競馬

2020 スプリンターズS 人気馬考察

スポンサーリンク

ここ数日、急に寒くなってきたせいなのか、ほんのり風邪の気配を感じたので、無理せず競馬から少し距離を置いていた。

とはいえもう木曜日。今秋を占う(というと大袈裟だけど)スプリンターズSも迫ってきたことだし、前回の更新に続き今回は人気馬の見解をサクッとな。

 

人気馬考察

 

グランアレグリア(→↘)

鮮やかすぎる勝利だった安田記念の舞台がベストだったと思えば、全く条件の異なる今回は臨戦的には下降評価。

ただし、潜在能力は言わずもがな今回のメンバーでは随一。どんなに強い馬でも、条件や臨戦が合わなければ必ずしも上位争いできるとは限らないのが競馬の常だが、今回の本馬はそこまで悪い臨戦なわけではないのが悩ましい。

近3走はいずれも上がり最速。しかし今回の舞台ではそれが諸刃の刃。上がり能力よりも、スピードを持続させる能力の方が必要な舞台だからだ。そんな適性と真逆に位置するディープインパクト産駒が唯一勝てていないのがスプリントG1で、それを思えば本馬にも黄信号が灯りそうだが、本馬は母の父タピットの影響も色濃く出ているようで、そのあたりの判断も悩ましい。

結局、一番人気にこうした悩ましさを感じた時は▲ぐらいでお茶を濁すのが妥当かな(適当~w)。

 

ダイアトニック(↗)

前走は全く能力を発揮していないのは誰の目にも明らか。無駄に走っていない分、今回に向けては良い臨戦となったと捉えたい。

前走以外の1400m以下戦は6-1-2-0。3着2回は今年の阪急杯と高松宮記念だが、いずれも直線で不利を与えたり被ったり。不利を受けた側の高松宮記念はあれがなければおそらく勝っていた。そして前走も力通り勝利してここに挑んできていたら、おそらく3強の一角として名が挙がっていたろう。そういう意味で4番人気想定の今回はうま味あり。高評価。

 

ダノンスマッシュ(→↘)

前哨戦を勝って本番で足りずという臨戦を繰り返しているように今回も臨戦的に下降評価になってしまうのはやむを得ず。ただし、そのことばかりがフューチャーされているので、そろそろその風潮を覆しそうな気がしないでもない。幸い人気も2~3番人気想定といつもよりは気楽に乗れる立場でもあり。

そもそもこの馬が前哨戦を勝って本番で負けたレースだが、4歳時の高松宮記念は内絶対有利の外枠から早仕掛けで4着、同年のスプリンターズSは最内枠で仕掛けが遅れての3着、今年の高松宮記念は出遅れて10着、安田記念はそもそも距離が長い8着といずれも明確は敗因がある。確かに前哨戦を勝ってしまうと多少の反動は出ると思うのだが、絶対能力が上だし、まともなら昨年以上もと思わせる充実ぶり。

さらに鞍上。馬主の逆鱗に触れたとかで一時は本馬の手綱を離れたが、ここで復縁してくるとは驚き。何せ前走の三浦騎手の騎乗に降ろされる要素がゼロだから。それを降ろしてまで川田騎手にこだわった。2度のG1でこの馬の能力を発揮しきれたとは言い難い川田騎手に。

川田騎手とは手が合わないから評価を下げるという向きもあろうが私は逆。あえて乗せてきたことに必ず意味はある。そして川田騎手ほどの名手なら今回の指名がどれだけ名誉なことで、かつ結果を出さなければならないかも分かっているはず。

かつて川田騎手はスプリンターズSでかつての恩師だった安田厩舎の馬に騎乗しながら降着の憂き目にあったこともある。そうした諸々の人間模様の歴史も鑑みてここは馬のみならず騎手に注目の一戦。高評価。

 

モズスーパーフレア(→)

休み明けの前哨戦を体よく2着して挑む今回、悪くない臨戦のようにも映るが、中途半端に好走したことがどう出るか。もともと北九州記念からの直行で本番で馬券になったのは去年の本馬のみという相性の良くない臨戦。それでも本馬自身がそのジンクスを破っているのだから問題ないとみるか、もしくは去年は逃げられずに4着と負けた後、本番ではしっかり逃げて巻き返したが、今年は前哨戦から逃げて力を出し切った上での本番を危惧するか。

最近の一連の走りから、他陣営にこの馬に付いていったら自分も潰れるという印象操作が出来ているのはいいのだが、とはいえ必ず逃げると目されている人気馬がそのまま逃げ切るというのもそう甘い話ではなく。

もともと安定感のある馬ではなく、G3レベルでもバタバタと敗退を繰り返しているし、今年の高松宮記念も9番人気の気楽さがあっての逃げ(それでも実質勝ってはいない)。本舞台が大好物の馬だが、過去の勝利時はいずれも1.07.0前後の高速決着だったので、今のタフな馬場が当時の適性と異なる状況というのも気がかりで。あっさり押し切るシーンも想定できるが、あっさりバタバタシーンも想定できてしまう。

 

 

木曜日時点予想(枠順確定前)

◎候補

ダイアトニック、ダノンスマッシュ

 

▲グランアレグリア

△ライトオンキュー(穴馬記事で浮上)

△モズスーパーフレア

△レッドアンシェル

 

×ミスターメロディ

×エイティーンガール

×ビアンフェ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

今週もモチベアップのためポチッと部隊発動頼むね

 

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。