロ増ぐらいが理想。

 

小倉11

④アルメイダミノル

圧勝だった2走前からすると前走は物足りないが、2走前のように逃げられなかったし、内枠競馬で余計に苦しい立ち回りとなった。今回も内枠でハナに立てない可能性もあるが、行きそうな馬は6枠以後(ダノンロイヤル、ヴァーチャリティ、エターナリーあたり)だし、本馬が行く構えを見せれば、それらに脚を使わせることができる分優位に立てる。楽ではないペースで逃げながら5馬身差で圧勝した2走前は、本馬以外の6着内の馬がいずれも4角6番手以後。これもまた本馬の強さを際立たせた。今週の稽古も絶好。

穴⑧ハンディーズピーク

4戦目までに3勝を挙げた素質馬で3勝目が1年前の当舞台でのものだった。当時が少頭数のスローだったので2番手から運べたが、現級では行き脚が付かず後方からの立ち回りが多い。近走はよりその傾向が目立つだけに、今の状況でこの舞台だとかなり忙しい印象だが、小回りだからこそ流れが速くなってハマる可能性もある。このクラスにしてはメンバーも手薄な印象だし、流れが合えば。

大穴③アジャストザルート

未勝利戦2馬身半、1勝クラス4馬身、2勝クラス1馬身半。いずれも完勝の割に昇級初戦は壁に当たる(昇級初戦は⑦④⑨着)。過去の傾向からはそのクラス3走目からレース振りが良くなっており、慣れを要するタイプとみるが、それだけに現級3走目の今回はそろそろ走り頃。前走は初の東京2100mでハイペースを先行して苦しくなっての殿負け(舞台適性もなかったのだろう)。先行力があるので今度の初(小倉1700)は適性があっていい。6勝を挙げた姉ストロベリームーンの全ての勝利が1200m以下だけに母系にスピード資質も宿っていそう。

危険人気馬①ミステリオーソ

前走時の方が臨戦過程が良かったし、不器用なタイプでこの枠、しかも今回も1番人気必至なら少し疑ってみたい。

危険人気馬⑫エターナリー

当舞台で一度2着があるが、1勝クラスで内目をロスなく走れた時のもの。その次も同舞台で1番人気4着と人気を裏切っているように、本質的には小回りの忙しい流れは向かないタイプ。前走が絶好の舞台で何の不利もなく乗られて何とか3着。力が抜けているわけではないし、人気だったら軽視したい。

 

函館2

⑪ベッラアルバ

初ダで危険なパターンではあるが、芝でのジリ脚を見ているとダートでの走りも見てみたいと思っていた。人気先行型だけに少しでも人気が落ちれば、多少か買う要素あり。

 

函館5

①ゲイングラウンド

初ダで1番人気の前走は危険なパターン。2番手から逃げた馬を早めに潰して早めに先頭に立つ形も厳しかった。ダート自体は問題ないと思うが、既に実績を出している芝、500キロを超す巨漢でパワーを要する函館の芝も合いそうだ。

 

函館6

②ホウオウベリテ

前走は外枠で行きっぷりが悪かったが、内枠だった2~3走前はスムーズな先行策が取れている。今回は馬任せに乗るとのことで前に行けない可能性もあるが、内目でロスなく溜められればそれだけ良い脚を使えそう。

 

函館12

②タイムオブフライト

タイムフライヤーの半弟という良血。前走の勝ちっぷりも良かったし、ディープインパクト×ブライアンズタイムなら昇級のこの舞台も歓迎。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

明日は難解であえてランキング欄に挙げるほどの馬もいないので挙げないでおきます(^^;

応援がてらポチしてもらえたら嬉しいです。

 

noteではより買いたいレースを掲載しています。良かったらお願いします。

福島 7.8.12
小倉 3.4.7.8.12
函館 3.8.9.10.11
手書きノート

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。