狙い馬

2020.8.15(土)新潟の狙い馬

スポンサーリンク

明日は3場で唯一馬場が悪化しそうな新潟。

札幌はほぼ買いたい馬がおらず、小倉は開幕の高速馬場の様相で、どいつもこいつもといった感じで何気にレース選択が悩ましい。

新潟の狙い馬は人気どころが多くなったけど、あまりピンとくる穴馬もいないし、無理して挙げても仕方ないからね。

では、今週もよろしくです。

 

新潟2

⑧ケイアイロトルア

重賞戦線で活躍したケイアイレオーネの下。デビュー戦は経験馬相手に次位馬に0.5秒差の上がりを繰り出し3着とハナ差の4着。その時の2、3着馬がすでに勝ち上がり、5着ジョウインは現在2連勝中。この相手関係からも本馬が未勝利が壁になるとは思えない。人気を裏切った前走に関しては、不良馬場の難しさがあったし、ハイペースの先行策が裏目といった感じも。全く上がりも使えていなかったように能力の半分も発揮しきれていない印象。この中間は凡庸な稽古内容は気になるが、平坦1200mという条件は合いそうだし、前走のきつい経験も生きてきそうで。

①ツキマデトドケ

デビュー戦は昨年晩秋、府中のマイル戦で2着。この時期のマイル戦で好走できる馬なら、今のローカルの短距離戦なら力は上だろう。その時に0.9秒放した4着ネヴァタップアウトは未勝利を勝った後、1勝クラスでも2着、3着。近2走の大敗が不可解といえば不可解だが、前走に関しては坂路の一週前追い切りが一杯で14.5秒も掛かっていたように、若干急仕上げもあったかと。この中間はジョッキー騎乗ということもあるだろうが、2週連続ウッドで軽快な動きを見せており、巻き返しの余地も十分。

②チートコード

デビュー戦から2着したくらいの馬で本来ならあっさり勝ち上がってもいいはずの馬。ダートに限れば4着を外したことはないし(その4着が4度もあるのは困ったものだが)、今の未勝利なら力は上だろう。キンシャサノキセキは当舞台の複勝率29%だが、前走5着以内の馬に限れば40%以上に上昇。使い詰めで煮詰まっていた感もあったので、ひと息入れたこともプラスに出るのでは。

⑬マイルポスト

初ダがどうかもそこまで人気は被らないだろうし、母父トワイニングならむしろ合っていい。新馬、2戦目の内容からひと叩きの今回は変わり身があっていい。

危険人気馬⑦エリモグリッター

 

新潟3

⑰ミスミルドレッド

父産駒は当舞台(2-3-6-15)で複勝率42%。勝ち味には遅いが堅実な本馬のキャラを表すかのような戦歴。非根幹距離に強い父産駒だが、新潟芝2200mの複勝率が20%台を思えば今回の舞台の方が合っている。それに、前走に関してはさすがに連続好走の疲労が出た感もあるし、着差自体は0.2秒とそれ以前とさほど変わりなかったので、相手関係のアヤもあったのでは。実際先着を許した4着馬までがいずれも関西馬。今回はそんな手強い関西馬の姿も見られないし、普通に走れば巻き返し必至といったところ。

 

新潟4

⑩アイアムイチリュウ

勝ち味の遅さはネックだが、ダートで3着を外したのは2戦のみ。それが中山D1800の最内枠で大きく出遅れた3月22日の一戦(5着)とルーキー鞍上だった前走(4着)。前走に関しては中一週で稽古も甘かったし、小林脩騎手が今年ダートで(2-1-1-63)複勝率6.0%では何とも心もとなかった。一転、大ベテランに鞍上チェンジの今回もそこまで強化といった感じはないが(柴田騎手の複勝率11%)、この馬自身がじっくり乗れる新潟がわりはプラスに出そうだし、追い切りでも坂路で50秒台を馬なりでマークしてきたように状態面も上がっている印象で。ブリンカー装着効果にも期待。

⑮スマートコマンダー

2戦続けてアイアムイチリュウに先着しているので当然こちらも評価せざるを得ない(人気同士でつまらないが)。2戦続けて福島で好走しての新潟がわりでアイアムには逆転を許すとみての対抗格だが、ハイペースを4コーナー先頭で回って粘り込んだ前走も強かったし、岩田騎手への手替わりも不気味で大崩れはなさそう。

⑤スズカゴウケツ

休み明け好走の反動は気になる臨戦だが、稽古はしっかり攻めてきたし、好走といっても勝馬に大きく離されての2着ならそこまで心配しなくていいか。

③ヴァリアントジョイ

※上位人気どころが調教もよく堅そう。

 

新潟7

⑬イルミナル

前走はルメールらしからぬ絶望的な不利を受けての敗戦。デビュー2戦目にタイム差なしだったグレイトオーサーはその次走も連勝。母が桜花賞2着、オークス3着のクリミナルにして父ロードカナロアなら血統的な期待も相当に高いはずで、まともなら未勝利で終わらせていい馬ではない。稽古の動きからも能力の高さが感じられるし、前走を度外視すればあっさり勝ち負けも。

⑰トロワシャルム

本馬もオークス2着の子という良血。先のイルミナルとは3走前に対戦してイルミナル2着、本馬が3着。前走は不良馬場ハイペースの消耗戦となり5着と散ったが、今回のメンバーではこの2頭が双璧をなすレベル。とは言いながらも、2頭並び立たないのが競馬ではあるが、まともなら本馬も巻き返し必至だろう。

⑤デルニエトワール

④リライトザスターズ

⑥テルヌーラ

穴⑮レッドマリアベール

鹿戸厩舎の2頭出し。稽古だけならこちらの雰囲気の方が良いくらい。前走が勝馬から8秒も離されての敗戦だけに半信半疑なところはあるが、ダートはさっぱりと思えば割り切れるし、12着の2走前も着差はそこまで離されていない。デビュー2戦目の少し上がりの掛かる条件下での走りは悪いものではなかったし、今の新潟も血統的に合いそう。大穴レベルの位置づけだが、パドックで落ち着いているようなら抑えても良いかと。

 

新潟8

⑫ヨシオドライヴ

先週の坂路で終い11秒台を計時と休み明けながら仕上げに余念なし。馬体重を10キロ増やしながら、これまでにない先行力を見せて抜け出した前走に成長の色を感じたし、稽古の動きからもその勢いはまだ続いているとみる。現級にくすぶる馬の多いこのメンバーなら昇級でも通用しそう。

④カミノホウオー

本馬も昇級となるが、前走の時計(同日の1勝クラスより速かった)、勝ちっぷりからハナさえ切れればいきなり通用しそう。藤田騎手のスタイルと手の合いそうな馬だし、短距離で逃げ馬に乗せた時の彼女は男性騎手にも見劣りしない。馬自身も今週の坂路で終い12秒ジャストを計時したように調子も上々。

穴⑨カイアワセ

4走前に波乱演出の使者となったが、稽古の動きを見る限りあながちフロックとも言い難い。当時が1800mから1400mに距離を詰めての激走だったが、祖母フラワーパークならさらに1Fの短縮も有効に働くかも。メンバーレベルも当時の世代限定戦の方が高かった印象。

 

新潟9

穴⑬カンパーニャ

期待した前走は思いのほか動けなかったが、本馬にとっては少々上がりが速すぎた印象。自身は自己2番目体の上がりは使っているので力は出していた。2走前ほどの不良になるとそれはそれで厳しいが、4走前に重馬場で好走しているように多少タフな方が血統的にも向いていそう。力はあるはずだし、稽古も悪くないので今一度。

穴⑥グランエクセレント

休み明けで稽古も平凡だが、前走ではイザラを完封しているし、それ以前の内容からも血統のイメージ以上に奥がありそうな馬。少なくともこのクラスなら通用するだろう。仕上げの問題で今回いきなりでどうかというのはあるが、先物買いで穴としてなら。

※相当に難解な一戦で個人的にはパスしそう。

 

新潟10

穴⑮エイシンスレイマン

ひと頃の不振は脱してしっかり脚を使えるようになってきた近走。もともと陣営はG1にも出走させたいと言っていた過去を思えば現状はさみしいものだが、それでも復調なれば2勝クラスなら上位のはず。展開には左右される脚質だが、悪天候で差しの決まる馬場になればチャンスも。本馬自身はディープ産駒だが、母父キングズベストでタフな馬場もこなせるとみる。

穴⑪マジックバローズ

前走はテンに34秒台で先行する正攻法の競馬。ワンパンチ足りない馬だけに本来はもう少しせこい競馬をしたいところ。それでも大崩れしなかったし、4、5走前にはセラピアやスイーズドリームスといった現OP馬たちの3着した力もあるわけで、ソツなく乗られれば上位進出の目も。

穴⑫ココフィーユ

2走前は直線の不利、前走は出遅れと度外視できるレースが続く。3走前のようにスムーズなら上位があるし、初の新潟コースも合いそうな印象。

危険人気馬⑱タガノカルラ、⑦オーマイガイ

※このレースも難解だな~

 


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。