狙い馬 競馬

2020.12.12(土)阪神の狙い馬

スポンサーリンク

ようやく2場分終わった。

仕事終わってから1.5hかけて帰宅。飯食ってすぐ予想に取り掛かってもやっぱりそれなりの時間が掛かっちゃうね。今週は事前準備もできんかったから。

実は今日、日中なんとなく頭が熱いような痛いような感じで、「もしやっ!」と思ったんだよ。予想もどこまでできるかなと不安に思っていたんだけど、予想していたら徐々に良くなってきたから大丈夫だろう。これぞ予想特効薬。

とはいえ、疲れを溜めれば免疫力が落ちて、おかしなウィルスをもらいかねないので、中京の分は明日になっちゃうかな。もう馬名のピックだけは完了しているんだけど。

名前だけでもアップしておいて、後から見解を書くという手もあるんだろうけど、一度アップしちゃうと、もう後から見解を書く気がなくなるような気もしてね(笑)

この土日も散策を楽しむために、この後はひとっ風呂浴びて疲れを癒さしてもらいますわ。

 

阪神1

⑤タマモヒメギミ

前走も1番人気の支持を集めたように稽古は抜群だった。あの稽古で大敗したとなると、今回も全幅の信頼は置けないが、今回も稽古は抜群。潜在能力はここでは抜けていると思うぐらいだし、あっさりバテた前走から距離短縮も歓迎。レース慣れも見込んで。

穴⑧ポケットロケット

穴⑭メイプルリズム

※穴の2頭も前走は人気。稽古には見どころがあったわけだし、本命馬同様にレース慣れと条件替わりで一変があっていい。

 

阪神3

穴⑧コパノジャンピング

前走は前に行き過ぎて自滅。1000m戦で3着があるし、前走の前身気勢なら距離短縮も合いそう。控える競馬も問題なし。

 

阪神9

④スパイラルノヴァ

前走は逃げ番手総崩れの差しバイアス、先行馬の中では最先着で粘着力のある持久力のある末脚が光った。条件替わりは歓迎だし、素晴らしい稽古を見せる素質馬が揃った中でも、この中間の動きは最も目立っている。

 

阪神11

◎⑧レッドガラン

前走は抜群の手応えで4角を迎えながら追って甘さが出た。重賞でも善戦する同馬にとって、今更リステッドが目標でもなし、おそらく仕上げは余裕残しだったと思われる。それでも勝ち馬から0.2差だからOPなら力は上。ひと叩きされた今回も一旦外厩に出ているので、真の狙いは次に出走してくるであろう金杯だろうが、最終追い切りだけを比べても少なくとも前走よりは出来がいい。久しぶりのマイルだが、トモに力をつけて追走力が出てきた今ならむしろ歓迎と思える。

○⑪カリビアンゴールド

前走は締まった流れの2番手追走から終い踏ん張り切れずの6着。とはいえ3着とは0.1差だし展開のアヤのようなもの。3走前も2番手から3着しているが、本来は追って味のある馬なので、もう少し溜めを利かせれば前進が見込めそう(おそらくマイルなら位置取りは下げるはず)。直近の連対がいずれもマイル戦ながら、以後は1800mばかりを使われてきた。隠れマイル巧者がここで復活。

▲⑨サトノフェイバー

奇しくも上位3頭がいずれもカシオペアS組となった。当時もいいペースで逃げて5着、前走も差し有利の府中で逃げて4着だから悪い競馬はしていない。今回も行ってどこまでといったところだが、直近で2着に粘った阪神(大阪城S)への舞台変わりは悪くなさそう。何しろ今回は先行馬が少なく展開利が見込めそうな点が魅力。

△③シュリ

×①ブランノワール

※ヒモは多いが、ひとまず印はここまで。

去年このレースを勝ったストロングタイタンの妹ギルデッドミラーは、おそらく大敗後でもそこそこ人気になるだろうし(妙味なし)、外枠で乗り難しさもありそうなのでヒモまでかな。

 

阪神12

⑨ダノンアレー

前走は逃げ馬が短距離並みのラップを刻む中での先行策。ブービー人気の追い込み馬が勝ち切ってしまうあたり、先行馬には相当きつい展開だったが、3着はしたように重賞3着実績はダテではない。ダートは合うし、前走の追走力を見ても1400m替わりは大歓迎。

⑧ショウナンアニメ

⑪メイショウオーギシ

穴④タガノゴマチャン

前走は地方交流で7着と一見不甲斐ない敗戦に映るが、勝った逃げ馬を追走して苦しくなったものだし度外視したい。本来は差し脚を生かすタイプだし、春先にはもう一歩で馬券内というところまできていた。内枠で脚を溜めるような競馬を得意としているし、この枠で無理なくロスなく回れれば。

 


最強競馬ブログランキングへ

阪神はこの馬(週中に名前を挙げた馬以外から)

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, , , ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。