狙い馬 競馬

2020.12.13(日)中山の狙い馬

スポンサーリンク

今日は板橋にある東京大仏というところに行ってきた。

何気に日本で3番目にでかい大仏なんだそうだ。

 

 

今日はこの大仏効果があったのか大勝できた。

ありがとう大仏、明日もよろしく頼むね(軽っ)。

 

朝イチの運試しハヤブサユートピアという馬が「それ4」で、結構テンション下がっていたんだけど、そこで腐らずブレずに淡々と買っていたら、午後はほとんどのレースで的中。

中山では700倍なんてでかい馬券もゲットできたし、やっぱり東京より中山の方が馬券的には楽しいね。

明日も登山に行く予定なので、散策しながらお金が勝手に増えるシステムを構築すべくピック馬たちに頑張ってもらおう。

ま、勝った翌日はそうそううまくいかないのは経験則で分かっているから、あくまでもご参考までに。

 

中山1

穴⑥エコロブラスト

前走はハイペースの逃げで差し決着を誘発。近2走とも展開も向かず終いが甘いが、このスピードは1200mに変わっても魅力。

穴⑭フェスティブノンノ

穴⑮シゲルヒラトリ

※穴馬だけしか挙げていない時は穴馬同士の組み合わせは推奨しません。人気馬と絡めるのが無難です。穴は容易には来ないから穴なわけで、本来は1頭が絡むだけでも難儀なこと。それが2頭も絡むというのは稀ですから。自身の本命に絡めるくらいがいいかと。

 

中山2

穴④セイハロートゥユー

今週の坂路で50秒台。未勝利馬としてはかなり優秀。ダートもキンカメならこなせるとは思うが、兄弟にダートで勝った馬はおらず、初ダなのに人気するようだと妙味ゼロだが。ここでダメでも芝替わりで改めて狙うというのもありかも(何とも微妙な推奨…)

 

中山3

穴⑮シーオブクラウス

2走前の初ダートは休み明けでハイペースに巻き込まれての失速。前走は逃げて直線まで見せ場は作ったが、上位が強かったことと母系の短距離志向の血(母1200mで2勝)が影響したか。それでも2走ともスピードは見せているし、ダートの適性はある。芝だがデビュー戦は1200mで4着。自分のペースで進められるこの枠もプラス。臨戦過程も(↗)

⑬カモミールティー

⑭フェスティヴグッド

 

中山4

③ナックイルシーブ

芝の甘さを補えるかと期待した前走は2番人気で「初ダなのに人気」に該当してしまい妙味ゼロの上に馬券にもならず。芝でもダートでもパンチ不足は変わりなしといった感じだが、芝なら比較的安定している中山がベター。タフなダートを経験させた臨戦は悪くないし、ブリンカー装着での連闘。それなりに脈がなければ出てこないはずで。

穴④ネイチャーシップ

前走はスタートで寄れた上に道中も超スロー。ゴールドシップ産駒には全く合わない条件だが、上がりは最速タイだったし、能力の一端は示した格好。中山替わり、距離延長、乗り替わりはプラスだし、今週の坂路で51秒台なら前身要素は大きい。

 

中山8

◎⑦ヴィンクーロ

○⑪リーディングパート

前走はハービンジャーにとって鬼門の新潟マイルだった上に臨戦過程も良くなかったので気にする必要のない敗戦。父産駒が複勝率30%を超える当舞台に替わるのは大きい。未勝利戦で下したセルフィーが既に3勝。本馬も前走を除けばほぼ崩れておらず、1勝クラスなら能力上位。

▲②リーガルバトル

前走は辛勝だが、南半球産ということで間隔を空けながら使われているようにまだまだ伸びしろは十分。稽古の動きから将来はOP級と睨んでいる馬だし、ここも素質だけで食い込む力はあるとみる。

△⑤ジーナスイート

前走はスローを見越して2番手追走は良かったが、上がり33秒台の決着になるような流れは合わなかった。2走前も新潟だし、中山に替わるのは大いにプラス。現級で4戦連続2着した実績はダテではない。

△⑭セイウンヴィーナス

×④チアチアクラシカ(穴)

×③ラパンセソバージュ(穴)

危険人気⑧クリノプレミアム

 

中山9

穴⑪アコルドエール

2走前に今回人気のトランスナショナルに完敗しているが、臨戦過程だけ見れば本馬の方が上。それでも敵わないと思うほど、トランスのダート適性は高いが、2走前のように2頭で馬券内のケースも十分。

 

中山11

◎⑪テーオージーニアス

○⑮デュープロセス

▲⑬ジャスティン

穴②ヒロシゲゴールド

穴①スズカコーズライン

週中の更新通り臨戦過程の良かった馬たち中心に。

◎○から人気馬へのニコニコにするならダンシングプリンスやレッドルゼルも買わないといけないけど、どちらが信頼できるかもう少し考える。

ニコニコは1、2番人気が飛んで3番人気が絡むと美味しいパターンになるんだよね(土曜のアクアラインSもそのパターン)。

 

中山12

穴⑧セイウンパワフル

1勝クラスでハーモニーマゼランの2着、勝ち上がりのリズムも良かったので、昇級即通用と思った近2走が案外な結果。ただ、未勝利を勝つのに7戦を要したように叩き良化型のように映るし、まだ上積みは見込めそう。近2走がスローで溜めの利かないレース振りなので、案外初の1200mで速い流れの方が持ち味が生きそうな予感もある。

穴②ダンシングチコ

実績に乏しい右回りと1200mにあえて戸崎騎手を配して格上げ挑戦してくるのは脈があってこそだと思うし、レース振りからもクラスが上がってタフな流れになった方が持ち味が生きそうでもある。

穴⑬フクノブルボンヌ

逃げ先行スタイルだった馬が2走前に後方からの競馬をしたことで現級通用のきっかけを掴んだ感。前走は初距離で脚を使えなかったが、走りなれた距離の戻してペースが流れれば差し込むチャンスがあっても。今週の稽古がウッドでかなり優秀な点も推し要素。

※人気馬ではアルムブラスト、アルピニズムあたりに減点要素がなく、これらと絡める形か。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑明日の中山で特に買いたい馬

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, , ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。