狙い馬 競馬

2021.5.29(土)東京・中京の狙い馬

スポンサーリンク

東京1

穴⑧マテラガニア

母リアライズノユメは、牝馬ながらに3連勝で兵庫ジュニアGを制し、全日本2歳優駿でも2着した馬。3歳以後の勝ち鞍がなく早熟だった可能性は強いが、スピードがあったことは確かだし、本馬にとっても1800mからの距離短縮は有効に働きそう。2戦とも2秒以上も離されているが、叩きつつ良化を促す宗像厩舎の所属馬で叩き2戦目の上積みはありそうだし、今回はメンバーがかなり手薄。稽古で目につく馬もおらず、通用していい臨戦。

 

東京2

⑤サイレントナイト

前走は勝ち馬に展開がハマって大きく離された2着だが、一連の成績と稽古の動きからも未勝利は突破できる馬。今回も軸には無難(断然人気でしょうが)。

⑪カフェリリー

デビュー戦は福島D1150mで9着だが、経験馬相手の初出走、しかも小回りの舞台で4コーナー15番手という苦しい位置取り、それでも最速上がりを使って直線だけで半数の馬を抜いたのだから悪くはない内容。その後は4戦連続1800mを使われているが、母系は本質的にスピード型だし、初戦の内容から短い距離向きの馬の印象。当初は1800mでも前に行けないレースを続けていたが、経験を積んで先行力が出てきたのは良い兆候だし、道中2番手を追走できた近2走を経ての短距離へのシフトチェンジは奏功しそうなイメージがある。田辺騎手は出走騎手の中では当舞台で断トツの成績(複勝率31.3%)だけにこの手替わりもプラス。

穴⑦グルナピーク

昨秋には東京で②③着があって未勝利脱出は目前と思われたが、そこから急ブレーキの近況。とはいえ、4走前は最内枠で出遅れて流れに乗れず、4走前は距離が長い。2走前は距離が短く、前走も外枠で出が遅く全く流れに乗れず。②着した時にはスタートを決めて逃げの手を打てたし、その時に4馬身離したラストサムライは既に2勝を挙げているだけに決して力が足りない馬ではない。要はいかにスタートを決めて流れに乗れるかどうか。軸とするにはリスキーな馬だが、ヒモ(穴)としての魅力はあるし、減量騎手でスッと先行策が取れるようなら残り目も。

穴⑥ビービーモノローグ

前走は外枠で出遅れて流れに乗れなかったことが全て。2~3走前だけ走れば十分巻き返し。

穴①モーニングアップ

地方交流でも掲示板に乗れなかった前走はスタート後の不利。それ以前の中央ダート2戦の内容はそこまで悪くなく、スタートさえ決めれば差し込みがあっていい。

 

東京3

④フクノグラーティア

東京では4戦して入着を外していないように相性の良い舞台。デビュー2戦目にはNHKマイルC2着ソングラインの3着。この時2着のトーセンメラニーとはクビ差だが、トーセンも未勝利突破目前の強い馬、4着ホウオウラスカーズが先週2勝目を挙げ、5着ラングロワも勝ち上がっている。前走も上位3頭が強かったので4着といえども今回のメンバーなら威張れる内容。東京では1枠や8枠など極端に入るケースが多く、前に行けずに差し届かずといったケースが多いが、3走前から前にも行けるようになっているし、2度目の騎乗となる大野騎手がある程度の位置を確保してくれれば圏内まで差し込めていい。

⑬ウインチェレステ

昨年11月のデビュー戦では展開に恵まれた感もあったが、この時の③⑤⑦⑩着馬が勝ち上がっており、⑩着馬は既に2勝とレベルはまずまず。2戦目も連続好走の3着。この時は8枠16番から強気の積極策で後方各馬に展開利のある流れ。負けて強しの3着と言えた。前走は意外な凡走も、その後休養に入ったところを見ると状態面に問題あったか(稽古も良くなかった)。能力があることはデビューからの2戦で証明済みだし、中間は坂路とウッドを交えてきっちり立て直された印象で。

穴⑧ハヤブサビッグバン

デビュー戦はいかにも初出走らしい競馬で、とりあえず脚ならしで一周回ってきましたといった競馬。ペースもスローで馬場も悪く、後方から差すのは物理的に難しいバイアスでもあった。デビュー戦時は、芝の最終追い切りで5F67.5終いも12.7と目立たなかった馬が、ひと叩きされた今回はウッドで5F66.7終い12.7と負荷を強めてきたし、上積みは見込めそう。ヴィクトワールピサ産駒は当舞台で複勝率33.3%とベストに近い条件。前走は馬場が悪く走りにくそうな印象もあったし、走りやすい東京に変わって一変がないものか。

穴①スマイルフェアリー

安定感のないタイプだが、前走はスローで展開が全く合わなかったし、最内枠だったので身動きも取れず。ハマれば脚を使えることはデビュー戦と2走前の通り。Cコース替わりで今回の最内枠は恵まれる可能性があるし、交互質の好走になっているので今回は力を出し切れそう。

 

東京4

穴②ウレキサイト

穴⑫マグニフィクス

※障害といえども稽古は重要。この2頭は平地に出したくなるくらい稽古内容優秀。

 

東京5

穴③フレディバローズ

経験馬相手の前走は7着と悪くない内容。叩かれた今回は稽古内容が良化。先週がウッドで終い11秒台。全体の時計はそこまで速くなかったが、とはいえこの切れはなかなかのもの。今週も併せ馬を4馬身千切ったように上積みは大きそう。母が1200mの馬だったので1600mあたりを使ってきた時の穴という感じもするが先物買いで。

 

 

ここから力尽きて見解書きまで手が回りません。味気ないけどご勘弁を🙇

 

東京12

⑨ロードリッチ

マイルでもスッと先行できる馬がいけなかった前走は不良馬場がすべて。2走前にクラスの目途も立てているし、得意条件なら…と思ったけど、ちょっと過剰人気だなぁ。外目をスムーズがこれまでの好走の条件だけに前夜段階の感触からはやや落ちる(見解は当日の朝に書いています)

⑩カフェプリンス

マイル戦は2度しか走っていないが、うち1度は11番人気で3着に激走した昨年の同舞台でのもの。当時が1800mからの短縮で今回と同じ。母はバーナーディニ産駒のスピード馬で距離は短い方がベターと思える。ロードリッチとの人気の差を考えるとこちらの方が妙味あり。

穴⑪スパイスマジック

穴⑬バクハツ

 

中京3

穴①エーティーソブリン

稽古抜群。条件替わりで一変期待。

 

中京4

⑩ショウナンガニアン

3走前の当舞台が物理的に間に合わない17番枠から4着。2走前が道悪で前の止まらない流れ。良馬場で好枠を引き当てた前走でようやく能力前回の2着。ハイペースを5番手追走できたし、後方から差し込んできた(かつ臨戦過程の良かった)ヘルラルカレーラよりも価値ある内容。

①エリカステラ

前走は不良馬場が多分に影響。しかもそんな馬場でハイラップの逃げで目標になっては苦しい。今回も道悪の内枠がどうかも乗り替わりはプラスだし、能力は秘めている馬なので前進期待。

⑪ユナイテッドハーツ

⑦ヘネラルカレーラ

穴⑰フューチャーポップ

 

中京6

穴⑫テイエムベンチャー

前走は流れも合わずも、2走前当舞台の内容から現級通用の力は持っている。この中間は稽古の動きが目立っており立て直し成功の感。

穴⑧ヴォワドアンジュ

休み明けで昇級の前走は2番手からの強気の競馬で終い甘くなったが、クラスの目途を立てる優秀な5着。当舞台実績もあり、3走前の未勝利勝ちの内容から昇級2戦目、叩き2戦目の上積みを加味すれば通用も。

 

中京7

⑦ピノクル

前走は小回り特有の忙しい流れに追走もままならず。現級であそこまで負ける馬ではないので条件が合っていなかったと割り切れる。今は2000mがベストでこの距離の3走前にはジェットモーション(この後さらに2勝を積み上げ現在OP入り)の僅差2着。道悪のNHKマイルを豪快に差し切ったピンクカメオの仔で荒れた馬場も問題なくこなしそう。

④タンジェリンムーン

2走前にマイルで好走したとはいえ当時は重馬場。ゴールドシップ×エリシオなら本質的に2000m以上は欲しい。条件好転&頼もしい鞍上を招き前進しかない今回は本命馬と同格の評価。それなら人気のない方(ピノクル)を上位に取ったという形。

⑧サマービート

前走は出遅れた時点で終戦。終いは伸びていたとはいえ、上がりも速く前残りでは物理的に届かない。母系が欧州系だけに距離延長はプラスだしタフ馬場も歓迎。既に現級は勝っている馬だし、今回は反撃必至。

③キングオブドラゴン

自己最速上がりが34.6という鈍足馬。それだけに今の中京は合っていそうな気はするが、2000mへの短縮がどう出るか。近走いけなくなっているだけに追走に余裕がなくなる可能性はある。連闘で勝負をかけてきた矢作厩舎の馬なら下手な競馬はしないと思いつつ、1番人気に支持されるほど強い馬とも思わない。そういう意味での4番手。

 

中京8

⑦ナムラボス

D1200は生涯2度目だが、唯一の勝ち鞍が1200mなのになぜ今まで使ってこなかった?といったところ。久々の1200mを迎えるにあたって前走で逃げている点はいいし、この距離だと逃げの手にはならないだろうが、終いに脚を転化して甘さを補えるのでは。

穴⑩ベストチャーム

中京の当舞台では好走歴多数もその時は常に後方で脚を溜める形。前走は少々積極的すぎた印象。岩田父ならこの馬の特徴は分かっているし、ここは控えて末脚発揮に期待。

穴⑮エヴァジョーネ

穴⑪パンサーバローズ

 

中京9

⑩ダディーズトリップ

前走は直線詰まって何もせず回ってきただけ。引き続き手綱を任された菱田騎手は稽古でも付きっ切りで跨っており、ここは巻き返しが至上命令かと。

穴⑦タイセイモンストル

 

中京12

⑫コパシーナ

前走は不良の速い馬場で前をいった馬がそのままの流れ。15番枠から後手を踏む形となった本馬には厳しい流れ。度外視可能な一戦だし、前走以前の戦績からまともなら巻き返し。松山騎手もプラス。ただ、朝段階で一倍台の人気はなんだろう?このままなら買うつもりはない。

⑩メイショウベッピン

⑯アサカディオネ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログの中の個人的一押し(というか自分の買いたい馬)は?

noteも良かったら覗いてください。

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。