狙い馬 競馬

2021.3.28(日)中山の狙い馬

スポンサーリンク

今日の中山は芝もダートも断然前有利。

そろそろ先行馬が苦しくなるバイアスがかかるかと思ったら、その馬場読み含めて難しい競馬になってしもうた。

自分は割と差し馬を狙いたくなってしまうのだけど、現代競馬は基本前に行ける馬を狙わないといけないのかなと反省。

しつつ、明日の中山6でも追い込み馬を狙っているけど(^^;。まぁダートなら流れひとつで差しが利くこともあるからね。

マーチSは、「そこに重賞があるから」という感じで予想はしたものの、かなり難しい。外れて当然(おい)、当たればラッキーくらいの感覚で。

中山は騎手もいないし(ルメール独壇場)、あまり積極的に買うレースはなさそう。

 

中山1

穴④フェミニンルック

母系にはスピードの血があるし、エピファネイア産駒の姉(本馬同様410キロ台と小柄)がダートで2勝しているようにダート適性が見込める。3走前には芝マイルでだが、勝ち馬から0.2差があるし、未勝利突破(ないしは圏内)の目途は立っているので条件替わりが良い方に出るようなら。

 

中山5

大穴⑤ファインディーヴァ

2度目の芝戦だった前走はタフな小倉2000mの舞台で牡馬に混じって5着。最後は差を付けられたが、終始外目の追走から早めに動く姿勢を見せての踏ん張りは評価できる内容。姉にクリアサウンド、リュニベールといった複数勝利を収める馬がいるように、血統的には筋が通っているし、それらがいずれも1400m以下で活躍していることからも、本馬も前走から距離が短くなるのも悪くないのでは。

 

中山6

穴⑪リワードマレンゴ

出遅れ率100%の馬なので今回もそれは覚悟しなければならないが、当舞台のデビュー戦で前残り決着の中、出遅れて4コーナー11番手から直線飛ぶように伸びてきた脚が印象的。当時0.2差まで詰めたゲンパチフォルツァは1勝クラスも楽勝しているだけに、本馬も出遅れて掛かる面を見せていた前走が本来の力ではない。勝ち上がったのは東京1400mだが、終いの脚をより生かせるのは本舞台という見立てになるし、初ブリンカーのリアルドキュメントあたりが徹底逃げの構えなので流れも向いてくれそうで。

※穴という人気には収まらないかもしれないが、人気で買うには出遅れなどリスクも多いという意味で。

穴⑯サイファーシチー

当舞台で新馬を鮮やかに勝った馬としてはその後が残念な結果だが、2走前は休み明けでまだクラス慣れもしていない段階と思うし、それでも直線はこの馬なりに伸びていた。前走は阪神1400mで掛かって34秒台で先行する羽目になっていたし、垂れるのも当然という結果。今回は休み明け3走目、舞台も合っているし、前走のタフな経験も生きる。

穴⑬リンカーンテソーロ

 

中山9

穴⑧スウィートブルーム

フラワーCに出ていても穴として推すつもりだった馬だけに1勝クラスなら尚更。前走は府中2000mのスローと適性外。2走前には牡馬相手に2着があるし、何より昨夏の未勝利勝ちが圧巻。不良馬場の恩恵はあったろうが、今のタフな馬場なら悪くはないはず。積極的な競馬ができれば十分圏内。

 

中山10

穴④レオンドーロ

前走は外伸びの馬場を内先行で伸び切れずも、そもそも府中は向かない馬。今回はマイルの距離がカギだが、中山なら2勝クラスまでは堅実無比な走りを見せていたわけだし、この頭数なら持ち味の先行策も取れそうで。

 

中山11 マーチS

このレースの連動レースは総武Sと仁川S。

特に仁川Sで好走した馬の本レースの好走確率は非常に高い。ならばその仁川Sを強い内容で勝ってきたのに不思議と人気の上がってこないマイネルユキツバキで行けばいいはずなのだが、素直にそうできないのは近2走が川田騎手補正が掛かっていたのではないかとの猜疑心ゆえ。

むしろ過去にはほとんど来ていない仁川S凡走組にはなるが、大敗はしたが、当時2番人気で自分の競馬のできなかったベストタッチダウンが得意距離に戻って巻き返しも?などと狙ってみたくなったり、超のつく大穴として、逃げの競馬がカンフル剤になったかも?というテーオーエナジーに2年前の雪辱(1番人気10着)まで期待したくなってきてしまう。

総武S組からは今回は展開が向きそうなハヤヤッコ、人気を裏切ってクラス慣れの見込めるダノンファストのキンカメ軍団をピック。

他では、暮れの東京大賞典で無念の「それ4」を味あわせてくれたヒストリーメイカー。スタートで躓いて位置取りが後ろになった上に流れにはスローときたが、それでも直線は内からしぶとく脚を伸ばして、オメガパフューム、カジノフォンテン、ウェスタールンドに次ぐ僅差の4着。11番人気馬を自信を持って推していただけに痛恨の鼻差だったが、それでも力は見せてくれた。

今回は当時ほど臨戦過程も良くない上に妙味も軽減、さらに乗り替わりも気になるところではあるが、稽古の動きは上々だし、アメリカンシードの作り出す流れは、本馬がみやこSで差して2着した時同様の流れを誘発する可能性が高いとみる。

もう一頭、気になる穴馬としてロードゴラッソ。アメリカンシードの出走した近2走はいずれも差し馬との組み合わせになっているように他の先行馬にとっては厳しく、スタミナを持つ差し馬の台頭がある。ならば今回もハーツクライ産駒の本馬にとってはおあつらえ向きの流れが予測されるし、本来は差し脚を生かす馬が前走で先行策を取っているのもいい材料。

 

といったようなことから印。難解すぎて自信はないですが。

◎⑫ヒストリーメイカー

○④ロードゴラッソ

▲⑥アメリカンシード

△⑦マイネルユキツバキ

△⑧ハヤヤッコ

△⑨ダノンファスト

穴⑯ベストタッチダウン

夢⑩テーオーエナジー

 

中山12

穴⑬ダイワドノヴァン

穴⑫ジャッジ

穴③ベルジュネス

 

 


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。