狙い馬 競馬

2021 宝塚記念 臨戦過程評価

スポンサーリンク

先週はじめにユニコーンSについてツイートした。

波乱になるぞと見立てた理由は、上位人気馬の臨戦過程が軒並み悪かったから。

 

出走メンバー中もっとも臨戦過程の良かったのが14番人気のサヴァ、2番目に良かったのがケイアイロベージ。

本来ならこうしたレースでこそ、果敢に攻めて勝負しなければいけないのかもしれないが、このツイートの後、過去のデータを調べたり、他の方の見解や予想を見聞きするにつれ、「さすがにサヴァはないかぁ」と弱気になってしまった。

それでもブログで推奨してワイドを購入。一応的中ということにはなったが、ファーストインプレッション通りなら容易に3連複10万馬券をゲットできていたと思うとちと勿体ないね。

 

それはそうとして、このファーストインプレッションというのは結構アテになる。その後、いろいろこねくり回すからいけない。もちろん熟考して正解に近づくことはあるが、穴馬に関してはファーストインプレッションの方が精度が高い気がする。

 

そこで今週の宝塚記念だが「堅そう」がファーストインプレッションだった。

だって、クロノジェネシスに崩れる要素ってある?

 

でも、お祭りなので一応検討してみよう。

ザッと出走馬の臨戦過程評価を。

 

アドマイヤアルバ(↘)

アリストテレス(↗)

カデナ(→)

カレンブーケドール(↗)

キセキ(→)

クロノジェネシス(→↗)

シロニイ(→↘)

ミスマンマミーア(→)

メロディーレーン(↘)

モズベッロ(↘)

ユニコーンライオン(→↘)

ヨシオ(↘)

レイパパレ(→)

ワイプティアーズ(↘)

 

これを臨戦過程の良い順にベスト3としてピック

 

アリストテレス(↗)

カレンブーケドール(↗)

クロノジェネシス(→↗)

 

ユニコーンSとは対照的に上位人気馬の臨戦過程が良く、下位馬の臨戦過程は別段良くもない。

だから堅いと思った次第である。

ここから臨戦過程以外の要素も絡めて最終的な結論に至るわけだけど、大まかな見立てはこのままの通りだろうね。この3頭ですんなり決まるとも思ってはいないけど、魅力的な穴馬は少なく…。

親父からまた5000円を託されたけど、だいたいこの3頭を中心に買うことになりそうだね。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑特別戦注目馬(A)

今週もよろしくお願いします('ω')ノ

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, , ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。