狙い馬 競馬

2020.12.20(日)中山の狙い馬

スポンサーリンク

昨夜は体調ひと息で更新できず。待っている方がいたら申し訳ないです。今朝になって回復してきたので続きを書こうと思ったけど、時間がないので未完成(見解なし)の馬もいるけどアップしてしまいます。見解のある馬も手抜きな感じですいません。

日曜日はほとんどを穴馬を挙げることにしました。その分、率は悪くなるだろうけど何頭かでもきてくれればという感じです。

 

中山3

穴④タイセイアンシェル

 

中山4

穴⑨ロードトゥフェイム
初戦は脚を余し、前走も内枠でスムーズさを欠く競馬、不良馬場も災いしたか。今週の稽古は軽量の見習い騎乗とはいえ、52.5-12.0(一杯)をマーク。ひと息入れられてしっかり立て直されてきた感じだし、初戦だけ動ければ上位争い。

 

中山7

穴⑥スターファイター

穴⑬ヒロミ

穴④ラキウラ

 

中山8

穴⑦サノマナ
人気馬に差し多数。さらに逃げ先行馬も少ない組み合わせ。福島の牝馬限定1150mを勝ってきた馬に昇級の中山戦はそれなりのハードルだろうが、停滞したメンバー構成の中において楽勝の勢いで通用してもおかしくない。

穴⑬ダウンタウンプリマ

穴⑮シルバーストーン

 

中山11

穴⑤コスモカレンドゥラ
もともとホープフルSでサートゥルナーリアの4着のある素質馬。段階を踏み3走前にOP入りした後は関西圏の2戦とも0.5秒以上は離されていない。いずれも上がりの切れ味不足を露呈した形だったので、上がりの掛かる(土曜日はかなり上がりを要していた)中山1800mはベストに近い条件かと。ノヴェリスト産駒は当舞台の複勝率41%と出走種牡馬の中でも1位の相性の良さ。しぶとさを生かして粘り込みに期待。

穴⑬トーラスジェミニ
前走は身分不相応なJC挑戦で逃げの形も取れなかったので大敗も致し方ない。それ以前もレベルの高い重賞を使われており、ようやく身分相応の舞台に出走。OP特別なら既に勝っているし、ハナさえ切れれば久々に粘り強さを発揮できそう。使い詰めの疲労が気になるところだが、疲れがあれば今週の坂路を馬なりで51秒台は出してこないはず。

 

中山12

穴⑨レッドイリーゼ
この舞台の新馬を鮮やかに勝ったのはもはや3年も前のことだが、条件的に合う舞台であることは間違いない。上がりを要する土曜日の傾向通りなら、上がりを使えない本馬にとっては歓迎となりそうだし、前走も不利さえなければ3着内もという内容だった。父母系ともに叩きつつ上昇する配合だけに叩き3走目のここでそろそろ圏内があっても。

穴⑫テンワールドレイナ
関西圏に遠征した前走はこのクラスとしてはペースが遅すぎて7着に敗れたが、自身は33秒台の上がりを使っていた。結果は残念だったが、まだこれだけの脚を使えることが確認できたことはこれ幸い。ベスト条件の中山マイルでは3走前を筆頭にいずれも大きく負けていないし、ここも流れさえ向けばチャンスがあっても。

穴⑯エメラルスター
半年ぶりの前走はやや余裕残しの馬体ながら、メンバー中3位の上がりで3着とクビ差の4着まで追い上げた。上がりに限界のあるタイプで東京よりも中山がベターだし、2週連続ウッドでビシビシ追い切られ上積みも見込めそう。一年半以上も3着内のない馬だけに軸としてでは心もとないが、ヒモ穴の一頭ということなら押さえても面白い。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

中山一番期待の穴馬

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, , ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。