狙い馬 競馬

2021.1.31(日)中京の狙い馬

スポンサーリンク

中京2

⑥サンライズアポロン

デビュー戦13番人気2着がフロックではないことを証明した前走。3戦目にして最終追い切りの坂路時計を前走から2秒詰めてきたし、末は切れるのでもう少し位置を取れるようならチャンス。

穴⑫ハクサンマズル

デビュー戦の稽古では52.8-12.1(強め)を計時していた馬。スローを先行してバタバタになりダート1800mで2分以上要した点はいただけないが、それだけ適性が合っていなかったとも見て取れる。坂路で動くタイプなら短距離向きの可能性もあるし、条件替わりでの一変に期待。

穴⑪クムリボ

中間の稽古の動きが目立っている。2走前には逃げて4着があるし通用する力はありそう。前走の敗因はソエとのことで、ソエなのに連闘した厩舎には呆れてしまうが(まがりなりにも3番人気)、敗因はハッキリしているので立て直された今回は2走前程度もしくはそれ以上走れても。

 

中京4

穴⑦レッドソルダード

2走前に1番人気で10着に敗れたように気性的な危うさを備えているので過信はできないが、未勝利勝ちの内容から現級は突破できるはず。稽古は相変わらず動くし、ブリンカーを装着して福永騎手なら変わり身があっていい。

 

中京5

③ロードラスター

ロードカナロアを父に持つ兄姉はダート1200mで合計5勝。母が芝馬だっただけに不思議だが、本馬は芝で走っているのでその点は問題ないとして、距離が短くなるのは悪くなさそう。福永騎手が3連続で乗ってきたし、着順が交互質になっているので今回は走ってきそう。

④ロレンツォ

前走は内枠が災い。まともなら勝ち負けまであった。ロードカナロアなのでダートも不問だが、母系は芝だし、この芝替わりも悪いとは思えない。

⑩インワンシティング

⑧セリシア

穴⑭サンライズヘリオス

この舞台得意なダイワメジャーにして、母系にトニービンとエルコンドルパサーの血。タフさとスタミナも備え今の馬場にも合いそうで。

 

中京6

①スレイマン

⑩シュライエン

 

中京10

穴⑩ターキッシュパレス

不良馬場の3走前が強い内容だったし、今回と同舞台の神戸新聞杯の走りも悪くはなかった。前走は度外視できる一戦だし、今の馬場も合いそう。現級なら十分通用しそう。

穴④ピッツィカート

「良い内容で勝てたが今回は余裕があるね」という音無調教師の正直なコメントがあるので厳しいかもしれないが、臨戦過程は悪くないので押さえておく分に損はなさそう。

 

中京11 シルクロードS

このレースはnoteに挙げさせてもらいました。

 

中京12

④アイムポッシブル

抜群のスタートから好位で脚を溜め、横綱競馬で抜け出した前走は強い内容。牡馬相手に3馬身付けただけに同姓同士なら昇級でも臆する必要はない。姉ワンミリオンスが4連勝で重賞まで勝ってしまったように、勢いに乗ると止まらない血筋。本格化を感じさせる今ならここでも。

⑥クインズヴィヴィ

⑨メイショウマサヒメ

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の中京、この2頭は購入決定

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。