狙い馬 競馬

2021.9.10(土)中山の狙い馬

スポンサーリンク

中山2

穴②コンセプシオン

前走は熱中症とのこと。稽古では動いていて素質は感じさせていただけに改めて。血統的に条件替わりもプラスに働きそう。

穴⑧バオバブスピリット

稽古良化。前走は後方から脚を使えていたし、一度使った効果でもう少し位置を取れるようなら前進見込める。

 

中山9

◎③プルバレイ

○②フェスティヴボス

▲①ハイアムズビーチ

※このレースの存在意義すら疑問に感じるメンバー構成だが、あえて印を付けるならといった感じです。◎は堅軸と見てます。

 

中山10

◎②ノックオンウッド

臨戦過程一番。開幕馬場でも近年は差しも利く秋の中山。この頭数でもどちらに展開が味方するかも分からない中で好位から競馬のできる本馬はどう転んでも問題なしということで。順張り産駒のフランケルなら昇級戦も不安なし。懸念は札幌除外の影響と一番人気まで推されるようだと妙味なしといったところ。

○⑧タイガーリリー

来週なら自己条件に同じ芝1200mがあるのにあえての格上げ挑戦は確かな脈があるからこそでは(しかも中1週で)。力不足を露呈して無様な競馬をするようだと、この参戦はいったい…とちょっと呆れる(笑)

▲⑥プレシオーソ

前走以前の4走は連続馬券内と現級能力上位は明らか。どう転んでも3着までという決め手のなさから5番人気に甘んじているが、今回のメンバーなら上位争いできてもいい。気難しく1400mでも乗りにくさがあったので初の1200mで溜めの利いた競馬で良さが出るかも。

△⑤ファルヴォーレ

前走は最悪の臨戦過程で負けて当然の鞍。今回は開幕馬場が鍵となるが、少頭数は好都合だし、現級上位は確か。福永騎手の3戦連続騎乗も心強く。

 

中山11 紫苑S

先週日曜に特別登録を見た瞬間、ファインルージュでしゃーないか→スルーセブンシーズ、トウシンモンブランも面白そうだぞ→メイサウザンアワーってかなり強いよな…と脳内変遷したこのレース。

終始変わらなかったのは、エクランドールは期待値が低い、ハギノピリナがここもあっさりクリアするようだと相当に強い(が藤懸騎手がそんなアシストができるのか?いやできないはず)といったところ。

結局、前日段階のオッズを見て

②トウシンモンブラン

①スリーセブンシーズ

この1枠両頭に注目したい。

トウシンモンブランはキャリア12戦のタフネス娘。これだけ走って5着以下はダートの一戦のみという安定感もある。未勝利を勝つのに10戦も要したが、単に武運がなかっただけで、その過程の中ではジェラルディーナ(先週牡馬混合2勝クラスを楽勝)とタイム差なしの2着もあった。ようやく勝ち上がって再びジェラルディーナと相まみえた2走前は未勝利時代よりも完敗だったが、いつもよりも後方からの差す形でも一瞬はジェラルディーナに肉薄する脚を見せていたし(最後は突き放されたが)収穫十分の一戦だった。前走は不利さえ受けなければ負けないといった外々回しの横綱競馬で牡馬を完封。充実ぶりなら今回のメンバーでも随一と思えるし、中山2000mのようなタフな舞台ではキャリアの多い経験値の多い馬の強みが出ることも往々にしてある。実際、過去10年の当レースでキャリア11戦以上の馬の連対率は33%と侮れない。

スルーセブンシーズは馬柱から分かる通り当舞台の鬼的存在。3走前は牡馬相手に3着に敗れたが、4か月振りで20キロ増の馬体重を思えばかなり強い内容。その力は叩き2走目のミモザ賞でも証明されてここではムチもくれずに後続を完封。これだけ強い競馬を見せられると重馬場適性が高いのかとも思ったりもするが、実際に良馬場での好績もあるし、オークスでも伸びないインから見せ場は十分だった。姉パッシングスルー(父ルーラーシップ)が当レースの勝ち馬だし、父は違うが本馬の父もタフな中山を大好物していたドリームジャーニーなら更に適性は高いと思わせる。最内枠は乗り難しさを伴うが、ミモザ賞では機動力も見せていたし、ある程度流れに乗った競馬ができるようなら十分上位争いできていい。ただ、前走で騎乗した戸崎騎手もミモザ賞で勝利に導いたルメール騎手も乗らないというのは、そういうことなのか…という気もしたりする。

いずれも1枠に入ったので枠連で遊び。かつ全く人気のないトウシンからちょろちょろ。そんな想定で考えてます。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑まだブログにアップできてませんが中京からこの一頭に注目

noteもよろしくお願いします('ω')ノ

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。