狙い馬 競馬

2021.8.15(日)の狙い馬

スポンサーリンク

バタバタしていて見解まで書ききれないレースもありまうがご勘弁<m(__)m>

 

新潟2

④ズールウォリアー

 

新潟3

◎②リアグラシア

○⑬モリノドリーム

▲①ショウナンアメリア

△⑩ボルテーニャ

△⑧ランコントル

△⑭ニシノラヴウインク

※前走時、自信の本命を打ったショウナンアメリア、能力を買っているので頑張って欲しいが、臨戦過程と枠がひと息。土曜のパスクパラディーの3着という結果からも、いかに力があっても臨戦過程が悪ければ勝ち切るのは容易ではない。よくて3着の見立て(これで勝ち切るなら上のクラスでもやれる)。

 

新潟6

⑩ビリーヴインミー

意外にも初の1200m戦となるが、近2走1番人気ながら3着と人気に応えられていないのは距離も一因かと。それでも2走前は小回り福島特有の出入りの激しい流れの中を終始3番手の先行策から粘り込んでの3着、4着以下には4馬身差だから強いは強い。この距離でも流れに乗れるスピードがあるし、本馬より外枠の馬がいずれも差しタイプなので外から被される心配も少ない。好位抜け出しに期待。

⑥エーアイダンサー

前走は12番人気3着という激走だが、新馬戦で3着した馬にその人気は過小評価だったかと(もちろんその前の地方戦で大敗という結果を受けてのことではあるが)。人気薄で走った後は様子見するのが妥当という見方もあるが、未勝利上位常連レオンベルガー(5着)に0.6秒先着、0.3差だったスキャッターシード(2着)も次走であっさり勝ち切ったことを思うとあながちフロックとも思えない。この中間は8/3 ウッド 68.9-53.7-38.7-11.3(馬なり)、8/11 ウッド 81.2-65.0-51.3-36.9-11.5(強め/3勝ウイングレイテストと併入)を計時しているように一段と状態を上げてきた印象。

穴③ソレンニータ

穴①フォルトゥナータ

穴⑫アイアムヤルワヨ

 

新潟8

③トリプルシックス

もともとクラス上位実績があるし、この中間、稽古だけは素晴らしい。

⑮メシアン

⑦チャイブテソーロ

⑨マイグレーション

⑭ラヴアドヴェンチャー

⑬ケヴィンズクロス

 

新潟9

⑬ノーブルシルエット

同日の古馬以上に速い時計で勝ち上がった前走はもとより、ハイペースをただ一頭先行して粘り込んだ2走前の内容が秀逸。距離は問題ないし、ここも突破できる器。

⑨アリエノール

穴⑭ベルジュネス

穴⑫ストロングレヴィル

 

新潟10

③グルファクシー

⑦マリノソフィア

⑧ガロシェ

穴①エフティイーリス

 

 

小倉1

⑧メイショウイヌワシ

前走は6着とはいえ3着とは0.1秒差。上位5頭はいずれも33秒台の上がりを使っていたように上がり勝負が合わなかったか。過去3年当地で29勝(今回のメンバーでは2勝のリオンディーズが2位)を挙げるカナロア産駒なら条件替わりはプラスに働く。初戦時から稽古は動いていたし、この中間も及第点以上の動き。

 

小倉2

⑫エイシンイルハーン

⑧イーサンタイガー

⑤ダノングロッケン

穴⑩パラダイスアレイ

穴⑬クレスコロッキー

 

小倉3

⑧テーオーマシェリ

前走は積極競馬で差し追い込み馬を誘発したが、勝ち馬を除いて2番目に強い勝ち方をしたのが本馬。もう少し溜めを利かせる競馬ができれば一押しがあっていい。

⑬ウインバカンス

近2走は3着馬とは0.1差以内の勝負。牡馬混合から牝馬限定に変わればもう一歩前進があっていい。

 

小倉4

⑬メイショウコウシ

⑪ガムラン

⑤マッチレスギフト

⑫ストロングカレント

穴③ヴァンヤール

 

小倉8

⑩デアリングウーマン

①プレジールミノル

⑤ムジック

 

小倉9

⑫ペプチドルーカス

前走は最悪の臨戦過程でまず来ないと思ったし、道中も立ち遅れていたのでしめしめと思いながら見ていたら、直線外からあっさり伸びてきて3着を死守。ダテに地方を含めた全18戦で2戦しか馬券を外していない安定株。今回は激走続きの疲労を懸念するか、当舞台でも複勝率44%を誇る川田騎手を優先するか迷ったが、中間の坂路の動きを見る限り状態面に不安はなさそう。もういっちょ軸としての責務を果たしてもらいたい。

⑪ヒルノエドワード

前走は立ち遅れ気味のスタートから早めの仕掛けで先団に取りつき、それでいて終始外目を回して勝ちにいく競馬をしながら4着。上位3頭とは立ち回りの差だけという形で1200m適性を見せた。今週の坂路で抜群の動きを見せており、叩き3走目でまだ上積みも見込める。

他注目馬

⑮ソフトキャピタル

⑦タケルジャック

⑱ルージュグラース

⑤デルマヤクシ

⑧ジューンベロシティ

 

小倉10

④ワールドスケール

力を要するO型コースの適性が高く、この舞台はピッタリの印象。1800mだが小倉で圧勝歴もあるし、臨戦過程も一番、鞍上も一番なら軸として信頼。

⑨ベレヌス

小倉記念とのダブル登録組が多い中でここ一本にかけた意欲を買いたいし、稽古の動きもその想いを表すに充分なほど素晴らしい。

他注目馬

②イロゴトシ

⑤バイマイサイド

①ギオリキアリ

 

小倉12

⑤ディオスクーロイ

距離延長がどうかという臨戦だが、道悪で追走スピードが求められる馬場なら初距離でもこなせると見て本命。この馬を推す理由は単純に能力を買っているという点が大きい。2走前に最速上がりで楽勝した時の②④⑤着馬が既に勝ち上がっているし、本馬自身の昇級初戦(前走)は4着だが、道中一番人気馬(2着)を追従する位置で積極的に運んでいたし、勝ちにいく競馬で最後に追い込み馬の強襲を受けて3着を逸した形。それでも早くもクラスの目途は立てたし、今週の稽古の動きも坂路で終い11.8とキレッキレ。母も兄弟も1700m以上で勝ち鞍があり、本馬にも是非こなしてもらいたいもの。

他注目馬

⑬ワイズマンハート

⑧ランスオブアース

①キョウワウォール

⑩ブラックアーメット

穴⑨チュウワフライヤー

 

札幌1

穴④エレクトロワールド

 

札幌2

⑧メイソウケンジャ

1700mと天秤にかけこの距離を選択。出脚の鈍いタイプだけに自分のリズムで追い上げ可能な長距離戦は合っている印象。血統的にも母父メイショウサムソンなら適性も十分見込め。

 

札幌4

⑤アルジェンントステラ

前走はスローで逃げたホウオウラフィット(3着)から0.1差の4着。上がりが本馬の方が0.3秒速かった。そこまで能力差はないにもかかわらず、オッズに乖離が見られる今走はこちらを本命視するのもありかと。東京主体に使われているが、モーリス×マンハッタンカフェ×シルヴァーホークというスタミナ優位の配合だけに洋芝適性も高そうで。

⑨ホウオウラフィット

本馬も当然軽視はできず。前走は出入りの激しい流れに巻き込まれ、捲りをうった勝ち馬に足元を救われた形だが、差し馬に流れが向いた中で連対を死守したあたりはさすが。セレクトセールで1億9千万の高額取引をされた馬でいつまでも未勝利にとどまっているわけにはいかない馬でもある。

⑩ヴィトーリア

⑬ソルフィネット

⑦フレーズバニーユ

 

札幌6

穴⑩セイウンノウヒメ

3走前にはゴールドフィンガーを撃破。前走は芝で度外視。クラス慣れ見込み距離短縮もプラスに出ていい。

※タマモヒメギミはそろそろ怪しいかも。

 

札幌9

⑫カイアワセ

4走前に1200mで鋭い脚で勝ち切ったにもかかわらず、その後の3戦はいずれも1400m。1000mは忙しいだろうが、差し脚には磨きがかかりそうだし、流れれば届くのが札幌。

⑥マリアルージュ

1000mは少々忙しいが、近走に比べればマシ。臨戦過程まずまず。

 

札幌11

穴②ヒロイックアゲン

近2走は内枠の不利。3走前にはオーシャンSでビアンフェと0.1差4着しているし、開幕札幌のインでロスなく立ち回れるようなら。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログ内で買いたいレース

noteもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。