狙い馬

2020 札幌記念・北九州記念予想

スポンサーリンク

札幌11

◎②ペルシアンナイト

この馬の古馬になっての白眉は2着に敗れたとはいえ2年前の大坂杯と思っている。勝ちに行く競馬ではなかったが、インでロスなく脚を溜め、直線鋭く末脚を伸ばすこすい競馬がこの馬の持ち味でもある。2000m戦は去年の札幌記念以来だが、当時は内伸びの馬場で外目を回して5着。先着を許した4頭中3頭はG1馬(もう1頭もサングレーザー)だったことを思えば上々の内容。今年は久々に内枠の2000mという条件、前目に位置するであろうラッキーライラックを目標に直線の豪脚に期待。

○①ノームコア

無難にいくならこちらが本命でも良かったが、抜けた2番人気なのであえて対抗に。最速上がり馬が圧倒的に強い本レースにおいて、近2走マイルで速い上がりを使っている本馬はその視点でいえば最右翼の存在。この条件も鞍上が進言したというし、こちらもラッキーライラックを目標に名手の手綱さばきが光りそうだ。

▲③トーセンスーリヤ

△⑥ラッキーライラック

×⑧カウディーリョ

×⑫トーラスジェミニ

×⑪アドマイヤジャスタ

×⑨イェッツト

 

 

小倉11

◎⑤トゥラヴェスーラ

○⑰タイセイアヴェニール

▲⑪アウィルアウェイ

△⑩モズスーパーフレア

△⑨ダイメイプリンセス

△⑮アンヴァル

△ラブカンプー

△⑦カリオストロ

△①プリディカメント

※週中の見解通り。本命対抗が牡馬なので、相手はほぼ牝馬。

しかし、ヒモとしてならほとんどの馬がこわく見えてくるね。

 

 

スポンサーリンク

-狙い馬

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。