狙い馬 競馬

2022.6.19(日)の狙い馬(マーメイドS予想)

スポンサーリンク

東京2

⑥ルピコラ

2走前は内枠を利してのロスのない立ち回りで好走したが、前走は外枠からでも崩れなかった。確かな力を付けている。この中間は前走以上に負荷をかけた追い切りを消化。器用でどんな競馬もできるだけに軸として期待。

⑤ミニョンルミエール

前走は勝負どころから馬群に囲まれ手応えが悪くなった。陣営が言うように砂を嫌がる面もあったのだろう。本来は1200mでも番手で運べるスピードがある。この枠からでも揉まれない位置が取れれば巻き返して当然の馬。

⑪ブロードリーチ

前走は1番人気にマイペースで逃げ切られたが、本馬も距離を詰めて良さが出た。前走ほど臨戦過程は良くないが、レース振りからこの距離で終いの粘りも増してきそうなイメージ。稽古は悪いがこれは前走時もそうだった。

 

阪神1

穴②アジアンライナー

初戦は出遅れ、前走は距離が長い。稽古はまずまずで、スタートさえ決めれば変わり身があっても。

穴⑩パルフェグラッセ

前走は東京マイルへの遠征、2走前は臨戦過程×、3走前には1400mで2着があり、決して通用しない馬ではない。

 

阪神4

穴⑪フィンスタビライザ

初ダで過剰人気には要注意だが、臨戦過程はいいしダートさえこなせれば。4番人気以下希望。

⑯メイショウアジロ

⑭シラキヌ

⑩モディカ

 

阪神11 マーメイドS

当初、狙いたい穴馬の一頭だったスルーセブンシーズがまさかの1番人気。最内枠が人気に拍車を掛けてしまったか。こうなるともはや危険な香りすら漂ってくる。この馬は折り合いに難があり、秋華賞時のように前に行くと持ち味が生きない。だから紫苑S時のように控える競馬をしてくるだろうが、内の差し馬は危険と隣り合わせ。人気薄ならまだしも…といったところ。ステイブルアスク、トウシンモンブラン、ヴェルトハイムといった条件級の軽ハンデ馬たちも、「そういった馬がよく走るレース」という触れ込みから実力以上に人気している感が…。もちろんダメというわけではないが、期待値が低い。

ということで、今年はその思想を逆手にとってOPクラス在籍で思ったほど人気していない馬から。

◎⑩アイコンテーラー

前走1番人気からの人気急落である。そもそも前走など私は一切評価していなかったが、牡馬混合重賞で1番人気だった馬が、オッズが割れているとはいえ10番人気。期待値は高い。近3走で牡馬混合のOPで走り続けた馬は本馬だけ。この経験も生きないか。3走前の関門橋Sでは左回り専でないことを証明して3着、2走前も然り。しかもこの時は阪神1800mという瞬発力を要求される舞台で切れ者カレンシュトラウスと0.1差。次走の新潟大賞典では逆転される4着レッドガランにはこの時は先着している。

4走前の愛知杯、マイペースで逃げながら、ルビーカサブランカ、マリアエレーナといったところに完敗といった感じだが、それでも着差は0.3差、4着ソフトフルートとは0.1差の5着。これがOPの昇級初戦と思えば悪くない内容では。

当時から力を付け、この中間の稽古内容が近走ではベストと思える充実ぶり。見え見えなほどに流れにも恵まれそうなメンバー構成で、4角まではまず楽しめる。あとは直線以下に粘れるか。

 

◎⑩アイコンテーラー

○⑫マリアエレーナ

▲③ソフトフルート

△⑨ルビーカサブランカ

※ここまでが愛知杯5着上の馬たちで案外終わってみれば当時と着順が入れ替わっただけ、なんてこともある。

×①スルーセブンシーズ

×⑤トウシンモンブラン

×④ステイブルアスク

※ヴェルトハイム、ゴルトベルク、ハギノリュクス、ウインマイティー、クラヴェル…ヒモで挙げだしたら切りがないので印上は上記まで。

 

函館3

⑨キュートヘスティア

①マーブルケイケー

 

函館6

⑦サトノドルチェ

まさかの最下位に敗れた前走だが、オルフェーヴル産駒が阪神2000mの大外枠(しかもスローの前残り)でコントロールがきかなかったもの。それ以前には常に上位争いしていた馬で立て直されたここはまともなら一変。オルフェーヴル産駒は当舞台で1-5-5-13で複勝率45.8%。これまで同様、勝ち味の遅さを露呈する可能性はあるが、積極策から軸としての責務は果たしてくれそう。

 

函館8

穴④ディーエスボンバー

穴⑩トミケンベレムド

 

函館9

④ヴェントボニート

2走前は位置取り悪く、相手も強かった(勝ったスズカトップバゴは次走も連勝)。前走も明らかに不利な大外枠から強い競馬の3着。3歳時から重賞級と評価している馬だけにいまだ1勝クラスにいるのが不思議なくらいだが、連闘で勝負をかけてきたここはそろそろ現級突破のチャンス。滞在ということはあるだろうが、順調に使い込めるようになったのもフィジカルの成長だろうし、今回は頭で期待。

穴⑨タケルジャック

脈略のない使われ方をしている上に前走は道中も最悪の流れ。デビュー当初は現級もすぐに勝ち上がれるぐらいの走りを見せていた馬だしきっかけひとつ。近2走が合わない条件だったし、洋芝の1800mという条件は合いそうで。

 

函館10

穴⑦キゾク

穴⑬ロスコフ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログからより買いたい馬

 

より力を入れて書いているnoteもよろしくお願いします。


東京3.4.7.10.11.12
阪神2.9.10
函館1.2.7.11
手書きノート

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。