狙い馬

2020.9.6(日)札幌の狙い馬

スポンサーリンク

おはよう。

今日は起床早々に洗濯をして、メダカの世話をして、植木の植え替えをして、それから予想に取り掛かった。なかなか充実の朝だね。もうエネルギー使い果たした感じだけど(笑)

この後は天気が崩れるみたいだけど、今日も散策できたらいいなと思って、どこに行くか思案しているところ。

今日も散策しながら馬券を当ててお金を増やす理論(=家にいるといらぬ馬券まで手を出してしまうから)のもとにレースを厳選して挑む予定。

買い候補レースは気が向いたら後ほどTwitterにて。

では宿題となっていた札幌分をどうぞ。

 

札幌3

穴①スラーリドラーテ

3走前トロイカから0.3秒差の3着、未勝利クラス上位常連メイショウワダマに先着を評価。2走前に差す形になっても崩れなかったし、安定して能力を発揮できるようにもなっている。1000mがカギだが、母はこの距離で勝ち上がった馬だし、序盤にそこそこついて回れるようならチャンスも。

 

札幌5

⑤ブルームラッシュ

前走は一番人気だが私は懐疑的に記述していたように怪しい臨戦過程だった。ランブリングアレーの下で能力は確かだし、ここで敗れても地方回りですぐに勝ち上がってくるような馬だが、血統的にこの舞台はベストと思えるし、悪い臨戦過程の後の今回は当然上昇の臨戦過程に変わる。場末の未勝利に勝ち損ねた未勝利上位馬たちが集ったので、この中で抜けているとまでは言えないが、まともなら上位争い可能な馬。ブリンカー装着とのことでその効果にも期待。

穴③アイオープナー

差し決着となった前走は先行して粘り切れなかったが、それ以前の3戦は連続して2着しているように未勝利では明らかに力上位。それでいて一度の敗戦でここまで人気が落ちるのは、馬主厩舎血統騎手と全ての要素が盲点になるから。外差し馬場傾向にある今、持ち前の器用さを生かせる展開となるかは微妙だが、この枠だし、内をロスなく回って立ち回れるようなら前走からの挽回があってもいい。

⑯シュルシャガナ

前走は臨戦過程が悪かったし、使った状況も微妙。馬体重が増えていたことも多少は影響したか。ゴールドシップ産駒なら距離延長は歓迎だし、かつてはG1級のデゼルと差のない2着もある馬。再三再四、勝利寸前まで行きながら勝ち損ねてきた過去がここにきて痛恨、この手のタイプは最後まで勝てないケースも多いが、再び馬券圏内に押し上げてくる可能性は大きい。

※ここまで勝ちあぐねた馬たちの最後の決戦とはいえ、勝ち味に遅いだけで素質馬も揃った一戦だけに大混戦。勝たねば意味のないレースだけに上位陣の破綻も考えられ、逆に勝つ木のない(というと語弊があるが)馬の漁夫の利のツッコミがあるかも。要は、推奨馬は挙げたが、買うには適していないレースということ。

 

札幌7

穴⑥ステラドーロ

新潟の2走前も穴で狙ったが、いい感じで直線を向きながら最後は脚が上がったように、やはり小回り向きという印象を持った。実際、前走では直線踏ん張り切れなかったものの、レース振りは当コースに合う走りだった。デビュー当初から先行して甘く勝ち味の遅さを見せていた馬だけに、本来は戸崎騎手が勝った時のように少し溜めを利かす形がベスト。丹内騎手への乗り替わりだけに、そうした乗り方をしてくれるかは微妙だが、頭数増で距離も短くなる今回は自然と溜める形になりそうで。

⑧ココニアル

洋芝に変わって一変して2着1着と良いリズムで勝ち上がってきた。特に前走は臨戦過程も悪かっただけに強い内容での勝ち上がり。牝馬限定の未勝利戦ならすぐに通用しそうな気配あり。

⑭ルビーカサブランカ

力は上位。

 

札幌8

穴⑥ブロッコリー

前走は道中の位置取りが悪くなり、直線は最速上がりを使いながら5着。とはいえ、3着とは0.2秒差だったし、この舞台との相性の良さを示した。連闘で挑んできたのも前走の不完全燃焼と得意舞台にかける意欲からだろうし、巻き返し可能。

 

札幌9

②ヴィディア

前走は終いに甘さを見せたが休み明けの分か。能力は1勝クラスなら断然のはず。

穴⑭ガトン

2走前に素質馬エリスライトの2着したぐらいで力は現級通用。兄弟は短距離志向の強い馬が多く、この条件替わりが良い方に出ても。

 

札幌10

穴③ニシノエルサ

汚れた馬柱から評価を落としているが、近2走は負けて当然の舞台だけに度外視できる。同距離ばかりを使っている馬たちの中で、1500m戦を使っているという経験値が優位に働きそうだし、函館2歳Sだけ走れば上位争い可能。

⑨ドナタイフーン

⑫ラピカズマ

⑪マウンテンムスメ

 

札幌11

穴⑨バラックバリンカ

前走は大きく崩れたが、強敵相手に展開も厳しかったので仕方ない敗戦。重賞2戦以外では崩れを知らぬ堅実派だし、未勝利時代にヴラヴァスやモズベッロと差のない競馬を演じてきた対戦比較からもローカルのOP特別程度なら能力は上位と思える。休み明けを苦にしないタイプだし、大敗後でもあるので3ヶ月ぶりは良い気分転換になっているはず。

 

札幌12

⑬ヴォカツィオーネ

前走時は臨戦過程悪く評価をしていなかった。そこからしっかり間隔を開けて立て直された臨戦がいいし、もともとここは得意の舞台。札幌最終週のここまで待機したのもここにかけてきた意欲を感じる。枠は微妙だが、捲りが得意なのでかえって良い方に出ると捉えたい。

穴⑧ウインドオブホープ

札幌との相性の良い馬で前走ニセコ特別は前年に続いての好走。去年は2着だったそのレースを今年は強い勝ち方で勝ってきたし、7歳とはいえまだ上昇の余地がある。勢いと得意舞台で昇級でも通用可能。

穴⑤タイトロープウィン

本馬も札幌になると馬が変わるタイプで、3年連続当地で好走している。前走は崩れたが、2走前から時計も上がりも大きく落としたことから能力を発揮していないし、2走前大駆けの反動もあったかも。ガス抜きできた今回は再び2走前ぐらいは走れる状況にある。

危険人気馬⑦ロンドンデターリア

3走前に当日の出走馬の中でも一番級の評価を与えた馬だが、2番人気で買えた当時が買い時で一倍台の人気になってしまった前走はもはや買えない。それでも2着はキープしたが、今回は乗り替わりだし、臨戦的にはこの2戦よりも劣る。勝って当然という馬ではあるが、臨戦自体は下降気味ということはお伝えしておく。それでも勝つなら単に能力が抜けているだけのことで。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

今日もポチッと応援してもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。