狙い馬 競馬

2021.12.18(土)中山・阪神・中京の狙い馬

スポンサーリンク

起床したらいい天気、まさに競馬日和だね。

なんて思っていたら、関西方面は場合によっては中止もあり得たとか?

中止にならなくて良かった~

けど、馬場はどうなんだろか?阪神なんかは想定以上にパワーより想定かもね。

何にせよ無事に開催されて何よりです。

 

中山2

穴⑥エムラム

ルーラーシップ産駒の姉は当舞台で2勝。500キロの大型馬。先行力はあっても切れないレース振りから本馬もダート適性があって不思議ない。稽古もそこそこ動く馬。

穴⑪フジショウセツ

この中間は全体時計こそ目立たないものの終い重点にラスト1F11秒台を連発。初戦は脚を使えなかったが、レース慣れも見込む今回は終いの脚を使えそう。

 

中山7

⑮マイネルシーマー

稽古は目立たないがゴールドシップ産駒だけに実戦向き。デビューから5戦して4着を外さなかった馬が前走で初めて7着に崩れたが、初の東京で上がり勝負。自身としてはこれまでの自己最速を1.2秒も上回る上がり(3F)は使っているわけで、単に舞台適性がなかっただけのこと。4走前にレッドラディエンス(ベゴニア賞V)の2着と能力的にも上位。母は2400mでも好走したぐらいのスタミナがあったし、中山替わりで大きく加点。逃げ差し自在で多頭数も(タフな流れになる可能性から)歓迎。

⑨シタゴコロ

前走で初めて3着と好走した後、さらに上昇しているようで、メンバーでも中間の追い切り評価は一番。前走が東京2000mのスローな流れを4角10番手から最速上がりで差してきたように中山替わりが好転するとも思えないが、イスラボニータ×ハーツクライなら血統的にはむしろ歓迎。江田騎手で好走しながら嘉藤騎手への手替わりも匂う。以前から嘉藤騎手を起用してきた奥村師だけに、調教師試験に合格し、騎手生活も残り僅かとなった鞍上へのはなむけ的な騎乗依頼と勘ぐってしまう。

穴⑪テッシトゥーラ

デビュー戦は見せ場なく7着に敗れたが、逃げた馬が33秒台の上がりを使うような流れではハービンジャー産駒の持ち味は生きようもない。稽古はそれなりに動いていて一定以上の能力はありそうだし、母がデビュー戦6着後の2戦目に一変して勝ったことから本馬も叩き型の素養あり。当然ながら舞台変わりも歓迎。

危険人気馬③ミラキュラスライト

 

中山9

⑧ティーガーデン

追い切り抜群。これは姉ソングライン同様に素質が高そう。連勝もあっていい。

 

中山10

⑬グロリアムンディ

デビュー当初は福永騎手がクラシックを見据えたほどの馬。切れずに芝では伸びあぐねたが、ダートに変わった前走で期待通りに適性開花。ダートならノンストップで3勝クラスまでいけていい素材。

①ダノンブレッド

穴⑯キングサーガ

素質的にはもっと上でやれていい馬だが、気性や体質の難しさもあって前走でようやく勝利。3走前の初ダートをきっかけとして上昇してきたが、距離を伸ばした近2走の安定感なら昇級の今回も相手なりにやれていい。

穴⑥ダイシンカローリ

この中間の稽古がやけにいい。10-10-8-2と早めにまくり上げて2着と0.1差だった前走内容も良かったし、母父マヤノトップガンに母母父カコイーシーズなら距離延長で更にパフォーマンスを上げてきそうなムードがある。

穴⑪スキッピングロック

 

中山12

◎⑩キタノインパクト

○②プロース(穴)

現級でも6走前から5戦で4着内。2走前は8枠だったし差し決着となって力を発揮できなかった。3走前にはソーヴァリアント(チャレンジC)の2着があり、前走もJCの日でハイレベルなメンツが揃った中、決め手勝負にも屈せず4着。中央場所でも遜色なく確実に力を付けている。キャラ的に中山替わりは歓迎だし、好枠も引けたので先行粘り込み期待。

▲④プラチナトレジャー

3走前の勝利時にルメールをして重賞級と言わしめた器。実際、東スポ杯4着、京成杯5着の実績がある。前走は臨戦過程悪く外枠の不利もあった。脚質的に中山がどうかも、3走前の札幌の走りが良かったし、今回は臨戦過程もいいので好勝負可能。ルメールがキタノインパクトを選んだ分三番手としたが、勝ち味の遅いキタノを食ってしまう可能性も。

△⑬アールバロン

自分で競馬を作れる強みが今の中山のバイアスに合っている。稽古の動きからも推奨できる。

×⑪アルディエンテ(穴)

こちらも稽古の動きは目立っている。現級でも2度の2着があり、オッズほど上位との差はないのでは。

 

阪神2

⑫プルサティーラ

デビュー戦が牡馬混合でオタルエバー(新潟2歳S3着)の3着、2着コリエンテスも評判馬で当時は本馬vsコリエンテスの様相だったほど。コリエンテスも既に未勝利を勝ち上がっているし、ここは少々相手も強かった。2戦目は2着と勝ちあぐねたが、勝ったピンクマクフィは先週の1勝クラスの特別戦で2着。3着ママコチャもファンタジーS3着だからここもなかなかのレベル。断然人気に推された前走で5着と崩れたが、その前の2着時がタフな不良馬場で心身疲労もあったろうし、ここはその反動が出た形。それでも33.2の上がりは使っているし、前残りの流れも不運ではあった。父ディープインパクトが当舞台に合うことは言うまでもないが、母父アザムールもタフな欧州馬場戦線で最優秀古馬に選ばれたほどの馬。2走前の不良をこなしていることでも分かるが、今の阪神はピッタリの印象。

穴⑪グロースザーゲ

危険人気馬⑦アカデミー

 

阪神3

⑭ショウナンラタン

前走は臨戦過程も良くなかったし、着順を落とすことは想定内。ただ、ダートでも安定して先行できるようになって自分で競馬を作れる強みがある。新馬時から稽古の動きに見どころのあった馬だし、ブリンカー効果にも期待して。

⑮ドンフランキー

スローのいったいったの流れを4角11番手から2着に割って入ったデビュー戦の内容が優秀でこの時点で未勝利はすぐに勝てる馬と認定。それでも臨戦過程が悪ければあっさり敗れるという典型を見せてくれたのが2戦目の5着。新潟1400mの大外枠、今度は一転してハイペースを勝ちにいく形というのもきつかった。芝を使えば間違いなく勝ち負けだったろうが今回はあえてのダート。だが、叩き台という雰囲気は本気の稽古内容とCデム依頼から微塵も感じられない。初ダで人気は嫌煙したパターンではあるが、ここは能力に期待したくなる。姉アドマイヤビーナスも芝のデビュー戦で3着した後、以後4戦勝ちあぐね、初ダの6戦目にあっさり勝利、その後連勝も飾った。ダイワメジャー産駒で570キロの巨漢の本馬ならダートで更にパフォーマンスを上げてくる可能性は十分。

穴②ホウショウルイーズ

稽古は動く。立て直された効果に期待。

穴⑩ヴァハマ

稽古はまずまず。条件替わりで一変期待。

危険人気馬⑤クアトロフォンテ

 

杞憂に終わる可能性はあるが安定感のある下記2頭には懸念も。

⑥ピンクダイヤ 乗り替わり懸念

⑬メイショウキッド 使い詰め懸念

 

阪神4

⑦グローリグローリ

 

阪神7

⑥サクセスドレーク

臨戦ひと息ながら稽古が素晴らしくここは地力通りに評価

⑩グレートキャンベラ

競走中止明けだが稽古の動きは依然として良好。鞍上弱化だが、初戦から川田騎手を配されたほどの馬で、素質的にもやれていい。

 

阪神10

②セントウル

当舞台の1勝クラスを4馬身差で鮮やかに勝ち、3走前にも現級で3着。マイルがベストに違いないが、よりパワーを要する今の阪神が競馬場としてもベターだろう。2走前には素質馬エスコーラから0.2差。前走はこの馬のキャラからしたら正攻法に乗り過ぎた感。少頭数でも2走前のように溜める形なら確実に脚を使えそう。

 

中京2

③コーラスケイト

2戦目でオークス4着タガノパッションとタイム差なしの2着。中央交流の前走なら勝つのが当たり前という感じ。初ダがどう出るかも母はダート馬で父がオルフェーヴルならむしろ合っているかも。ここからポンポンと出世可能な素質馬。

穴⑫ムーンビード

先週の稽古で5F62秒台の猛時計をマーク。淡泊なアメリカンファラオなら休み明け○、外枠○。新馬を勝っている馬だし、仕切り直しの今回ですんなりなら通用してもいい。

 

中京4

⑬ダノンフォーチュン

②ワイズマン

穴⑪シュティル

穴⑩ジェンヌ

穴⑤キングロコマイカイ

危険人気馬⑭パープルグローリー

 

中京6

⑤デアリングウーマン

穴⑫パロットピーク

穴⑥レイデルマール

 

中京9

⑤チャックネイト

 

中京10

⑦ジャングロ

 


最強競馬ブログランキングへ

↑中でもより買いたい馬は

よりこだわって記したnoteもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。