狙い馬

2020.10.31(土)福島の狙い馬

スポンサーリンク

今日は土曜日ということで、3種連続、東光寺の無料坐禅会に参加したいところだけど、朝からスケジュールがぎっしりなんだわ。

太極拳→テニス→温泉→実家

実家にいくのはもちろん「親父、天皇賞に乗らないか?」という名目のもとに5千円せしめるためさ(言い方)

親父に買うように勧めるぐらいだから、「天皇賞めちゃ自信があるのでは?」Twitterで期待されている方もいるようだが、過去、親父に乗らせて還元させたことは一度しかない(笑)

だいたいそうして気張った時は散るのが世の常で。

 

本来なら未勝利戦とかで乗らせる方がよっぽど確率は高いけど、そこはやっぱりG1で、しかも自分の大好きな天皇賞(秋)でって思いもある。

自信はともかく、今回の天皇賞は登録を見た時点から、この馬とこの馬しかいねぇ!と思ったので、それでもし外れても納得がいくというのはあるかな。

最後までああでもないこうでもないと迷うレースに託させるわけはいかないから。

自信はともかく迷いのないレースで一蓮托生ってわけ(笑)

 

それはともかく福島分。

簡易見解になったけど、朝ちゃちゃちゃとやったのでご勘弁。参考までにどうぞ。

 

福島6

⑦ショウナンアニメ

ハイペースを2番手から押し切った前走圧巻、素質開眼。本馬に早めにプレッシャーをかけられた逃げ先行馬はほぼ中位以下の着順に。休み明けでも稽古の動きは抜群。前走の勢い持続。ここは連勝に期待。

⑩シルバーエース

こちらも稽古は相当に動く馬ながら実戦で結果が出ない。とても1勝クラスの馬とは思えぬが。前走の福永騎手がダートを進言したとのこと。ここで一変があるやも。

穴⑤ブロフェルド

 

福島7

④ミズリーナ

新馬を勝った頃から評価していた馬。陣営も素質を勝って重賞への格上挑戦を試みたがそれでリズムを崩した。ようやく近走で本来の力を発揮。ただし、近2走は不利、スムーズさを欠いた。まともなら1勝クラスは突破できる馬だし、血統的に1200mへの短縮もプラスのはず。

②メメントモリ

稽古はハイラップを刻んで終いバタバタも、あれだけやれたことを評価。福島ならあれだけ前進気勢があるくらいの方がいいかもしれず、スムーズに先行なら押し切りも。

⑤ノーブルプルート

⑨エヴァイユ

 

福島9

⑤オパールシャルム

前走こそ崩れたが、それ以前の8戦すべて3着内の堅実派。いくら昇級だったとはいえ前走が本来の力ではないだろう。東京1400mから平坦福島1200mに変わるのはプラス要素でしかない。父母共に距離短縮は好物血統。

 

福島10

④イルーシヴゴールド

現級で2着4回。中には現OPランブリングアレーの僅差2着も。この夏は結果が出なかったが、ハイペースの2走前先行、前につけてほしかった前走で控えるチグハグな内容。控えても味はない馬だけに、先行優位の当舞台は絶好のはず。開幕馬場の内枠でじっくり脚をためて直線抜け出すのみ。地力はこのメンバーでは上。

穴⑫コスモシークレット

臨戦過程よし。能力的には半信半疑もそこだけで注目。

穴⑪マリノソフィア

近走不利ばかり。未勝利時代にルヴェルソーの2着、ポールトゥウィンあたりに楽勝の実績からこのクラスでも本来は通用。

穴③ランランウイング

近2走内容悪くなく。前走はメンバーレベル高い。ここは展開利見込め。

穴⑦バトーブラン

前走を見る限り距離が1F長い。鮮やかに勝利した1800mベスト。マイネルファンロン、クラフトの下で血統的に奥があるし、昇級後は位置取り、距離などで本来の力を発揮していないとみる。

危険人気馬⑩フォワードアゲン

 

福島11

穴⑬トータルソッカー

前走は距離長く位置取りも悪い。3走前相手に不利ありとはいえエンデュミオンを封じた力はこのクラスでも通用。この舞台での快勝歴もあるように相性の悪くない舞台。臨戦過程からも推奨できる。

 

福島12

⑥リーピングリーズン

前走は内で嫌気をさしたか道中進んでいかず力の半分も出せず。それ以前の戦績、相手関係からリフレッシュなった今回は巻き返し有望。ここは得意条件でもある。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

福島はこの2頭はぜひ買いたし

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。