狙い馬

2020.8.30(日)小倉の狙い馬

スポンサーリンク

札幌は道悪模様。

重賞もあるので明日の朝アップします。

明日は炎天下、命をかけたテニスなので寝不足厳禁なもんでね。

 

では小倉をどうぞ。

 

小倉2

⑪ホワイトロッジ

想定に挙がっていた1800(なら福永騎手が乗れていた)ではなく1200に矛先を向けてきたのは意外だが、相手関係はこちらの方が断然組みしやすいし、本馬の母が快速馬サマリーズだったことを思えばあながちない選択ではなかったか。デビュー戦で現在3連勝中のレイパパレの2着した馬で本馬も未勝利どころか上でも通用する器。前走はハイペースなのに番手を追走する競馬が響いての敗戦だし、あのスピードを見るとやはり母系の色が濃いのかも。福永騎手が乗れないとみるや川田騎手を確保してきたあたり勝負度合いも高そう。

⑮ソレイユドゥアルル

兄が重賞戦線で活躍したレオアクティブで毎年夏に活躍、別の兄レオフラッパーも全3勝を夏に挙げ、母も8月の新馬を勝っているように典型的な夏馬家系。オペラハウス産駒の母は唯一の勝ち鞍が1200mだし、本馬もカナロアの子ならこの距離で末に切れが増していい。今の馬場も合いそう。

穴③レッドエーデル

穴⑰メイショウケイソウ

①マカロンパフェ

臨戦は悪くないが、今の小倉だと最内枠も諸刃の刃。

 

小倉4

穴⑤ウインクルジニー

新聞に映る近走だけを見ると厳しい印象だが、この距離のデビュー戦で3着しているし、その後も3度の3着内をマークしているように未勝利で上位の力は持っている。久々の芝が刺激となれば。

穴⑬スマートルシア

 

小倉6

⑰ヴィオリーナ

前走は逃げ先行内枠が上位を占めた一戦。それを大外枠から早めの競馬で終い少しだけ3着馬に差されての4着。負けて強い内容だったし、今回の大外枠は当時とは違いむしろ良い方に出る可能性が大きい(バイアス的に)。この枠からでも自在に動ける脚があるし、ここは巻き返し必至の鞍。

⑥エトヴァス

2走前は本命馬に先着。前走は新潟の瞬発力勝負で遅れを取ったが、それでも4着なら上出来。血統的にO型コースに変わるのは歓迎。

穴②ガレットデロワ

兄サミットプッシュが2400mで好走しているように、本馬も父エピファネイアなら2000mに延びるのは悪くないかも。前走こそ不良馬場で崩れたが、それ以前は圏内まであと一歩のところまで来ていたし、差し脚が堅実なので今の馬場も悪くなさそう。

 

小倉9

④イルウーシヴゴールド

前走は完全な追い込み決着を大外枠から先行。4コーナーで同位置にいた馬たちが最後方から上位を独占した中で6着なら能力は示した。2000mの方が流れに乗りやすそうだし、10キロ増だったので連闘も良い方に出るのでは。前走時も抜群の稽古の動きから推奨していたので今一度。

穴⑧ホウオウエクレール

②レッドルーヴル

⑩タンジェリンムーン

勝ち上がりのリズムはいいが、前走は楽逃げ。川田騎手なら同じような形に持ち込む可能性はあるが、少し乗り難しい一面も。ただ、相手なりには動けそうなので一応評価対象馬。

 

小倉11

穴⑦ブランノワール

近2走が意外な凡走だが、前走にしても33.3の脚を使っての敗戦ならやむを得ないところ。今回は稽古内容が素晴らしく、休み明けでも強い競馬を見せたことがあるので間隔をあけて立て直された効果に期待。2頭の逃げ馬に好位から強気の攻めを見せそうなセラピアにダノンチェイサーといった組み合わせ。直線まで脚を溜めそうな本馬に恩恵がありそうな流れが見込めるし、1800mは一度しか走っていないが、最も強い競馬を見せた距離でもあり。

穴⑤アメリカズカップ

14番人気4着で好走した後に後追いで狙うというのは得策ではないが、この好走程度では信頼も上がらないようで相変わらず人気はない。平坦京都の1800mで重賞を勝っているように今回の条件は合いそうだし(父産駒は当舞台の複勝率34%)、臨戦過程も悪くない。鞍上とも手が合っていたし、二番が利かないものか。

 

小倉12

⑮バロンデッセ

新潟から小回り小倉に変わる点が気がかりも(和田騎手に合わせたか)、勝ち上がりリズムと相手関係ならあっさりクリアできそう。

穴⑬ペイシャノリッジ

穴⑧キャノンバローズ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

勝負候補馬

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。